荒っぽさと繊細さと

  • 2012/09/11(火) 18:05:33

以前お世話になった上司が言いました。
「自動車の整備屋ってのは荒っぽさと繊細さを兼ね備えてなきゃいかん」

突き出たスタッドボルトに囲まれたRシャフトのセンターめがけて大ハンマーを思いっきり振ったり
わずかな異音や振動・匂いに異変を感じ取ったり
ありきたりですが言ってみれば五感をフルに駆使する職業とでも言いますか。



考える整備士たるもの、液体パッキンで手や道具を汚すなどもってのほか
なおかつ取付け後を想像しながらいい塩梅に適量を使用
見えないオシャレにも気配りするっていうの?
09114.jpg



分解時は手も工具も汚れるのは避けられませんが
組み付け段階ではもう汚れないようボルトもキレイキレイにしてからね
09113.jpg



刃物の選択も仕上がりや時間短縮に大きくかかわります
王蟲の殻からナイフを作ったり研いだりする道具はどんなんでしょうか。
09112.jpg



チラ見せのはみ出し具合でまあ苦しゅうない。
09111.jpg
なんて女性的な繊細さも隠し持っていますが別におねえ系ではありません
しかし裏を返せばこの業種で私よりずっとデキル方々、いつなんどき・・・?

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する