代車・社用車に工場が写る。

  • 2014/10/15(水) 09:03:38

IMG_0813.jpg
古巣の社長が「代車無いと困るべ」って、もってきてくれた平成ひとけたトッポ。
社員のときに整備を任されていたのも自分だし
休みに出てエンジン載せ替えたり、
Rワイパーのないクルマなんて乗れないってお客さんがいたり、いろいろ思い出はありますが
社長ーこれもうそろそろ・・・って見た目だったので
一回車検とったら終わりかなーって内心思ってたのが
15年も経ってからメーカー保証でエンジンメンバー強制交換やらなんやら
手を入れてるうちにまた愛着がわいてきてもう3年。


IMG_0809.jpg
こう見えて機関部はオイル漏れ一切ナシ、
ついてるものは全部ちゃんと動くんですよ。



IMG_0811.jpg
これの仲間によくあるのはここらへんのオイル漏れ。
上方のオイルポンプから流れて来たのが前傾してるエンジンを前のほうにつたわって
オイルパンやコンプレッサーのブラケットをべたべたに濡らします。
いくらタダで借りた代車だって、自宅駐車場のアスファルトにオイルが垂れたらイヤでしょう。
いずれその染みはアスファルトを溶かして穴になりますから。



IMG_0812.jpg
ミッションだって乾いてますよ。
なんか書いてあるドライブシャフトは異音が出て替えた中古です。



IMG_0804.jpg
ブレーキパッドについてるウエアインジケーター。使用限度お知らせ装置です。
黄色く塗ったとこは台座の金属部。
そこまでいっちゃうと相手のディスクが傷だらけになって替えなきゃならなくなっちゃうので
その前に「キィ~~~」って音で知らせてくれます。

単なるブレーキ鳴きとも似てますがその違いはといいますと
①音量は小さめ。
②だけど高周波。鳴きが「キー」ならこっちは「チー」に近いかな。
③踏み方や走行時間で変わる鳴きと違って、乗るたびにずっと必ず同じ音が出る。
④踏んでなくても出ることがある。



IMG_0803.jpg
側面を見ると、もうあまり使えないことがわかります。
厳密には、インジケーターが発動してもしばらくは使えますが。



IMG_0805.jpg
ディスクにあてたところ。



IMG_0806.jpg
新品。



IMG_0808.jpg
代車として出しても長くてせいぜい2週間ってとこなので
目を光らせてれば年内は使えるかもな感じでしたが
落っことしたらはがれちゃった・・・走行中じゃなくてよかったと考えるべきですね。



IMG_0802.jpg
せっかくめくってみて錆びてないのを確認したんだらそれ用の給油を。
いちいち言ってませんが、車検で入れてくれたあなたのにもやってます。



IMG_0807.jpg
これも同じく。
でも、これやっててもゴムブーツが切れてなくても錆びるのは錆びるもんで。
なのでまともなとき(普通に分解出来るとき)にゴム類一新のいわゆるオーバーホールするのが望ましいわけです。

てなわけで当店のトッポには外見はともかく、使って特に写るものはないと思います。

「写らないのかよ!?」って思いました?

いいんです。その道のプロではないお客さんに何か見えてしまうとすれば、
かなりの確率で「良くない要素」のはずですから。

まあ、たまにプロ並みのお客さんの指摘を受けて改善した結果でもあります。
遠慮せずに言ってくれるってほんとありがたい。





関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する