FC2ブログ

いまどきのノッキング事情

  • 2017/11/13(月) 19:38:43

気がついたら二週間も空けてしまいました。すみません。
そう多くない「玄人さん」に難解な診断を投げかけられ夢にまで出て来て泣きそうでした。

IMG_4301 (1024x768)
H11のカルディナ。お題は加速中のノッキングらしき異音。
付き合いの長いディーラーでは何度か対処して都度良くなってはいたものの再発し
最近エンジン本体に問題ありとオーバーホールの必要性を説かれたそうで。
まあ業界的には「いい加減買い換えろ」とか「こんな古いの診きれない」という体のいい断り口上ですが。

ノッキングってな大体加速中に起きるもんだべや。てことですが試走してみると。
ほぼアクセル一定の、「加速っちゃあ加速だけどよ・・・」というレベルで最もひどい。
急加速中じゃないから、ずーっと音を出し続けることすら可能。
最初に診たプラグは「すす」が皆無。強いて言えば焼けすぎか。
でもそこからそれ以上の糸口は見つからずついでに診た圧縮もまるで正常。



IMG_4296 (1024x768)
タイベルのシールが妙に焼けてるのも気になりますが
すぐそばの配線の被膜がパリパリなのに気付く。



IMG_4297 (1024x768)
ちょっとさわったら表のまとめ被膜だけじゃなく、複数本入ってる線のそれぞれの被膜も崩壊してると判明。



IMG_4298 (1024x768)
まあでもノッキング(?)以外に不調はないし、たいしたデバイスじゃないべと思ったら
まさかのクランクセンサーの線じゃないですか。
すぐ近くのカプラーはロックのツメを押したらあろうことか本体が崩壊したんで
直付けしようと剥いた中身もすでに腐食中。



IMG_4299 (1024x768)
腐食したとこは半田が付きませんので紙やすりで処置。
これ以上遠くで剥くと狭くて繋げられそうにないから。



IMG_4300 (768x1024)
ホントはこの他にシールド線というノイズ侵入をバリヤする一本があるんだけど
これで症状が一変するかもという期待があってひとまず割愛。カッツ・アイ。解る奴だけ解ればいい。
ひとまずって割にコルゲートしてるけど。

ここからが長旅の始まりだった。
配線修理後>変化無し。
当時の純正機に近いデンソー製ツールでのデータ観測で目立った異常なし。
強いて言えば水温が常時90℃~高いときは100℃で気持ち悪いので
電動ファンリレー直結で回しっぱなし>出づらくはなるけど劇的じゃない。
VVTのアクティブテスト>実測値は見れないけどMAXでエンストするという確認方法はクリア。
エアフロの信号に可変抵抗(ナガツマシーン)で偽情報>変化無し。
同じくスロットルセンサーにも。>変化無し。
ここらへんでカム・クランクセンサーやVVTコントローラー本体に疑いが向くんだけど
センサーは他の不調がないから波形なんか見てもなーと、後回しに。

なんかこう書いちゃうと順調に次から次へと進んでるかのようですが
現実にはVVT制御の勉強に時間を費やしたり偽信号接続の配線を加工したり
次の一手が尽きて頭を抱えたりグレたり最悪解らなかったときの言い訳を練ったりいろいろです。




IMG_4305 (1024x768)
この時点でまる一日と半日経過。試走と調べものの比率のほうが高いと思う。
ノッキングじゃなくてVVTの異音なんじゃないかと妄想にハマり始める。
じゃあそれを動かすための油圧切り替えのバルブのカプラー抜いちゃえ。
>全く出なくなる。
なんでそういう10秒で出来ることを最後に回すかなーってのは非当事者ならではの気の抜けた意見だ。
でも実は勤め人時代、後からふらっと来た同僚や先輩の無責任な一言が的を得てたりってのはあった。
 
なんか繋いじゃってる電球は、ここ抜くとコンピューターにばれちゃってチェックランプが点灯し
緊急措置プログラムを発動されちゃうと本来の制御下での厳密な検証が出来ないから。
いわゆる「切れてないっすよ!」的ダミー負荷。「キレテナーイ!」とも言うな。解る奴だけ解ればいい。



IMG_4303 (1024x768)

IMG_4304 (1024x768)
そんなことは全く狙ってなかったんですが驚くことに
エンジン回転が変化すると電球の明るさが変化する=電気的な制御は行われている。という簡易的な判断も出来ました。

ちなみに依頼者はあくまで「玄人」だから
長年の付き合いのディーラーにそのまま現車を投入、
私の点検結果を参考資料として提出し車検時期でもあったんであわせて作業依頼。
私はもちろん、「〇〇交換が必要」なんてとこまでは断定してないけど
なんでも二個のスピードセンサー交換、私のなんちゃってな配線は本修理で結果が出たとか。
あれもこれもじゃなく最も時間的・部品代的に負担の少ないところから攻めたのは定石だけど流石だし
あっさり関係を断ち切らない依頼者の器量、そしてディーラーとの良好な関係が伺えるいい結果。
これか。WIN・WIN。

あくまで点検、検証結果を提示しただけで結果まで行かずズルいとも言えますが。
ま、こんなこともやってるってことですわ。



IMG_4329 (1024x768)
フィギュアスケートをやってるテレビの前ではポーズを決めます(ウソ。いつも。)



IMG_4327 (1024x768)
家だとほとんど襲われないのはなぜなんでしょうか。















関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

それについてはカッツ・アイ!すね
それはそうとお疲れ様です

  • 投稿者: ナガツマン
  • 2017/11/14(火) 21:29:44
  • [編集]

Re: タイトルなし

> それについてはカッツ・アイ!すね
> それはそうとお疲れ様です
そんなの見てるヒマなさそうなあなたが送ってくれたナガツマシーン
あれがなかったらもっと手間取ってましたわー

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2017/11/15(水) 10:31:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する