本当に欲しいものは何?

  • 2014/09/14(日) 13:51:30

クルマを修理に出さなきゃ!と決断したとき。
本当に欲しいもの(改善したい不満)ってどんなことでしょう?

ブレーキが効いてはいるんだけど、たまにキーーーッって鳴って恥ずかしいから止めたい。
であれば、工場でその通り伝えたほうがうまく行きます。
そりゃそうだべさ。みんなそうしてるんじゃないの?と思われるかもしれません。
でも意外と現実は違います。
見慣れない建て構えの事務所や、いかついフェイスのおじさんに身構えちゃったりして
なぜか微妙に気の利いたセリフが出ちゃったりします。

「ブレーキパッドがそろそろ心配だから診て。」なんていうふうに。

通常、現場上がりや現場兼任のおじさんだと
「何か効きが悪いとかあるんですか?」と訊いてくれますが、そうじゃない場合もあります。
そこで微妙に話の方向が修正されてしまい、現場への指示がこうなっちゃうかも。
「おーい、パッドの残量見てやってくれ。」
それでも幸運なら、現場の層の厚い工場だと素直じゃない整備士がいて
「半分以上残ってるけどなんかあんのか?」
「いやパッド見てくれってゆーからよ。」
「バカヤロウ。なんでそう言ってるのかもっかい訊いてこい。」
という具合に軌道修正されますが不運な場合は。

「半分くらいですが早目に交換しますか。」

となっちゃったりして、一旦は鳴きは止まったものの
本来は荒れたディスクを対処すべきだったのにしてないのですぐ再発。

ちゃんと見たからって診たとは限らない。



IMG_0590.jpg
124型フィールダ―のRマフラーとセンターパイプつなぎ目の腐食。
N系エンジンとZ系エンジンでなんと2台連続。



IMG_0588.jpg
バンドがかぶさるので好きに補強ってわけにはいかない。



IMG_0589.jpg
おまけに差し込み式のフランジが錆びてもう一体化。



IMG_0591.jpg
現時点で穴があるのはセンターパイプ側のみですが新品は8万なんぼ。
ずいぶん多い事例なのか、中古は底をついたようで
5、6万出すとフランジ付近のみ新品にすげかえた「リプレイス品」(?)という
なんだかなって感じのが買えるそうですが。
Rマフラーはなぜか2万もしないという信じがたい価格設定。
それでも真っ当なやり方だと工賃含めると二けたに迫る勢いです。




IMG_0592.jpg
もったいないので考え方を変えましょう。



IMG_0594.jpg



IMG_0595.jpg



IMG_0598.jpg
な・・・!?




IMG_0599.jpg
最小限で対処。



IMG_0596.jpg
ヨンクだし、ちょっと位置が変わっただけでいろんなところのクリアランスが確保出来なくなりますので慎重に。



IMG_0597.jpg
いいんですよこれで。(このあと塗装ね)
クルマはマフラーのみにて動くにあらず。
もっと言えば。
人はクルマのみにてイキルにあらず。





IMG_0601.jpg
もう一台のほうは外す段階で裂けました・・・



IMG_0602.jpg
弱ってて切除する範囲が広かったのでつなぎが長め。

つなぎ材を中に仕込むのは
弱った元のパイプを極力守りたいから。
外から覆うと腐食性ガスに切り口をさらすことになるので。
さらに、双方の外径が同じじゃないので外から覆うのは手間だから。
そこで径を絞ると排気効率がうんぬんというセンスィティヴな方には別な方法もありますが。



IMG_0603.jpg
片方のオーナーは、浮いた予算でこんなにできちゃいました♪



・・・などと怪しい通販のようなことを言ってる場合ではありません。
最初のオーナーから、音がなんも変わってないというお叱りが。
そんなにすぐもげたり穴が開くわけはなく、
勿論違法レベルの爆音でもありませんが
どうやらマフラー自体の消音機能の低下。
私の慣れというか思い上がりが原因です。
「穴が開いてるから直したい」という単純なオーダーと勝手に理解したのが実は
もっと進んで「静かに乗りたい」だったのですね。
考えてみれば、全員がそういうことでしょう。
事前にその可能性もお伝えすれば、あるいは受け入れられたかもしれません。
オーナー、今回は力不足で申し訳ありません。
機会をいただけたら挽回しますのでどうかこれに懲りませんように・・・






















関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する