どうお思いかわかりませんが。

  • 2017/06/04(日) 19:41:01

実は少なくないことですが
依頼されたのとはまるで関係ない部位にとんでもない異常を発見してしまうことがあります。
報告して「いやね、実は気になってたのよー」ということもあれば
「別に気にしてないからいいっ!」ということもあるわけですが
同じクルマで毎度後者のほうだと言うまでもなく棚上げ事案が増えていき
しまいにゃぶっちゃけ「痛い目見るまで乗れや」なんて気持ちにもなるってもんで。
逆に割といつも前者の人のクルマだと
内容によってはもう報告すらせず強制執行することもあります。
そういう人はすでに何度も来てくれてるお得意さんですんで
強制執行部分については難易度や所要時間に関わらずタダ同然で。

以下、タダ同然にもほどがあるだろうというレアな事例。
IMG_3822 (1024x768)
煙を吐く原因のピストン/ヘッド廻りをひと月もかけて対処したミラ。
ルンルンで試走したら発車5秒後に後方から「ガチャガチャガッキンガッキン・・・」
ちょっと違う気もするがリヤショックのブッシュがカパカパなんで外そうとするも
ボルトとブッシュ内部のカラーが固着ってて破壊することに。



IMG_3819 (1024x768)
運悪くそれはボデーがすぐそばの上側だったもんで
大事を取ってわざわざ内貼り剥いで濡れ雑巾で養生しました。



IMG_3823 (768x1024)
タイヤハウスの上方、ブラケットには当然その固着カラーが残る。
この時点ではまだ、この年で未知の領域に踏み込むとはまるで気付いてない。



IMG_3824 (768x1024)
カラーってのは言わばぶ厚い鉄パイプの短いやつで
火であぶればボルトとの固着は解けるのはわかってるのさ。
でも残ったブッシュ(ゴム)は燃えて煙くなるから出来るだけこそぎとるぜ。



IMG_3826 (768x1024)
あとは炙って熱いうちに押さえてボルトをゆすれば一丁あがりってな♪

キコキコキコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか変。
固着は解けて回ってるのにボルトが抜けてこない。
ここでかつて経験のない非常事態に気付く。
フレームの密室内でナットの溶接が取れてるっぽい



IMG_3828 (1024x768)
窮地に立つと人間すごい速度でいろいろ考える。
ま、どう考えても切り裂くしかないのね。
オッス!おらフレーム!



IMG_3829 (768x1024)
見えましたダメナット。



IMG_3830 (1024x768)
せめてもの救いは17のスパナが普通にかかったこと。



IMG_3832 (1024x768)
てこづらせやがってーんだらー



IMG_3833 (1024x768)
しかしあとは準備してあったショックをつけるだけ♪とはいかなかった・・・
ちゃんと締められなかったであろう期間がどれだけ長かったのか
ボルト穴が叩かれてでっかくなっちゃった♪orz・・・



IMG_3834 (1024x768)
ま、最初の衝撃に比べたらたいしたこたねーさな。
あの異常な音の原因も解明出来たことだし。


IMG_3836 (1024x768)
もう省略したいが気を取り直して面取りして



IMG_3837 (1024x768)
防錆はベアリンググリスでいいだろう。



IMG_3838 (1024x768)
さすがにこのスペースでのナット溶接は無理なんでこれで。



IMG_3839 (1024x768)
秘密の扉は閉めるが



IMG_3840 (768x1024)
次があるかもしれないのでコーキングだけにしとく。
ここを溶接しちゃうと次の人に恨まれる。たぶんオレだけど

以上、タダ同然の¥2400-(エンジンの費用がデカいんで)
誰にでもこんなことしないんだからねっ!



IMG_3816 (768x1024)
つくづくおめーはいいよな。


IMG_3817 (768x1024)
ま、暇なのもゆるくないけどな。


















デジタルゥはカッシオ♪

  • 2017/05/14(日) 16:55:07

別にそういう内容の話じゃないんですが
トランジスターの勉強してたら、トランジスターとレジスターとダイオードとコンデンサーだけの回路だとそっち業界ではアナログ回路ってことになるらしく
多少頑張っても所詮おりゃアナログ世代さってちょっとがっかりしてたらなんか百恵ちゃんの歌が浮かんだんで。
山口百恵さんと書くことに違和感を感じる時点で少なくともデジタルじゃねーな。



IMG_3756 (1024x768)
レガシー。正しくはレガシィ。そういうとこがイラッとくるスバル。
ブレーキングでハンドルに振動がくるってことで試運転したら
ハンドルというよりは車体全体って感じでした。
ロアアームのゴムが見た目で怪しいし前回の車検の記録簿にすでに私が「ヒビあり」とか書いてました。
 
