どうにかしてみましょ。

  • 2016/03/26(土) 19:43:00

IMG_2444 (1024x1024)
雪がだいぶ減ってきて、いろいろやる気が出てくるここ札幌。
車検と一緒に、動かなかったサンルーフの修理もご用命のPAネロ。
ってただ書いても「何それ?」率が高い系のH3年車。
ジェミニが街の遊撃手ならトルネード投法とでもいいましょうか。書いてて良くわかりませんが。
http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-220.html 二年ぶり。

スイッチ~モーターの系統は無事だと分かったので
屋根から可動部のフレームを降ろして観察。



IMG_2432 (1024x768)
レールの狭い溝をワイヤーが行ったり来たりして
ガラスのつくサッシを動かすようですがとても動くようには見えず。



IMG_2443 (1024x1024)
片方はモーターが外れたフリー状態でワイヤーを引っ張るとゴリゴリいいながらかろうじて可動。



IMG_2435 (768x1024)
もう一方はアウターチューブとの固着はないものの、フレーム内で愚図ってるもよう。



IMG_2433 (1024x768)
他のリンクの固着の可能性もあるにはあるけれどまずはワイヤーに油。
個人的にどんな浸透性潤滑剤より信頼しているエンジンオイルを。



IMG_2434 (1024x768)
直に給油出来ない部分がほとんどなので重力を頼って。



IMG_2447 (768x1024)

一晩と半日放置&リンクにショックでちょっと動いたので
少しづつストロークさせながら最終的にフルストロークでむき出しになったのを洗浄。



IMG_2427 (1024x768)
遺跡っぽくなくなったところで再度給油。
ここでもエンジンオイル。グリスは汚れを取り込むから。



IMG_2452 (1024x768)
モーターの力でも動くようになって一安心。

ちなみに原因が分かっても部品が要る場合はすでに買えません。
それでも調査を依頼されれば、調査分の見積もりを出しますが
原因が分かっても結果が出せないとなると心情としてはそりゃ
「点検料だけでも利益は出るからいいんだ。」とはならないし(もらいはしますよ)
自分が依頼者だったら次はないと思うので、
経験と想像力と情報と時間と重力といろいろ使ってしつこくあがいてます。

ガラスがアクリルに変わらなければいい仕事だったのに・・・










見てしまった以上は。

  • 2016/03/13(日) 09:42:45

IMG_2383 (768x1024)
車検直後の不具合連続で、気分を新たに初めて当店へお越しくださったエクストレイル。

ハブベアリングのゴーゴー音を確認して、日を改めて入庫の予定が
音はともかくあまりのガタのデカさに強制入院。
赤丸の「ナックル」という部分を車体から取り外してプレスにかけるわけですが
黄色い長いボルトが二本のアームのブッシュ部で固着して動かない。



IMG_2376 (768x1024)
幸い二本のアームは車体側取り付け部の固着は無かったので
ナックルについたまま降ろす。

しかしながらそのアーム二本がとっても邪魔。遺憾だ。



IMG_2377 (768x1024)
組む時も邪魔。



IMG_2378 (768x1024)
しつこいけどなにせ邪魔。




IMG_2379 (768x1024)
組んでる途中、ちゅーかバラすときから気になってしょうがないショックブーツ。

ベアリングそのものの見積もりだけで、アーム固着を見据えて8万だか9万と手厚く提示したという
車検やった工場、ふた月前じゃこれで通したと思われてもしょうがない。



IMG_2382 (768x1024)
左がそうなら右も見るのが自然だが同じような状態なのもまた自然だ。

それを指摘したところであっしの株が上がるわけじゃない、
むしろ姑息な印象を持たれかねないってこたあ分かっちゃいますがね。
こんなにセンスのない人がディーラーにだっているってのは
自分が偉くなった気がして気持ちいいじゃないですか。
ま、非常に非建設的な一時の快感ですが。



IMG_2384 (768x1024)
リヤ左右がそうならもう怖いもの見たさでフロントも見るってもうイッツノーマイビズネスではあるが。
見ないで出してもそれはそれで関係ないねっではあるが。

