デジタルゥはカッシオ♪

  • 2017/05/14(日) 16:55:07

別にそういう内容の話じゃないんですが
トランジスターの勉強してたら、トランジスターとレジスターとダイオードとコンデンサーだけの回路だとそっち業界ではアナログ回路ってことになるらしく
多少頑張っても所詮おりゃアナログ世代さってちょっとがっかりしてたらなんか百恵ちゃんの歌が浮かんだんで。
山口百恵さんと書くことに違和感を感じる時点で少なくともデジタルじゃねーな。



IMG_3756 (1024x768)
レガシー。正しくはレガシィ。そういうとこがイラッとくるスバル。
ブレーキングでハンドルに振動がくるってことで試運転したら
ハンドルというよりは車体全体って感じでした。
ロアアームのゴムが見た目で怪しいし前回の車検の記録簿にすでに私が「ヒビあり」とか書いてました。
 
↑これは終わったほうね。



IMG_3757 (1024x768)
こっちはやる前ね。
ここがあんまり動いちゃうとタイヤの向きがハンドルとは無関係に定まらないから
ハンドルや車体(具体的には背中やおしり)に振動が出るんだと思う。
ちなみに正確にはロアアームとは呼ばないらしい。トランスバースリンク。そういうとこがイラッとくるスバル。
でも乗ってる人のせいじゃないのでちゃんとやってますよ。



IMG_3758 (768x1024)
クルマに付くとひねられてるので極端に再現するとこう。
ヒビもだけどあらかた剥がれかけてるのか裂けてるのか。



IMG_3763 (1024x768)
なまくらプレスのシリンダーがなんか垂直じゃないとおもったら
油圧パワーでフレームがつぶれてたので作業中に補強するという手痛いトラブル。



IMG_3762 (768x1024)
もう一個のちっちゃいほうのブッシュがやりづらい。
目がテンのキレイなおねえさんに押さえてほしい。
この手の仕事はなんだかスバルばっかだな。
キャナガワのBボーイに教わった治具でストレスフリーだが。

ついでにブレーキディスクも研磨したんで全く振動はなくなりました。
同時にやったんでどっちが原因だったかなんて知りません。
ウソ。ブレーキが蓄音機の針で、ブッシュがラッパだったということでしょう。
つまり音源とアンプ。異音も振動もほぼそういうシステムで人が感じるそうです。
私としては振動より気になったスタビのガツガツ音も直してもうスバルじゃないみたい新車みたい。



IMG_3765 (1024x768)
最近執拗にブロックしてるせいか殺到しなくなったマフラー修理。
この程度の対処は出来ますんでどうぞ。



IMG_3766 (768x1024)
まともにやろうとするとマフラーとその前のパイプの接続金具が双方ダメだから
20年落ちの中古車くらい買えちゃいますんで金具は廃止しちゃいました。
二つの部品をくっつけちゃうんで、のちにマフラーだけ交換したくても出来ません。普通には。
まあ今回と同じやり方で同じ技能を持つ工場でなら出来るし許可はもらったんで。



IMG_3764 (768x1024)
前にも出たけどメーカーとしてはわざわざ電気溶接用を想定したアースポイントも用意してくれてるわけだし。



IMG_3767 (1024x768)
ちゃんと塗装もします。



IMG_3771 (1024x768)
左右出しだからバンパーとの関係も気を遣って合わせます。
ちなみにただなんとなくくっつけると100%あっちゃ向きます。
でも普通こんなローアングルから見ることはないから



IMG_3772 (1024x768)
普通に立って見たときの見た目のほうが実は重要。
先輩が言ってました。寸法が正確に合ってるとかより結局は見た目が大事だ。

ただしワンオフとか向きがどうたらとかめんどくさいのはやりませんのでくれぐれも電話しないように。



IMG_3745 (1024x768)
いちどこうなったら自分から降りることはないので専用の場所に寝かせるんですが



IMG_3759 (1024x768)
しばらくして見るとほぼ100%オレの椅子に戻っとる・・・
生死レベルでは人間よりよっぽど寒さに強いはずだが
最近ぶりかえした低温下ではおふとんもまんざらじゃないようだ。









関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する