いいんだ。わかっちまったのさ・・・

  • 2014/10/16(木) 20:19:37

今年はかなりいい気がする!と言いながらも
毎年シーズンインしてからもいじってばっかの廃油ストーブ。
今回はせめて今時期には完調にしとこうと毎日のように運転しております。

今日は多目の給油で長時間運転にトライしたところ
2時間ばかし経過したところでパワーダウン。
ふた開けターボで復活したものの、これじゃあ目を離せない。
どうやら、熱変形により上蓋の密着が良くなっちゃって
いい塩梅の隙間風が入らなくなるような気配。



IMG_0816.jpg
やっぱテキトーなこの切り口とパッキンの燃えカスの残った上蓋じゃあね。



IMG_0828.jpg
かといってペール缶本来の高さじゃうまくいかなかった過去があるので
とりあえず分解。



IMG_0830.jpg
上蓋は本来の合口とくっつけちゃって
開け閉め出来ないと使えないので
切り口の影響のないテーパー部どうしで密着を良くしようって寸法です。



IMG_0831.jpg
ここらへんが効いてくれてるはず。



IMG_0847.jpg
中古部品の梱包材として来ることがあるコレ。
どうにも使いようがなく困りもんなんですが



IMG_0832.jpg
着火用に非常にいいことがわかりました。
良く見りゃ最初っから井桁状態だもんね。



IMG_0833.jpg
さすがに直接は着火しづらいので
普通の紙(つるつるしたのは瞬時に灰になるのでダメ)も少しね。



IMG_0835.jpg
火がまわって煙突のスリット部にも見えてきたら蓋をクローズ。



IMG_0839.jpg
暗くしてこのくらいだと外の煙も見えないレベルでグー。
明るくても真っ赤なとこまで燃やすと外には黒煙ぽいのが出ちゃうので。



IMG_0843.jpg
実は蓋の改良がうまくいったために
始動時の給気不足になっちゃったのでビトルボ化しました。



IMG_0837.jpg
安定したら一個はもう必要ないので塞いじゃいますが。
チョークバルブみたいなもんですね。
隙間風がなくなると、調節はこんな鉄板で充分でした。



IMG_0846.jpg
素手で出来るようにつけた取っ手がお気に入り♪

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する