勘だけを頼りに

  • 2012/07/30(月) 21:22:01

スピードメーターが動かないという運送屋さんのミニキャブバン幌仕様
たまに動いたりピクピク動いたりするそうで
まずはメーター本体を疑いました。

しかし、いきなり外すなんて無茶はご法度ですぜ旦那!
ここはまず、診るのが一番簡単なところからでしょう。
お医者さんだっていきなりオペはせんでしょう。
「ここはどうですか~痛いですか~」なんつって押したりたたいたりして
「いてててて・・・・」なるほどこの辺ね・・・なんてね。

クルマはしゃべっちゃくれませんが
クルマにのっかってるコンピューターに教えてもらおうじゃないですか。
どれどれ~ナニ、「車速信号系統異常」なんて記憶が出てきたね!
「スピードメーターが動かないんだから当たり前じゃないのよ!この役立たず!」
なんて早まっちゃあいけませんぜ。

こいつあどうやら、スピードメーター本体はなんともない可能性が高いすよ(この車種の場合)
ナニ?なんでかって?
それが知りたきゃ弟子入りしろってんだよこのスットコドッコイ!
・・・おっと、失礼。

てなわけで次に簡単に診れるとこはどこかな~?
あん?スピードメーターケーブル?このウスラボケ!!
んなモナア、とっくにバブルと一緒にどっかいったアイテムだっつーのよ!
・・・こりゃまた失礼。

ホラホラ、ミッションに車速センサーがついてるじゃないのよ!
私を見て!てな具合に触りやすいナイスな位置に!
ん?そこから信号が出てるかどうか診るのかって?わかってきたようだねおめえさん。
まあ、手始めに電源とアースの具合を診てみようじゃないか。
おっと、この三菱のロック付きカプラーはやさしく解除しないと割れちゃったりするからよ!
コノ字ピンを慎重にスライドさせてな・・・そうそう!

ナニ!もげた!?ほーら言わんこっちゃないってのよ!気を抜いちゃダメだってばよ!!




0730-6.jpg

そっちね・・・そこなのね・・・



中の端子は部品設定がありまして
5個1セットで2千円だか3千円するそうで
防水キャップも同じくセットで似たようなお値段とのこと
アホくさいので慎重に分解→アーティスティックなはんだづけで再使用


こういう端子金具ってサイズは合っててもカプラー側のロックのつめの引っかかる部分がいろんな形で
いらなくなったエンジンハーネスとかとっておくんだけど合うの探すのが大変
クルマのメーカーが違う(=採用してる配線屋さんも違う)と合わない場合が多いようです。
今回のように代わりがない営業ナンバーの場合など
状況に応じて最優先課題を先行して対処します。


「勘だけを頼りに」と言っても
この3個のかぼちゃ、どれが一番重いでしょうか?というのとは違います。
あてずっぽうとは違うんです。正直そういう整備士も珍しくはありませんが・・・

「勘を養う」なんて言いますが
まさに私らの場合その繰り返しで
記憶し続けなおかつ新しいものも意欲的にメモリーしてゆく
そう、検索エンジンと似ています。
元々ないものや消えた(忘れた)ものはHitしようがありません。
全くHitしてる感がないのにどんどん診断作業を進めるということは
「勘に頼る」ではなく「あてずっぽう」あるいは「いきあたりばったり」

クルマの修理じゃなくても、そんなグッジョブに当たりたくありません。













関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する