FC2ブログ

ガスを使わないエアコン修理

  • 2018/07/09(月) 19:43:27

IMG_5036 (1024x768)
なんて書いて「お得じゃん!?」とか殺到されても困るんですが選択肢の問題です。

そもそも気になったのは始動直後から10分くらいの「ガー・・・・・」って異音。
工場移転時に活躍してもう潮時だべとかいってたのにまた車検とったウチのH8・HH4アクティ。
聴診で最もインパクトがあったのがエアコンのコンプレッサーって右端の丸いの。



IMG_5035 (1024x768)
マグネットクラッチという名の電磁石とベルトのかかるプーリーをよけてみたらアルミボディの本体に鉄さびがごっそり。
正確にはアルミ合金が腐食して白く粉吹いたとこに鉄製の相手のサビが色をつけたかあるいは
アルミ側は無事で鉄サビがこっち側にねっぱって残留したものか。
どっちなのかによって対処方法が変わってきます。



IMG_5044 (1024x768)
こいつらがよけた部品の面々ですが



IMG_5037 (1024x768)
音の感じはここの中心のベアリング。



IMG_5038 (1024x768)
ただ、あのサビの出所はコイツ。マグネットクラッチのコイル部。



IMG_5043 (1024x768)
コンプレッサーに面接触でスナップリングで固定されるのにとても面とは言えない状態。
盛り上がってたサビがコンプレッサー側に剥がれて残ったからこうなったのか
サビが成長する過程で過大なテンションがかかって変形したのか。
どっちにしてももう使いたくない。別にエアコンの冷えには何ら問題無かったけど。



IMG_5042 (1024x768)
なぜなら、そいつはこのお鍋構造のプーリーの中に納まっていて
僅か1mmかそこらのクリアランスしかない外側のお鍋はエアコンOFFでもグルグル回ってるから。
取付が斜めっちゃうと接触する可能性が高い、というかもうしてたのかもしれないから。

ちゅーことで現車の1/3の距離の中古コンプレッサーがあったので注文。
あのアルミ部の錆は刃物で気持ち良くキレイに取れたので中古からクラッチ部のみ外して対処。
ね。ガス要らないでしょ。ま、こういうふうに車上でクラッチ部のみとれるという好条件もあってですが。
異音は消えたけどエアコンはもともとバリ冷えだったから達成感薄いですが。

そんなふうにみなさんに貸してる代車も実は年に何度もこういった補修を施して維持してます。
せめてぶつけたりこすったりしないよう、しちゃったら教えてください。いいんですよーそんなのとは言いませんけどネ


IMG_5054 (1024x768)
夕べ夜遊びが過ぎて21:30まで待たされたので早めに戸締りしたらおかんむり。



IMG_5055 (1024x768)
うお!



IMG_5059 (1024x768)
ん~?



IMG_5057 (1024x768)
ウワアー!!!


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する