シャフトシールに噛み込んでるわけじゃないけれど
むりやり侵入されたバンプラバーが裂けちゃったのは見たことあるぜアミーゴ。
バンプラバーってのはバネが縮み切った、いわゆる底付き状態で
そのショックを吸収するいわば最後の砦なんで
基本、裂けてると車検じゃ怒られちゃうぜセニョリータ。



IMG_2385 (768x1024)
いやあー大漁大漁。

てなわけでお客さんには何も言わず「ブログ見てね」と返す。



IMG_2264 (768x1024)
違うクルマ。ステラだったかな。

車検で外したプラグとそのキャップがオイリーだったので洗浄が必要なわけですが
パーツクリーナー吹いて穴にたまったのをエアで飛ばす方法は
何回やりゃいいんだってこの道30年近く経ってうんざりだったので巻いた紙。



IMG_2265 (1024x768)
他の場所をいじりながら放置して数時間後。
穴ん中はまだなんか濡れてる。



IMG_2266 (1024x768)
紙を替えて翌朝。ここでついにパーツクリーナー投入で満足。


IMG_2259 (1024x768)
IMG_2258 (1024x768)
IMG_2262 (1024x768)
全体的には錆びてないほうだけどここだけ真っ赤なんで取れる錆は取って勝手に塗っとく。



IMG_2274 (1024x768)
これは初めてさわるRX-8。
ピストンってキャリパーの真ん中にあるわけじゃないんだ。
このあと普通のクルマで気にして見たらやっぱりオフセットしてた。
教師生活25年、こんなことも知らなかったとはオロロ~って感じだ。
おめ、教師じゃねーだろという若輩者は平面ガエルで検索。



IMG_2268 (768x1024)
クルマトイキル並の措置をしなくてもキレイなブレーキ。



IMG_2273 (1024x768)
移動時に「キィ~」だったのは言われなくとも対処したくなるってもんだ。



IMG_2267 (1024x768)
IMG_2277 (1024x768)

パッドグリスはパッドには塗らない。
振動を抑えるのが主目的だと思うから、
キャリパーのつめやピストンに接触してないとこにはみ出したのは
何ら仕事をせず無駄に汚れを回収するだけだから。



IMG_2281 (1024x768)
かといって全くはみださないのも「塗ってんのか?」という不安を煽るのでまあ一種の演出ですか。



と、ここまで見て下さったあなたに
*重要なお知らせです。
IMG_2370 (1024x768)

新琴似方面より天狗橋へ向かって進んで来ますと
あたかも当店へ呼び込むかのごとく親切なお兄さんやおじさんが左折を促してくれますが
それはあなたがケータイ操作やシートベルト非装着運転中だからです。
つまりはもっと手前に飛雄馬のお姉さんが潜んでいるわけですが。
ちなみに先週あたりは手前のアクティ付近に座っておられましたが
クルマ出し入れの際バックギヤの唸りを上げて接近したら危険を感じたのか邪魔になると察してくれたのか
移動してくれたようです。



IMG_2371 (1024x768)
とはいえ手続き場所は当店の真ん前なんで
万が一来られるはずのお客さんが誘導されちゃうと照れちゃいますんでお気を付けください。



IMG_2372.jpg

学生のときは何も感じませんでしたが、なんて素敵な句なのでしょう。
「朝顔につるべとられてもらい水」






























工場側だってエンジン不調も足回り異音も般若の面で。

  • 2015/11/15(日) 19:42:01

IMG_1996.jpg

さて、前回は依頼者の側の作法として、どうしても直したいときは般若の面で気合をアピール!の巻。
でしたね。みなさん上手に目え吊り上げられたでしょうか。
どうしても出来ない場合は、逆に満面の笑みで不気味な威圧感を演出もありですね。

