それがあることの意味

  • 2014/02/22(土) 20:35:15

14222 002
なかなか終わらない、前に出たベレット。
変なかたちのラックブーツ。
なんか出っ張ってるのはラックエンド用のグリスニップルです。




14222 003
変質してベタベタしちゃってたブーツを外すとこんな感じ。
ニップルのついてる部分だけブーツがかぶってません。



14222 004
つまりブーツはラックエンドを挟んで二分割式。
この業界そろそろ30年近いボクも初めて見ました。
いくら多少ムリの効くゴム部品とはいえさすがに同じスタイルは厳しいと判断。
一体式のに変更を決断。



14222 005
フフ。なんの違和感もない仕上がり。
せっかくのニップルは使えないわけですがそれが何?
きっちり給油して組んじゃえばいいんじゃない。
その気になればニップルが顔を出す程度の穴くらいあけられるけどね。
そもそもここのブーツの意味は防塵/防水。要は可動部の保護。

その部品の存在意義を把握してことにあたるべし。



14222 008
クリームサンド始めました。

マフラーパテだけでも埋まる程度の穴だとしても
板でサンドすると干物とフリーズドライくらいもちが違います。
わかりづれえか。


14222 009
ほら、最近お肌を気にして溶接は控えぎみじゃないですか。
なんかビスが入ってるのは
誰かがドリルで開けたっぽい穴が開いてたから。
いいことですね。水が抜けるようにでしょう。
でもイコール排気も出ちゃうので保安基準的には認められません。



14222 011
て・・・写真撮ってたら亀裂発見。
ここはクリームサンドムリ、パテオンリーだとせいぜい数週間。
結局溶接するのね。



14222 012
めったにやらねーから良く見とけよコンチクショウ。
どーよ、淡水パールのネックレスを思わせる仕上がり。



14222 013
納得してんじゃねーよ。
さっきのは弱ったとこを補強する前菜にすぎないのよ。
これもまだ下のほうがなんつーの?
一体感がないでしょう。



14222 014
よく見るとなんかちっさい穴ぽいのも残ってたりね。



14222 015
なので仕上げの一発を一気に。
お化粧的意味もありますが、最終的フュージョンにより完全密封。



「♪必ず乗らなけりゃ、いけないわけではないぜイエー」
と、奥田民夫さんは歌いました。
一個の部品にせよ車検とかの制度にせよ、それぞれ意味があります。
ただしクルマ以外の分野と同じく
その意味に共感も納得も出来ないものも少なくありません。
そこはほれ、その道の真っ当なプロに相談して、無駄な散財を回避。
ご自分に合ったカーライフのためにご協力致します。














関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する