インスタント

  • 2013/05/29(水) 20:34:45

05299.jpg
だいたいのエンジンというやつにはこんな丸いフタがついてまして
まあフタといってもまず開けたり閉めたりはしません。
中にはクーラントつまり冷却水が流れております。
エンジンを製造するときの砂型の砂を取り出す「砂ぬきプラグ」とか
冷却水が凍結して膨張してしまったときにこれがはじけ飛ぶとか
諸説ありますがよくわかりません。



05298.jpg
とはいえそれほど分厚くない金属部品なので腐食して穴が開き
交換せざるを得ないこともあります。
ここは入庫時白い粉のかたまりが花を咲かせていましたので
清掃し試運転したところやっぱりかの漏れ発覚。
10年ちょいまえのタウンボックスですが
クーラント交換をろくにしなかったのが原因と思われます。

クーラントはエンジンオイルのように年二回とかまでじゃなくても
せめて車検二回に一回は交換が必要です。
エンジンのすみずみまでいきわたって熱をラジエーターへ運び冷ましてくれますが
その半分以上はただの水。金属で出来ているエンジンが錆びないような成分を含んでいますが
その性能が衰えていくのが大問題。
すみずみまでいきわたっているだけに、どこにでも効くサビ促進剤と化してしまいます。
エンジンオイルがよく血液に例えられますが
漏れて不足するとオーバーヒートしてエンジンが修理不可という事態も少なくないので
重要度はクーラントも全く同じだと思います。
交換費用もエンジンオイルよりはちょびっとかかる程度です。



05291.jpg
ターボ付でインタークーラーも付いてるので
気合充分の走行風導入口装備。



05290.jpg
インタークーラーを効率良く冷やそうというレイアウト



05294.jpg
ですが気合充分アイテムは諸刃の剣。


05293.jpg
落ち葉拾いアイテムと化してます。
こーなることは想像つきそうなもんだ。
けどコレ、簡単には外れません。
指がつってしばらくグワシ状態になりました。



05297.jpg
一息ついて夕方の休憩に一杯飲ってタイ産のヌードル。
近所の¥100ショップでたまにおいてるお買い得5個入り。
お買い得感が味に直結する便利な体質です。
レッドペパーなる粉を全部入れるとエライことになるので要注意。
こう見えて完全なインスタント世代。
でもインスタントな添加剤とか貼り付ける燃費向上グッヅは信用してません。



05296.jpg
一杯飲ってたのは勿論ノンアルコール。
ガキの頃ビールを飲んでみた時のようなドキドキ感。
意外に悪くないです。




関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ヒーターユニットにお子様が落とした割り箸をきき手ではない左手の中指と人差し指で拾ったらグワシになりました(涙)
鋳鉄ブロックは特に早めにLLC交換が必要な気がしますね

  • 投稿者: NAOKI
  • 2013/05/31(金) 01:09:45
  • [編集]

Re: タイトルなし

> ヒーターユニットにお子様が落とした割り箸をきき手ではない左手の中指と人差し指で拾ったらグワシになりました(涙)
> 鋳鉄ブロックは特に早めにLLC交換が必要な気がしますね

グワシはほぼ月いちで出ますね~
「LLC交換はブロックからも抜くんだぞ!」ってドレンもげた先輩がいました(笑)

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2013/05/31(金) 13:12:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する