今回は修理の受け手側も、実は般若の面で診断にあたっているという事例のご紹介です。
軽く15万キロを超えたWISHことウィッシュ。依然一発変換出来ません。なぜか写真も回転出来ません。
後方からのコトコト音との訴えですが、通常の路面の段差ではめったに出ない。
どうも片輪だけ段差を越えたときつまり、車体がひねられるとかロールしたときに出るもよう。
幸い、工場内でもある程度再現出来ました。



IMG_1994.jpg
左側になにか起きているようなのでドアを開けて開口部に立ち
体重をかけて揺するんですが何ら聞こえません。



IMG_1993.jpg
逆にルーフ部に上向きの力をかけて車体をゆっさゆっさするとその音は出ました。
金属同士だったり金属とプラスチックによる構成のスタビリンクにしてはソフトな音質。
祇園擬音マスターの私に言わせると
コトコトというよりはトコトコか。さらに字で書くと平仮名風。とことこ。うーんソフトだ。



IMG_1992.jpg
怪しいのはスタビライザー本体をボデーに留めてるゴムブッシュでしょう。
メンバーと呼ばれるごっつい塊とボデーに挟まれるようについてます。
いじってみたい部分はカメラも近づけない狭さ。



IMG_1991.jpg
ここが般若の面で考えるところ。
リンクを外してみたら変化がありそうな気がする。



IMG_1995.jpg
再現テストと同じ条件ではもう出なくなった♪けど当日返却のお約束。
このままご本人にも乗ってもらおう。

後日、工具がかかってるのかどうかも見えない状態でのブッシュ交換ののちには
無事、私もお客さんも恵比須顔でどんどはれ。

こういう見た目や触診でなんとも判断しがたい症状で、かつ危険度も低そうな場合
工場に敬遠されてしまうことがあります。
すったもんだして判った原因が¥500のゴムで工賃¥5000とかだと割に合わないから。
私に言わせれば、合うようにすればいいじゃん。
思い違いで無駄な作業をしないように目え吊り上げてあらゆる可能性を考えたうえで
やらなきゃ先へ進まなかった点検、検証に必要な時間分は交換作業とは別にいただくの。
そもそもそういう身の危険を感じるほどじゃない音や些細な不調でわざわざ来てくれる人。
それくらいの道理はわかってらっしゃるという前提で対応しなきゃ逆に失礼。
でもさすがに結果が出せないのに点検料だけいただきますってほど名は通ってない。
だったら手出さないほうが安全じゃない。てのが一般的には並。
だけどほんとはオーダーに応えられてこそ並。
並の上ってのは言われたことをやるなんてもんじゃない。
例えば電話で原因がわかっちゃうくらいじゃなきゃ。
ここ数年で、そういうレベルの人を知っちゃったから。
早く並の整備士になりたいもんです。



IMG_2006.jpg
クルマ変わって、MRワゴン、エンストして走れない。
診断機によれば故障コードの記憶は一切なし。

でもむしろ診断にはここらへんのデータがものを言うの。
目標とする回転数に対して実際のそれがえらく低いんでこれじゃエンストしちゃうべ!?
てことで回転を上げるために必要な空気を送るためのISCって装置にコンピューターがムチを打ち
見たことない91.4%なんて開度を要求してるの。

ちなみに実際なん%開いてるかってのを見るセンサーの類はついてないから分からないの。
だから自動車の修理は現物を取り外したりして調査するの。
これが高級車だったり、飛行機とかならセンサーだらけなのでいちいち現物調査しなくていいの。



IMG_2009.jpg
そのままエンジンをかけといてあったまってくると、冷却水温度を見てるコンピューターは
徐々に同装置の開度を絞っていくんだけどー。
今度は逆に目標回転より実際の回転が高いの。
もうその装置、ISCバルブの信頼性はまるでないってことなのね。

とはいえ部品はパッキン類入れて約3万とちょい高価。
ヘタレなんで前の記事の廃エンジンに残ってる当該バルブで2日も検証。
オーナーがそれでいいってんでその中古でGO。
またしても部品はタダであげるけど点検料はもらうしすぐこわれても勘弁ね。