↑これは終わったほうね。



IMG_3757 (1024x768)
こっちはやる前ね。
ここがあんまり動いちゃうとタイヤの向きがハンドルとは無関係に定まらないから
ハンドルや車体(具体的には背中やおしり)に振動が出るんだと思う。
ちなみに正確にはロアアームとは呼ばないらしい。トランスバースリンク。そういうとこがイラッとくるスバル。
でも乗ってる人のせいじゃないのでちゃんとやってますよ。



IMG_3758 (768x1024)
クルマに付くとひねられてるので極端に再現するとこう。
ヒビもだけどあらかた剥がれかけてるのか裂けてるのか。



IMG_3763 (1024x768)
なまくらプレスのシリンダーがなんか垂直じゃないとおもったら
油圧パワーでフレームがつぶれてたので作業中に補強するという手痛いトラブル。



IMG_3762 (768x1024)
もう一個のちっちゃいほうのブッシュがやりづらい。
目がテンのキレイなおねえさんに押さえてほしい。
この手の仕事はなんだかスバルばっかだな。
キャナガワのBボーイに教わった治具でストレスフリーだが。

ついでにブレーキディスクも研磨したんで全く振動はなくなりました。
同時にやったんでどっちが原因だったかなんて知りません。
ウソ。ブレーキが蓄音機の針で、ブッシュがラッパだったということでしょう。
つまり音源とアンプ。異音も振動もほぼそういうシステムで人が感じるそうです。
私としては振動より気になったスタビのガツガツ音も直してもうスバルじゃないみたい新車みたい。



IMG_3765 (1024x768)
最近執拗にブロックしてるせいか殺到しなくなったマフラー修理。
この程度の対処は出来ますんでどうぞ。



IMG_3766 (768x1024)
まともにやろうとするとマフラーとその前のパイプの接続金具が双方ダメだから
20年落ちの中古車くらい買えちゃいますんで金具は廃止しちゃいました。
二つの部品をくっつけちゃうんで、のちにマフラーだけ交換したくても出来ません。普通には。
まあ今回と同じやり方で同じ技能を持つ工場でなら出来るし許可はもらったんで。



IMG_3764 (768x1024)
前にも出たけどメーカーとしてはわざわざ電気溶接用を想定したアースポイントも用意してくれてるわけだし。



IMG_3767 (1024x768)
ちゃんと塗装もします。



IMG_3771 (1024x768)
左右出しだからバンパーとの関係も気を遣って合わせます。
ちなみにただなんとなくくっつけると100%あっちゃ向きます。
でも普通こんなローアングルから見ることはないから



IMG_3772 (1024x768)
普通に立って見たときの見た目のほうが実は重要。
先輩が言ってました。寸法が正確に合ってるとかより結局は見た目が大事だ。

ただしワンオフとか向きがどうたらとかめんどくさいのはやりませんのでくれぐれも電話しないように。



IMG_3745 (1024x768)
いちどこうなったら自分から降りることはないので専用の場所に寝かせるんですが



IMG_3759 (1024x768)
しばらくして見るとほぼ100%オレの椅子に戻っとる・・・
生死レベルでは人間よりよっぽど寒さに強いはずだが
最近ぶりかえした低温下ではおふとんもまんざらじゃないようだ。









選択肢

  • 2017/04/16(日) 15:22:04

別に誰にも言ってませんがとりあえず日曜日更新を続けてみようと思お最近。
かつてのZのCMで「スポーツカーに乗ろうと思お。」って聞こえて気持ち悪かったのはボクだけじゃないはずだ。



IMG_3647 (1024x768)
前回のと同じランクル。Fデフとフレームをつなぐアームの後部。
ゴムのブッシュが長年の横Gにやられて変形しちゃった図。



IMG_3643 (1024x768)
フレーム側ブラケットにアーム本体が当たっちゃってたのは明白。
タイヤが上下する=デフも一緒に上下するから
走行中ほぼ常にギコギコしてたんでしょうな。ライクァ拷問。何も訊いてないからちょっと違うか。



IMG_3644 (1024x768)
選択肢はまあ多いこと4つ。
①ブッシュのみ買って打ち替える
②新品ブッシュのついたアームASSY採用
③ガタはないのでこのまま車検に突撃



IMG_3642 (1024x768)
ブッシュはバックオーダーで待ち時間長すぎ
ASSYは約¥20000-と左右でX2はちょっとちょっと。
繁忙期に突撃はしたくない(というか工場の姿勢を疑われる)。

