ウマが似合う時代

  • 2013/04/06(土) 18:31:58

46012.jpg
この時代のはウマ(赤いの)が似合いますね。
あまりこういう機会がなかったので2個しか持ってなくて
あの品揃えのいいホームセンターへ行きました。
「店長~42年のすばる360に使うウマなんて・・・」

「あるよッ」

「!?」



46013.jpg
ウソですがホントのようにFitしております。



46011.jpg
あまりのバランスの良さに一箇所はサボってるのに安定しちゃってます。


46006.jpg
でも無いと危ないんでシムにて微調整



46014.jpg
やりたかった仕事は、ブレーキ全部張替え。やる気満々のブレーキ屋さんはすぐそこサンクス。
厚みは新品同様ですが恐らくアスベストたっぷりなんで現代のエコ仕様へ。

ウソ。それもあるにはあるけどなんとアルミの台座が腐食して摩擦材がはがれてたんで。



46010.jpg
リヤは見た目より複雑で、組むのに四苦八苦するのはイヤなんで
片方を見本に残して二度に分けて張り替えるという手間をお願いしました。



46009.jpg
キレイな仕上がり。
もう作ってないので、当時ものが高値で取引されてるのかもしれませんが
そんな危険を冒す必要はございません。



46007.jpg

46008.jpg
自動車修理という商売自体が産声をあげたばかりであろう時代背景が見えてきます。
ちょっと微笑ましい。



46004.jpg
ロックプレートまでついたアジャスターは
シューのアライメントというかプロポーションというか
あるべき位置の調整用。



46003.jpg
ナイロン製カバーまでついて



46001.jpg
バックプレートに当たります。
現代のみたいにシューそのものが当たる作りじゃないし
シューはピンやワッシャーでの固定もされません。

珍しくて楽しいですが
構造を理解しながらだったり二回に分けての作業は場所と集中力が必要。
だからといって倍も3倍も工賃とるわけでもなく
私も、張替えするブレーキ屋さんも、うまく段取りして無駄なくやります。
自分が慣れてないのを理由に高い料金とるのは違うと思うし。
工賃以外にも経験という財産が残ることにもなるわけだし。



















関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いやぁ~ 懐かしいですねぇ~
アジャスターの調整 
ノギスで測ったり 仮組みで当りを見たり 若かりし日の事が 思い出されます
しかし 画像で見る限り 良いコンデションですね
所で リアーのドラム 素直に外れましたか? 
私 ドラムを外す工具 作りましたが アレは何処に行ったやら??。

  • 投稿者: のまけし
  • 2013/04/06(土) 18:54:48
  • [編集]

Re: タイトルなし

のまけしさんあなたに訊けば大丈夫ですねe-265
Rドラムは思いのほか素直にすっぽんでした。
ライニングもついてきましたが(笑)
アジャスター、そんなにシビアなんでしょうか。

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2013/04/06(土) 20:32:41
  • [編集]

車検に持って行くと「重量税いらないよ~」
なんて言われたっけな 

  • 投稿者: ナガツマン
  • 2013/04/06(土) 21:01:37
  • [編集]

Re: タイトルなし

> 車検に持って行くと「重量税いらないよ~」
> なんて言われたっけな 
そうそう。余裕で18年超えだけどね~♪

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2013/04/06(土) 23:01:04
  • [編集]

うちの親父が1週間だけ乗ってました
その後、R2がやってきました
おなつかしゅうございます
リヤのスピンドルナットの締めつけが甘かったのかドラムのスプラインがなくなって走れなくなったことがありました

  • 投稿者: NAOKI
  • 2013/04/07(日) 21:45:27
  • [編集]

Re: タイトルなし

> うちの親父が1週間だけ乗ってました
> その後、R2がやってきました
> おなつかしゅうございます
> リヤのスピンドルナットの締めつけが甘かったのかドラムのスプラインがなくなって走れなくなったことがありました
一週間って(笑)
現代の慣習で考えれば納車までの代車?
R2は10年まえ冬も通勤で乗ってました。
まったく不安は無かったですね。ヒーター以外は。

  • 投稿者: トッカリモータース
  • 2013/04/07(日) 22:06:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する