FC2ブログ

大事にしてるクルマ

  • 2019/05/26(日) 18:56:55

IMG_5719 (1024x768)
大事に乗ってんなーって感じのカロゴン。
サイドスポイラーの下のパネルに腐食を見つけてしまったのでどうにかせいと。
一応かたちは保ってたけど指で押せるくらいペラペラなので切除したとこ。



IMG_5733 (1024x768)
取り切れない錆にとサビチェンジャー支給でしたが
まっ平らじゃないのでオシャレなボトルに入れて噴射。



IMG_5721 (1024x768)
材料は現車より10年以上は新しい中古フェンダーより切り出し。
全く錆びてないし塗装までついてていいでしょ。
リベットにしたのは上からシーリングじゃなく間にこってり挟みたかったから。



IMG_5722 (1024x768)
なんかよく見えませんが関係ないとこまでチッピングコーティング。
スポイラーが付くからなんにも見えなくなりますが。



IMG_5734 (1024x768)
ここは内部が広い空洞だからワックス処理だべ。
っていい感じのちょーだーいって頼んだらいまどきのは中身はさておきノズルがスゴイのね。
普通のスプレーノズルが45度の円錐状パターンとするとコレ、180度。
もはや円錐状じゃない。真横に放射だからいわば二次元の円。しみるわー。
もっとバンバン売り込めばいいのに。



IMG_5726 (1024x768)
事務所は33℃まで上がりましたが猫が寝てるくらいだからまだ大したことないんでしょう。




スポンサーサイト



なぜこんな修理するのかってえと。

  • 2019/05/19(日) 18:41:11

IMG_4789 (1024x768)
「なぜこんな修理するのかってえと。」
こんな修理ってな部品替えりゃ済むのにその部品自体を直すってことですが
たとえばこれ、平成初期のランクルのRデフホーシングの一部を拡大。↓



IMG_4790 (1024x768)
このホーシングとフレームをつなぐトルクロッド的部品の取付ブラケット部。亀裂が入って若干ズレてる。
ブラケット単体では売ってないし売ってても取付は溶接だからあとでアライメントなんて出せないし。
つまり普通は車幅と同じくらいのでっかいホーシングを交換。高そう。
たぶん中古採用でも10万じゃ足りない。



IMG_4793 (1024x768)
実はここ、周りと同じく錆止めの材料がこってりのってたんですが
硬化してバキバキに割れててカッコ悪いから剥がしたら発覚したの。オーダーは車検だから。
てことで他にもやるこた盛りだくさんでここにだけ大金かけられないし
昨日今日の亀裂には見えないのにズレはわずかなので補修でイケると判断。



IMG_4818 (1024x768)
これは車種忘れたけどセンターパイプの吊りステーが剥がれちゃって揺れるとガキガキうるさかったやつ。
どこも排気漏れはないし替えるとなるとながーいパイプ丸ごとでもったいないので補修。




IMG_4817 (1024x768)
これは車検で入ったニュービートルの旧いのって書くと変ですが
昔、蚊取り線香を買いに行ったら「ジャンボ蚊取り線香ミニ」ってのが置いてあって大ウケしたけど普通のを買ったという逸話を思い出しますね。
パンチング形状の遮熱板が腐って原型をとどめてなかったので
ハイエースかなんかの捨てるエアクリーナーを分解してあったのを採用したという事例。
調べても待たされたあげく「触媒丸ごとで12万です」とかのオチがバカバカしいんで最初っから補修。



IMG_4815 (1024x768)
ただ、腐った取付ビスをキレイに取って相手のねじを生かすのがメインの作業です。



上記いずれも、部品代や工賃を浮かすのが大きな目的ではありますが
なにも全員が「千円でも安くやれ」とは言ってません。

何か修理すると
「よっしゃーこれで次の車検までもってくれよ」
みたいな期待を抱いちゃってる人が多いと思いますが
別に車検だって次回までの動作保証をする手続きではまるでないし
だってちょっとキリキリ音が出たくらいで交換なんかしないお風呂の換気扇みたいなレベルの、
「正常とは言えないけど困らないから使ってる」みたいな家電の集合体だから。クルマは。
そりゃ家電の多くは人間が死ぬことはない環境下にいるからあまり5年とかじゃ壊れませんけど

熱や振動を出す動力が、いくつも搭載された家電みたいなもんにストレスを与えながら乗せて動くクルマ。
札幌に限っても外気温マイナス10~プラス30という条件下に加えて融雪剤。それを10年20年ですから。

要するにけっこうときどき壊れるのがクルマってもんだから、
一か所の修理を理想的な方法で完遂するのは一時的な満足に過ぎず
「クルマを維持する」という広い見方ではまったくもってベストじゃない。少なくともコスト面では。

というのが私の哲学なんで「ここは新品じゃなくていいんじゃないですか」みたいによく言います。
だって次も来てほしいから、「あんときあんなに金かけるんじゃなかった・・・」は避けたいから。



IMG_5713 (1024x768)
暑い日もとりあえず一回は甘えに来ますがすぐフラれます。



IMG_5220 (1024x768)
その直後に毛づくろいが始まるとなんか悔しい。











エアコン修理は時間も費用も様々です。

  • 2019/05/12(日) 19:30:56

IMG_5674 (1024x768)
こちらは昨年7月にガスが空で来られた20年前のグランドハイエース。
ガスに加え蛍光剤を投与、あとで漏れ箇所を特定しましょうとお返ししましたが
9月には冷えなくなってたとのことなのでいい加減発見できるでしょう。