なのでもうひとつの選択肢、中古を採用。
ほぼ獲りつくされて数がなく、程度極上のがはるばる九州から来たぜイエイ。



IMG_3646 (1024x768)
両端から指で入るただのブッシュと違って金属枠に接着されたのを圧入する式だから
アーム本体は完全フローティングが本来あるべき姿。
フレーム側は塗装したところでいずれハゲるに違いないからグリスでコーティングしてます。
昔、板金も塗装もやる職人に「錆止めって何がいいんですかね」って訊いたら
「長く効くのはグリスだな。」って即答だったのを信じてます。



IMG_3651 (1024x768)
変わって、古いハイエースのクーラント漏れ。
写真は漏れの原因とは関係ないかつて替えたラジエーターキャップの解剖図。



IMG_3652 (1024x768)
若干むりくりだけど開いてた穴にタイヤのバルブをはめてみます。
トラックベースのキャンピングカー、しかもターボ付きで目視での点検は困難。
手でシュコシュコして加圧テストする道具を買う気だったけど高かったんで。





IMG_3654 (1024x768)
本来1kg/cm2程度しか上がらない回路だから
エアチャックでちょっとシュッてやるくらいでいいべとおもったら
シ!くらいで後席用ヒーターホースがジュビジュバ~って。
上にかぶさってるノーマルじゃないエアダクトが接触しててやられたもよう。



IMG_3653 (1024x768)
ノーマルエアダクトはすでに生産中止なので
二度と他に触らないように金具を一本増設して、若干心配な新品アッパーホースにも救命胴衣着用で万全。
助手席のフードはボルト留めだから組んだらもう見えないというトヨタらしからぬスタイル。




IMG_3583 (1024x768)
もうこんな落ちてる姿は見られない時期になりました。
ちゅーか営業中の半分は外回り。


ビデオはどうでもいいが松たかこさんのボーカルは素敵ですね。





















そうよわたし気付いてしまった

  • 2017/04/09(日) 20:25:14


ピンときた人はじゅんこちゃん派かあるいは
ボクのように悲しすぎる詞が子供心に刷り込まれてしまった人ですね。
いずれにしてもいい歳だ。

いやね、何がって、更新がさっぱりなのはしつこすぎる内容と語りのせいだと。
だから題材を一個に絞ってやってみようと。



IMG_3604 (1024x768)
ランクル80のクラッチマスターシリンダー。のリザーブタンク。
外観がこうだと大体中身も・・・



IMG_3593 (1024x768)

いいお色。



IMG_3595 (1024x768)
 
なんでブレーキのそれにはない碁石が浮いてるんでしょうね。



IMG_3594 (1024x768)
碁石をよけてもおどろおどろしい。



IMG_3602 (768x1024)
こちら、交換後。ではまた。
そういう感じなら毎日いけるかもしれないな。




IMG_3596 (1024x768)
抜いても汚いのは汚い。




IMG_3597 (1024x768)
底には濃厚なのがたまってるから拭き取らないとすぐまた「ちゃんと替えたー?」みたいな色になっちゃいます。



IMG_3599 (1024x768)
獲ったど。



IMG_3576 (768x1024)
参考までにこちら、猟師さんに獲られて棒につるされて帰る獲物ポーズ。



IMG_3601 (768x1024)
単純な筒形状じゃないから変な指づかいで疲れました。



IMG_3605 (1024x768)
でも外がこれじゃあなんもしてないと思われちゃいます。



IMG_3606 (1024x768)
水溶性のブレーキ液にほこりがくっついてるだろうから
パーツクリーナーよりママレモン(ってあるんだべか?)のほうが。



IMG_3607 (1024x768)
ま、こんなとこだ。
なんも入ってないように見えるけど入ってます。
よくあるブレーキ液のような黄色っぽい色がついてないのが好きなんで。



IMG_3608 (1024x768)
給油をご所望のレリーズシリンダーとフォークは一旦浮かせて




IMG_3609 (1024x768)
スプレーじゃないグリスをべっとり。
オペレーターはボクの指じゃなく筆です。

以上、たまに記事用にいつもより頑張ってます。



IMG_3584 (1024x768)
クラウン、マークXなんかのV型エンジンのFパイプ修理。
軽度の場合はこんなふうに上から材料かぶせてくっつけますが
こんなどこでもできそうなやっつけで4~5万です。
重度のは似たパイプ見繕ってすげかえたこともありますが7~8万です。
ただし新品材料は在庫してないのでいい塩梅の中古パイプがないと出来ません。
しかも、写真にはない遮熱板ってカバーがかぶってるので
正確な値段は始めて見ないとわかりません。
よく問い合わせがあって実際やるのはその1/5くらいなので
数千円とかを見込んでるなら聞かないほうがいいでしょう。
そもそも、自分には買えないたいして興味ない車種だから積極的にやりたくもないんで。
そんな半端もんなんで一からの製作なんてお話にならないんで悪しからず。
 


