FC2ブログ

追い込み

  • 2017/08/28(月) 19:25:20

IMG_4083 (1024x768)
出来た。
まる二か月、別に毎日さわってるわけじゃないけれど
こういう極上昭和車は預かってるだけで神経をつかうもんなんです。
他のお客さん5人にひとりの割合で思い出話やら生い立ち説明に花が咲くしい~



IMG_4081 (1024x768)
一個は曲がって他も怪しい排気バルブは全部交換、
吸気バルブも当たりを加工屋さんでキメてもらったヘッドを載せたら



IMG_4082 (1024x768)
それはそれは面倒なシム式すき間調整工程が待ってます。
簡単な足し算引き算で必要な厚さのシムを指定してオーダーするだけではありますが
昔なぜか足し引きを逆にしちゃって三日無駄にしたトラウマがあって何度も確認。
亀有エンジンワークスさんはそんなのも在庫持ってるステキな会社。



IMG_4086 (1024x768)
怪しい型紙風なものはなんか作成したわけじゃなく



IMG_4087 (1024x768)
目立つフタの塗装がはげてたのを塗った跡。



IMG_4085 (1024x768)
あとはもうインジェクションだから調整もなんもなく終了。とはいかないもんで。
黄色いのはいじりたくなる気もわかるけど赤いのはあんましな。
ときどき「バボッ・・・バボッ・・・」とかいうアイドリングはその二つの兼ね合いをどうにかして
コンピューターにうまくまとめてもらいました。



IMG_4089 (1024x768)
仕上げはオーナーにゆだねる試走&インジェクターのクリーニング。
作業中は丸見えになっちゃいたけどブラッシングってわけにゃいかない繊細な電気装置だから
当店においてはもう診るとこないぜーってときにダメ元といいながら体感率の高いヤツ。



IMG_4091 (1024x768)
もう20年目前のヘタレ代車も発進のもさ~感がズバッ!に変わったぜ。あくまで発進時だけね。



IMG_4090 (1024x768)
同じ代車、排気ガスがオイルっぽい青白い煙まじりだったんで
1年半くらい左の汚れ落とし系で様子を見ましたがいまひとつで
一瞬バルブシール交換を覚悟しましたが
ふと先のインジェクタークリーナーと同じメーカーの漏れ止め系を採用。
バルブシールからのいわゆるオイル下がりってのはヘッドから燃焼室への「漏れ」
言ってみりゃ内出血だから効くかもしれないしやっぱ面倒なんで
とか言ってたらひと月・実走150km程度で止まりました。少なくとも見た目には。
あとはどんだけ持続するのかですがしょせんそれが効いた相手はゴムだし
修理屋という商売的にはあがったりけしからん商品なんで多分売りません。



IMG_4076 (1024x1024)
やっぱり自撮り機能は必要だった。



IMG_4075 (960x960)
ん~



IMG_4072 (1024x768)
オレの付き人。とか思ってんだべな。






関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2017/08/30(水) 17:21:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する