IMG_1975.jpg
おっと、そこまでだぜ。






















エンジン不調も異音修理も般若の面で。

  • 2015/11/08(日) 18:52:05

IMG_1918 (1024x768)
車検のスイフト。
走行中の「何とも表現しがたい異音」も出来ればどうにかしたいという控えめな依頼あり。
プロ並みの洞察力のオーナーは
「速度40~50キロでゆるい加速中に必ず出る」と、ありがたい情報をくださいました。

ひとまず忘れて検査持ち込みの行き帰り、確かに「表現しがたい」音が。
強いていえば「モワーーーン」か。ビビッてる系かと思われ。
戻ってリフトでビビりそうな排気系をチョップ診したら似てなくもないような音。



IMG_1917 (768x1024)
拡大。切れてんの。車検も合格したことだし罪は軽いだろう。まだ納めてないし。



IMG_1921 (768x1024)
買っても高くない部品ですが入荷は翌々日てことだし
これが音の原因かどうしてもすぐ知りたいんでくっつけ。
サンダーせずに済んだのはたまたまですが幸運は続く。
「モワーーーン」は止まっちゃった♪

異音・振動・異臭といった、五感をくすぐるけど危険はなさそうな症状って
修理屋が嫌がる事例上位に入ってます。
結果が出せなければまともに料金を請求出来ない気がするから。
最後の砦みたいな印象のディーラーだって実は生業は販売なんで
人間が出来てればオーナーの思い入れや諸事情をそれとなく探るもんですが
いろんな思い出がつまってたり戦友のように思ってたりなのに
「この際次のクルマいきませんか~♪」的ビーム発射だと撤収せざるを得ませんね。

結果を得たければ、般若の面のごとく意志の固さをアピールするのが必要。
当店のような普通の工場に当たらなかった場合はね。



IMG_1965 (768x1024)
アイドリングが2000rpmと高すぎるワゴンR。

どうもここらへんでシューシュー聞こえる。



IMG_1966 (1024x768)
チャコールキャニスターって、燃料タンクから蒸発したガソリンを溜めとくタンク、
それをエンジンに導入するホースをつまんで塞ぐと回転が下がる。



IMG_1972 (1024x768)
アイドリングのときは開かないはずの電磁バルブが開きっぱなしの可能性大。
コンピューターが出す指示である電気信号の配線を抜いても変化ないから。


IMG_1967 (1024x768)
たいした値段はしなさそうだけど、焼き付いても捨ててないエンジンに付いてますね。
まさにこういうときのために捨ててないの。
(焼き付いた本体は捨てればいいのにね)



IMG_1968 (768x1024)
交換後は良好。
何度も来てくれてるしカノジョはカワイイし部品は中古だしタダであげます。
交換の工賃もタダでもいいくらいカンタンですが
でも点検に要した時間やらそこを疑うきっかけとなった経験に基づく聴診センスやらを料金に反映してます。
容易に入手した情報をもとに安易にアイドル不調=ISCVなんて突進すると
直らないばかりか高い部品を無駄に奢ってしまう不幸を招きますから工場に出しましょう。



IMG_1928 (768x1024)
羊の皮を被った狼っていうんですか。
ランエボと同じようなエンジンのエアトレック。
普通に故障コードありのエアフローセンサー不良による加速時息つき+エンスト。
ちょっと面倒な位置にあり。



IMG_1924 (1024x768)
なのでそれが付くエアクリーナーケース底のゴムをむりくり変形させてつけちゃった人の気持ちもわからんでもない。




IMG_1926 (1024x768)
かといって次は私の仕業だと思われちゃうのはいやなので



IMG_1927 (1024x768)
裏表同じ形なのを再利用でハッピーですね。



IMG_1902.jpg
スピードメーターのケーブルが切れちゃった昭和車。
遠い昔、マフラー替えて無理に鋭角な取り回しでつけたのが原因と思われますが
万事休す。部品は生産中止。