IMG_3621 (1024x768)
猫に見えるが本当は
おヒマ星から来たおヒマ星人かもしれない。
慣れる=からまれると知った最近。



























理想の自分

  • 2017/01/23(月) 16:40:50

他人のカッコよくない場面が気になることが多くなってきたのは自分の歳のせいなんでしょうか。
服装や髪型、ましてや乗ってる車の話なんかではなく、行動というか立ち振る舞いのことです。

まず車で家を出ますわね。信号待ち、赤なのにちょこちょこ前に進むのってカッコ悪くね?無意味じゃね?
遥かかなたの右折待ち車を気にして左車線にぶっこむのもなんかな。
いい年こいたら入れてもらってチョリーッスくらいはしとかないと。

工場着いたら約束のお客さん。事務所でお待ちくださいってご案内。
クルマ入れようとしたらロックしてたり開いててもキーなかったり。
また工場奥の事務所に戻ってキー持ってます?って無駄じゃね?
こちとらガテン系にゃ勢いつーもんがあるんじゃね?
ダンスタッラヴィンギューってもんじゃね?

IMG_3409 (1024x768)
これはそーじゃない人のレガシー。のスタビライザーブッシュ。
来られたきっかけは小刻みな段差での「カタカタカタッ・・・」と短く鳴る不快音。
えらく穴の大きさが違っちゃって見えますがオンマイリフトだとガタまでは感じません。
スタビライザーが少しブッシュの中で動いてるかなーってレベルです。



IMG_3410 (1024x768)
そもそもの形状が変更されたのか。
水分を少しでも侵入しづらくと、リップ形状が追加されたのかも。
それを知っててこれを交換しましょうと言ったわけじゃなく
症状と再現の条件からいっていちばん怪しいから。
都合のいいことに、部品は何百円で工賃も数千円だし。
事前に見せたディーラーではこれを含め他のアームやリンクともろもろでエライ金額だそうで。
プロとしての判断力も発揮せず保身に走るのはカッコ悪いという意識がないからそうなる。
こうありたいとかこうはなりたくないという理想はある程度隠し持ってないと
いきあたりばったりな、志のなさが立ち振る舞いに出てしまうんじゃないかと思う。

ちなみに先日領収証に貼る収入印紙¥1000分をコンビニで買ったら何百円以上はくじを引けと。
タダではないんだろうけど納税がらみなので違うんじゃないかと思いましたが
流れを止めるという野暮はせずきっちり景品ももらったボクは内心イケてるぜと。
具体例にするとえらく小せえなオイ


005.jpg
別なクルマ。エクストレイル。ここで目からうろこマイセルフ。
ほぼ100%、普通には緩まないスタビリンクのナット。
最初っから緩まないんじゃなくて途中で固くなることが多いってことは
出っぱってるねじに事前にダイスをかけといたらどうよ。
気持ち悪いくらいドライブスムース。
千葉の大御所の「セルフロックナットにタップ」という伝説にヒントを得ました。
スペシャルサンクスフォージングウジサン。



006.jpg
近年の日産は国産車に使わないサイズの工具を必要とする。
ただ、ここに関してのみいえば裏っかわにもレンチをかけられるつくりでラブリー。




rink1.jpg
せっかくこんなキャップがついてたので



rink2.jpg
グリスをすり切りでおごってあげました。



6032.jpg
エスティマエミーナのショック交換。
ベンツでもないのに車上でコンプレッサーって変な画ですが



6033.jpg
縮めないとどーにも突っ張って抜けてこないから。



6035.jpg
普通はそんなことないけれどこうだから。
ピストンなのか筒の上蓋なのかが破損してありえないとこまで出てきちゃったの。
危なすぎますぜ。



6036.jpg
それが左。右はお客さんが用意してくれたノーマル中古。
ちなみに流れ出た液体の成分は推定90%「水」でした。



004.jpg
その数か月後。今度は反対側に異変が。
下がついてたもので上がノーマル中古。
笑っちゃいけませんが今度は短くなっちゃってます。かじってロックして伸びなくなっちゃったもよう。
当然外すときは楽でした。苦あれば楽あり。



002.jpg
テレビ・雑誌や広告ではこういう黒目がまーるい猫をよく見ますがウチではまれです。



240.jpg
こういうの、意外と喜んでるようです(本当)。
あとでガブガブ噛んでくれます。


093 (480x854)
人を動けなくするのが好きです。
かつて気に入られてしまい帰れなくなった人もいますのでご注意を。