自動車整備はピンチと解決の繰り返し。

  • 2017/05/29(月) 10:55:44

自動車整備じゃなくてもそうですが。
もっといえば人生全般においてそうですが。
ただ、歳を重ねるにつれ確実に、かつてピンチと感じたような不都合をそれほどヤバく感じなくなる。
子供のころなんかと比べるとその差は笑っちゃうほどだ。

どうにかして、そんなふうに人は自然にバージョンアップしてくもんだと伝えられないかねとニュースを見るたび思うんだけど
思い起こせば子供のころは、大人が昔は子供だったなんてウソとまでは思わないにしても
ほぼ江戸時代とかの史実みたいにまるで身近じゃない話だし一日という時間も長かった。
かわいい事件が自分を世界で一番不幸だと勘違いさせたし
逆に誰かが渦中の人になるとそれが自分じゃないということがなんかうれしかった。
正に、人の不幸は蜜の味。

子供社会で起こる信じがたい集団行動は結局それが根底にあると思うし
「寄らば大樹の陰」というのも加わってたちが悪くなる。
前のほうは正直今も自分にあるけど後のは意識としては昔から嫌い。
国の行く末を議論する場においても大人が似たようなことをやってるのをみると
どうしても人間の思考から外しようのない性なんだろうな。

だいぶ前のドラマで草彅くん扮する先生が「孤独になる勇気を」って。
全部観てないけど、正しいことを言って集団の中で孤立するのを恐れるな、自分を殺して飲み込まれるなというような意味で
モンスターペアレントという言葉が出るか出ないかの時代背景もあって
すでにいい大人だった自分はドラマそのものよりも企画してGOサインを出した偉い人たちをカッコイイと思ったもんです。
広い意味でそういう仕事ができる大人でありたい。



IMG_3788 (1024x768)
4輪アライメントに出して限度内だってんだけどどう見ても足の向きが変だから診てくれと。
上のはまともな中古。




IMG_3790 (1024x768)
どうしてこうなっちゃったんだか理解不能。
自分はアルミ合金をくっつける設備も経験もないけどそれにしても。
かろうじて限度内におさまったという調整結果のリポートから読み取れるのはその数字よりも何とも言えぬ悲哀。




IMG_3794 (1024x768)
煙を吐くミラはやっとピストンがついてその後エンジンがかかりました。
オイル消費による煙の場合、いわゆるオイル上がり/下がりのどっちかあるいは両方がありますが
判別方法として習った「吹かして出るのは上がり/戻して出るのは下がり」というのは
ウソじゃありませんが不親切です。どっちでも吹かしたら出ますんで。


IMG_3795 (768x1024)
ピストンリング回りが原因の「上がり」と思われたので添加剤での改善も期待出来ましたが
そんなに待てないとわがままを言うので替えました。
ヘッド側もやれと貪欲なのでバルブのシールも替えました。
残念ながらピストンはもう買えませんでしたが。



IMG_3796 (1024x768)
ピストンリングってのはピストンひとつにいっぱい付いてます。
トップ・セカンド・サード(=オイルリング)とありますが
写真は分割式サードリングの構成内容。
上の二個に比べてヘナヘナに薄くて柔らかく張りも弱いので汚れてピストンの溝でおとなしくなっちゃいます。
3気筒中二つは完全にねっぱっちゃってさぼってました。
が、エンジン運転に大事なのはトップ・セカンドの二個なので現車も普通に始動して普通に走れてました。
ちなみに、そうなってるであろうと見受けられるクルマ、けっこう走ってます。
車検の受験にも来てて検査場を煙らせてますがある程度までは普通に合格しちゃってます。
車検通ったから大丈夫ではないというほんの一例です。



IMG_3804 (1024x768)
ついでにやった予防措置やらなんやらはもう書くのも面倒な数ですが







IMG_3797 (1024x768)
してやったりだったのはコレ。サーモスタット。
独特の構造がどんな仕事をしてるのかわかりませんが
暖機が速まるかヒーターがあったかくなるか厳寒期のATのショックが軽くなるか
なんか変わるでしょう。



17528.jpg
日が出ると人をたたき起こしてまたグーグーグー



175291.jpg
VIP待遇でご出勤



IMG_3800 (1024x768)
ご近所さんの出勤状況を監視(?)
轢かれたり消えたりすんなよなー



























関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する