エンジン修理は決断の連続

  • 2014/06/20(金) 20:04:58

IMG_0241.jpg
ダイハツのK3なんてちょっと少な目のエンジンは
低回転でのコンコンというかカンカンという気に障る音の原因究明依頼。
聴診でどうにも部位が絞り込めないので
半ば苦し紛れにというか基準がはっきり数字でわかるバルブクリアランスから点検。
だめならカムシャフト脱着、しかもシムじゃなくタペット(リフタ)まるごとの交換。



IMG_0246.jpg
IN/EX共に大きいほうに寄ってましたが
大幅な限度割れもいくつかあり、限度一杯のところもこの際基準値めがけてレッツアジャスト。



IMG_0243.jpg
すぐ消えちゃうシムのやつと違って
どこにも接触しない面に残ってる数字で選択は簡単。
焦って計算を間違わなければ。



IMG_0245.jpg
ずっと手がぬるぬるなんで写真がやたら断片的。
チェーンを釣ったと思われる形跡ですね。

カムシャフト両方外してるのでこの際VVTもと見積もりには入れましたが
ダメなのかと聞かれるとそうじゃなさそうなのでやめときました。
そこまでやっといて変化なし、やっぱクランクでしたかねーってのも幸せすぎる結末だし。


そもそも常人はクルマにお金をかけるために働いてるわけじゃなし。
いいんですよ。欲しくないものまでついでに買わなくっても。



IMG_0249.jpg
幸い結果は得られたので他にも日の目を見ないと思う小細工。



IMG_0250.jpg

車検なのでまず抜けちゃってるスペアタイヤの空気は入れるんですが
ここが回らないと絵に描いたタイヤだべさ。



IMG_0251.jpg
当店最高傑作かもしれない、昨年5月の仕事。http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-168.html
思えばこれがきっかけで来てくださったんでした。



IMG_0253.jpg
そのまま車検へ行ける状態ではありましたが
がんばってくれてるので化粧直し。



IMG_0239.jpg
ひーひー言いながら外した鉄のケースに収まったエバポレータのダメフレアーは
非鉄金属マイスターにOリング式ジョイントに替えてもらいました。
またひーひー言いながら乗っけて無事終了。

てなわけでいい感じで上機嫌なので
電話しようかどうか迷ってる方は今のうちにどうぞ。















関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

社外品のエアコンでフレアージョイントの精度の悪いのを無理やり締めて、何年か経って割れちゃったのを良く見ました
匠の技ですね

  • 投稿者: naoki
  • 2014/06/23(月) 20:40:36
  • [編集]

Re: タイトルなし

> 社外品のエアコンでフレアージョイントの精度の悪いのを無理やり締めて、何年か経って割れちゃったのを良く見ました
> 匠の技ですね
オス側ってどこか通すときひっかけたりしたらパーになりそう。
時代ってやつですね。

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2014/06/23(月) 21:23:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する