IMG_1900.jpg
他車のを流用しようにもメーター側がこんな複雑なかたち。
ねじやロックの類はなくて、ダッシュにメーターを納めればワイヤーもパイルダ―オン式。
ラジオのカプラーもそれ式のがありますね。
組立効率的にはいいんでしょうが修理屋的には困ったもんです。



IMG_1896.jpg
アクセルとかクラッチとかの操作系とちがって、引っ張り方向には何ら強度がいらないので
取り回しに無理のある長さをちょっと余裕ある全く別もののワイヤーを調達。
ミッション側は同じ日産の近い年代、そのまま採用。
メーター側は引っこ抜いて再使用ってー寸法だ。



IMG_1895.jpg
当然、せっかくの新品も片方は引っこ抜く。



IMG_1898.jpg
さすがに手締めじゃあれなんでプレスで。
中身がきつくなっちゃいけないので欽ちゃんのどこまでやるの。
勿論、中身のワイヤーの出具合も重要だ。動いた♪



IMG_1974.jpg
一見こんなふうに見えた修理が



IMG_1983.jpg
こんなだったりすることはよくある。





















































その修理その後。

  • 2015/06/07(日) 09:28:18

IMG_0220.jpg
ちょうど1年前に初来店いただいたオデッセイはこんな風なマフラー修理で
渾身の作業を得意満面に紹介したわけですが→http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

普通に交換しちゃうと軽く10万超えなので3万くらいもらってやったわけ。
つまりやむにやまれずという事情のもと。
この際なので言いますが
テールパイプの向きを変えたいとかワンオフ製作とかなると
材料も設備も興味もないので勘弁してください。



IMG_1502 (768x1024)
車検でまた来てくれた今回がこれ。
クルマにとって1年て長いですね。

電子機器やら高精度のベアリングやらエンジンミッションやらの集合体で
これほど過酷な条件で使われる機械が他にあるでしょうか。
炎天下にさらされ氷点下に凍え
時には舌を噛みそうな悪路の振動、時には飛行機に次ぐ速度での移動
車外はもちろん車内からも受ける湿気による影響
そもそもとても燃えやすいものと燃えちゃいけないものとが共存するという
なんと危うい奇跡的な存在。

車検の有効期間である「二年間」
「無事何事もなく乗れるように」ってのがいかに無茶な話であるか。
自分よりはるかにやわらかいものばかり切ってる包丁が
研がなきゃ切れなくなることを引き合いに出すのは整備士的にはそれほどお門違いじゃないかと。



IMG_1509 (1024x768)
幸い錆びてるだけで補修の必要はないので耐熱塗料でお化粧直し。
いい買い物しましたね奥さん。



IMG_1505 (1024x768)
時と場合によってなんか唸りを上げてるエンジン音の原因は
このベルトのテンショナー(のベアリング)と思われ。

ホンダってのはたまにこういう細かい部品設定があるので好印象。
でも道庁所在地サッポロ市内にパーツセンターがないってブーブー。



IMG_1506 (768x1024)
ロックされず常に適正な張りを保つオートテンショナー。
ベルト交換は楽ですがプーリーを替えるとなると位置が定まらなくて難儀するんで



IMG_1508 (1024x768)
そこらへんに控えてる助手におさえてもらいました。
頼れるやつらだぜ。

ベルトは替えるわけじゃないのでクランクプーリーなどから外れないよう
別な助手が微妙にテンションをかけて持ってくれてもおります。



IMG_1500 (1024x768)
スバルのタイミングベルト交換で初っ端からつまづいたクランクプーリーの固ーいボルト回しには
そこらへんのなんかのアレで助手を生み出して事なきを得ました。



IMG_1497 (1024x768)
ある日のしてやったり。

ハコスカのタコメーター、限りなく自然に社外品を収めたのはいいが
純正のパネルについてるパーキングのインジケーターがなくなっちゃったから
近くにあった穴にトヨタのメーターパネルから切り出したインジケーターをインストール。

これも元のが動かないんでやむにやまれず。
基本、ドレスアップ的仕事には全く興味がありませんので
どうしてもってひとはやむにやまれず的事情をねつ造してご準備ください。