あるあるな後席用の配管部は残念ながら反応なしですが



Fバンパー裏のコンデンサーに2か所反応あり。
IMG_5683 (1024x768)
レシーバータンク下部の栓付近。あるあるだ。

IMG_5682 (1024x768)
高圧パイプ接続部。まあこれも少なくないね。



IMG_5676 (1024x768)
ただ、どちらもふた月で冷えない程抜けたにしちゃインパクト薄めなのでもっと探す。



IMG_5679 (1024x768)
ここはこんなカバーが邪魔だから信じて外さないと見逃す恐れあり。
とはいえその気で見てるから外す前に隙間からある程度見えてるんだけど。



IMG_5677 (1024x768)
ふつうに見てもいかにもって感じではありますが。



IMG_5678 (1024x768)
紫外線ビーム照射。きゃー!くらくらしますわー

パイプが二本、どっちもダメで一本は道内にあって高くないので新品に。
もう一本は内地でかつ高いので現品修理(専門家に外注)。
先のコンデンサーも近場に社外品があったのでそれで。
一泊二日で完成、去年の仕込み分2万弱プラス今回10万弱税込ってとこですか。
当店ではたくさんかかったほうです。



IMG_5684 (1024x768)
こちらは10年前のEKワゴン。
ガス+蛍光剤チャージで患部特定は後回しの段取りでしたが
念のため空気で加圧したら盛大に「シュー―――・・・・」って100台に1台クラスの反応が。
来られたときは当然バンパーがついてるんですが
触診でどうもコンデンサーに穴あきっぽいのでその見積もりを。




IMG_5685 (1024x768)
コンプレッサーからくるホースがコンデンサーすぐそばを通るんで
こすれて穴が開かないようにクッション材が巻かさってるんですが



IMG_5687 (1024x768)
ずっと接触してるからアルミ製のコンデンサー側がこすられてやられちゃったもよう。



IMG_5688 (1024x768)
クッション材は減ったというかつぶれてるだけか。




IMG_5691 (1024x768)
距離の少ない中古採用ですが同じレイアウトだから同じようなこすれ跡が。
さすがに筒型のタンク部ではなく何本もある極薄の左右方向の通路に穴でした。
中古は念のため石鹸水で加圧テストクリア。



IMG_5692 (1024x768)
補強にはなりませんが塗装はしときました。



IMG_5693 (1024x768)
とはいえ同じに組むと同じ結果になるのもそう遠くないと思われるので
近くの柱にはりつけにして完全に離してしまいました。
そりゃホースに常にテンションがかかるのもあずましくないけど
過去ホースが切れたとか穴が開いたってのは1件しか経験ないしEKでも三菱でもないし。

こちらは初めてのご来店の日は一旦お返しして翌日着工の当日完成、3万ちょい税込。
この方は事前の打ち合わせも短時間で上手、見積もり後のGOサインも速く
そうね、ヤフオクで言う気持ちのいい取引が出来ましたってやつね。

蛇足ですが
初めての電話やご来店で何十分も熱く語っちゃうとかメールなのかチャットなのか分かんないくらい返信連打な人、
よほど合わないなと感じない限り請けないことはありませんがたぶん普通の人よりこっそり割高です。
その時間作業も事務も頭脳労働も止まってるしご相談30分¥5000-とか言えるカリスマじゃないし自分。
ただ、慣れてくるとこっちが長引かせるパターンもあるんでサッと「行くわ」と斬ってくださいますよう。



IMG_5699 (1024x768)
おかげさんでこうみえてもう4歳ちょうど(推定)



もうすぐ明けますね。

  • 2019/05/05(日) 18:37:23

連休してないのに連休疲れを感じてますが遅めに出て早めに帰ってたせいか。
結局まともに手をかけて結果を出せたのはやっぱりのこういうジャンルでした。
IMG_5656 (1024x768)
IMG_5655 (1024x768)
IMG_5654 (1024x768)
IMG_5657 (1024x768)
IMG_5666 (1024x768)
中には冷やかしっぽい話もありましたが
この仕事をさせてくれた方は下見で遮熱板を外して多数の穴・腐食を見るところまでお付き合いいただき
ご本人も納得づくのGOサイン、納車時には「当たり前かもしらんけどえらく静かになったね」と
ねぎらいの言葉ともとれる一言をくだすってこのぉ修理屋ゴロシ!って感じでした。



IMG_5673 (1024x768)
こちら自分と似たような歳の。
クランクケースとインレットマニホールド(スロットルバルブ下流)を直結してるのは単なる間違いなのか
それともクランクケースを負圧にしてオイル漏れを食い止める高等な措置なのか。
いや、現状漏れてるしオイルガンガン引っ張りそうで怖い。



IMG_5669 (1024x768)
このポーズ自体は毛づくろいでよくやるんだけど顔がどうもね。




IMG_5672 (1024x768)
うおー・・・その穴に何がいるんだーブルブル・・・
BGMその①♪トームトムトムニャーゴ↗
   その②♪カモメはーうたーうアクマのーうたーをー↘   ぶっちゃけどっちかってえとこっちだな