JAZZはあたかも風のごとく

  • 2015/05/24(日) 11:54:36

IMG_1463 (768x1024)
電話した相手が「忙しいオーラ」全開だと不安になりますね。
例えば全力疾走して電話口にたどり着いたかのような息の荒さだったり
何言ってんだか聞き取れないスピードで名乗ってみたり。

Dレンジの信号待ちでブルブル振動と音が出る平成ひとけたミラ。
タコメーターを見てると全くそれとリンクしてないので
エンジンとミッションをわずか3個で支えてるマウントのゴムを疑いました。



IMG_1465 (1024x768)
もちろんプライベートなら好きにしてかまいませんが
勤務中、特にお客さんと直接しゃべる職種であればちょっとね。

唯一目視出来るF左タイヤ近くのはこんな感じ。
新品つけたってブラケットの中心には落ち着きませんが



IMG_1466 (768x1024)
のちに自分に影響を与えることとなった、
好きだったTVドラマ「王様のレストラン」の1シーン。
ウエイターがメニューにないオーダーを安請け合いしちゃって調理場はてんてこ舞い。
通常メニューじゃないから時間がかかるのは必至。
ソムリエが不自然にワインのレクチャーをして時間稼ぎしたりして
なんとか出すことが出来た料理を談笑しながら召し上がる奥様方を見て
「のんきなもんですねーこっちの苦労なんて知らずに。」とオーナー。
「それでいいんです」とホールの長。
「お客様は料理を楽しむために来ているんだから。」

こんくらいのものは入ってほしい。
エンジンが揺れるとこの隙間は広がりもするけど詰りもするから。
恐らく、Pからシフトしたときに車体全体にショックがくるのも無関係ではないと思います。



IMG_1480.jpg
ドラマを引用すると長い説明が要るそのことをひとことで言ったのが
「JAZZはあたかも風のごとく」
まあ説明は要るんですがあの渡辺貞夫さんが駆け出しのころ恩師に言われたそうで。
血のにじむような練習をしても、軽くこなしてるぜ~って涼しい顔でプレイするのがプロってもんだぜ。
多分ですが、お客さんはこっちの苦労を共有するためにお金を払ってるわけじゃないぞと。

ところで奥のほうのは急がないってんでもう半年。



IMG_1302.jpg
もう終わりかけ、ホイールシリンダーのエア抜き用プラグが折れ残ってるのを発見Orz・・・
もがきましたが同径ドリルで破壊するしかありませんでした。
さらに、普通と違って鉄の玉が弁として仕込んであってとれない。



IMG_1299.jpg
煮たり焼いたりしてもどうしてもダメ。
そんなこともあろうかと(ウソ)捨てなかった折れドリル歯を採用。



IMG_1298.jpg
エア抜き用だから内部に貫通してるんで
こうしてそれをプライヤーではさんでもがくこと数分。



IMG_1300.jpg
鈴カステラのごとく、もはや球状ではないのが激しい固着度合を物語っております。
鈴カステラを見たければスーパーやコンビニのPBお菓子コーナーへ。



IMG_1475 (1024x768)
さて、同径ドリルで破壊したってことはオーバーサイズのプラグが必要ってことだ。
右端のが破壊したのに近いサイズ。
真ん中のくらいがちょうどいい。



IMG_1470 (1024x768)
数々のダメキャリパーやホイールシリンダーを捨てずにとっといた中で
一番ナイスな条件のはこれでした。



IMG_1473 (768x1024)
何がナイスって、私の貧弱な工具ラインナップにもあるおなじみの径そしてピッチ。




IMG_1474 (1024x768)
アルミだから切りやすく破壊もしやすいんでおそるおそる。



IMG_1469 (1024x768)
穴の底は本来ボールが当たるのをテーパー形状のプラグ先にフィットさせるため
いい塩梅の刃先角度のドリルでやさしく揉みました。



IMG_1468 (768x1024)
一発で決めないとクルマにつけたのをまた外すことになるので
光明丹はなくてもマジックで当たりチェックしたぜセニョリータ。



















関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する