選択肢

  • 2013/01/30(水) 19:19:23

01301.jpg

クランクとウオーターポンプの関係について考えてみました。
一番下のがウオーターポンプ
右端のがクランク
どうやらプーリーはほぼ同サイズ
つまり回転数もほぼ同じ
ちなみにカムシャフトはもれなくクランクシャフトの1/2の速度と決まっております。

だから何?

いやね、
タイミングベルト交換のとき
1万円前後するウオーターポンプもやるかどうか悩むことがあるわけですよ。
ボクじゃなくてお客さんがね。
そこで工場側としてはガタや漏れがあればもう「やらなきゃダメです」って言い切りますが
今はなんともない場合は「どうしますか?」と指示を仰ぐわけですよ。
ところが逆に「どうしよう?」と聞かれることも多いわけですよ。
「そりゃやっといたほうがいいでしょう。」とお答えするんですが
その理由としてよく言うのはあとでやると工賃が同じだけまたかかるから。
もうちょっと機械屋として説得力があって納得のいく説明はないのかと。

そもそもタイミングベルト交換てのは
なんも調子悪くないクルマを壊れないようにする予防措置ですから
間についてるテンショナーやアイドラーなんて部品も強制的にSET交換です。
それらのベアリングにガタが出てベルトの張りが緩みカムとクランクの関係がずれたり
ましてベルトが外れたりするともう修理は20万コース

だったら同じようなベアリングで保持されてて
ベルトが外れる原因になる可能性のあるウオーターポンプだって
良くても悪くても交換するべきでしょう。

なんてったってクランクシャフトと同じような速度で回ってますからね。
タコメーターが5000rpmならウオーターポンプも5000rpmですよ。
どうです。悩んでる場合じゃないでしょう。てな具合で。

長くなりましたが。
予防措置における予算カットは本末転倒になりかねないってことで。
(投資が無駄になる恐れを残してしまうという意味で)

写真のエンジンのオーナーM君、
そんな説明しなくても快諾してくれてありがとう。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する