修理断念のタイミング

  • 2012/10/24(水) 21:38:58

車検のベンツS320
H12年のちょうど10万K超え
足回りになにかしらガタが出ていると思って診たほうがよさそうです。

おっ・・・タイヤを左右に振るとわずかに感じるぜ。
俺の手のガタ検出機能からは逃れられんぜ!

だが・・・わずかなんでよくわからん・・・
こういう場合人に振ってもらって、見て触ってというのがいいんだが
振る担当もいい塩梅にやってくれないとわかりづらいもので
例えばカアチャン!振ってくれ!と言ったって
「ヤダー、コクられてもいないのにィ~?」などとカマされるのが関の山
まあもっともかつてそんなラブリーなギャグを聞いた記憶もないが・・・

つまり自分で振って自分で見るのが理想的
だから無条件に信頼出来る部下を片腕とか右腕とか言うんだな。

結局こんなことに。

10245.jpg
本当は諭吉先生に貼り付いてもらって表情の変化を読み取るはずでしたが
はがすときに破れてしまっては失礼なのでやめました。
一応、タイヤを振ると身をよじるマスキングテープがガタを教えてくれました。


次はガーガーいっちゃってるラジエータファン。
モーターが音を出しているようです。
まともなルートではシュラウドごとで15万、よくわからないものはピンキリの恐い世界です。
分解してみました。
10244.jpg



10243.jpg
ブラシはまだイケソウです。


10242.jpg
ローターも特に不安なし。
おしりのベアリングは日本のメーカー。でもそっちは大丈夫そう。



10241.jpg
プーリー側のがイカレテルようですが
樹脂製のそれが抜けない。
わざわざ治具作ってプレスで押してみたけどそれ自体たわんでしまって割れちゃいそう。
もっと軸付近を保持すれば抜けるかもとは思いますが
これ以上やると工賃が怪しめの部品を買えちゃうくらいになっちゃうので中止。
替わりのプーリーとベアリングの入手が確実なら直るのになあ・・・残念。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する