FC2ブログ

たまにはマニュアルどおりにやります

  • 2018/05/18(金) 19:32:28

IMG_4915 (1024x768)
E24型というやたら長命のキャラバン。
しばらく時期を伺っていたオーナーが満を持して噴射ポンプO/HのGOサインをくれました。
長命なだけにサービスマニュアルは十回以上追補版が出ていて合うのを選ぶのが大変。
これは取付位置が可変式なので噴射時期を正確に合わせてねという指示のページ。
1/1000mmレベルを要求してますがやってみると(いややる前から)どうゆうつもり?って感じです。


IMG_4910 (1024x768)
それ用のねじを外した穴にダイヤルゲージという認証工場必須アイテムで計測しますが
これは降りてるポンプだからあーそうなのーって特段感慨もない。



IMG_4912 (1024x768)
実際には腹下からセルモーターとポンプのわずかな空間にかろうじてセット。
しかもセット用アタッチメントなんてないからゲージと穴のクリアランスをOリングで詰めてなんとか固定してる。



IMG_4914 (1024x768)
さらにはクランクを回すための41mmなんてソケットはないから自主製作。
高くはないけど買ってもたぶんこの車両以外には二度と使わないし。



IMG_4913 (1024x768)
大型トラックのハブナット用ならあるいは需要があるかもしれないけど付近が狭いからラチェットハンドルも何もはめられないと思う。
そもそもここを動いたかどうかわからないくらい回しただけで1/1000どころか1/100くらいすぐ変わっちゃう。
そこをじわじわ慎重に回しながら最少リフト位置を探してゼロ点調整ののち、一旦逆回転させてから圧縮上死点まで正回転させて数字を読むというダンシングヒーローの振りを練習しといてよかったって感じの体勢を要求される。




IMG_4911 (1024x768)
もっと言えば業界で一般的なダイヤルゲージって目盛は1/100単位。
そこは人並み外れた読み取り能力とイマジネーションに妄想力でキメるから大丈夫。
ただ、仮固定した可動部を本締めしたら微妙に狂う不安があって何度も確認。
トヨタなんかはエンジンとポンプに付いてるマーク合わせればいいようにポンプ屋さんがキメてくれるからこんなことしたことはない。
試運転はいい感じでしたが暖機後にアイドル回転を微調整しようとしたら完全に付けた運転席とその下のフタをまた外さないと出来ないと発覚してちょっとブルーティアーズ。
何回もやってるからさすがに我ながら速かったけど。

決まったあとはこんなカンジ。




IMG_4907 (1024x768)
実は慣れない作業だったんで朝起きる前にすでに夢ん中で上手くいかないシュミレーションしてましたとさ。

















スポンサーサイト



札幌安くないカーエアコン修理 

  • 2018/05/11(金) 20:40:11

IMG_4860 (1024x768)
実は連休前から気の早い人がエアコン修理で来られてました。いや、決して早くないと思うけど。
お待ちいただいて、空だったラインに空気で加圧してみたらどこからか「シュー!!!」って。
コンプレッサーに付いてる圧力スイッチの、取付部じゃなく配線の刺さる金具付近からの漏れでした。
平成初期のジャガーなんとか。紙に書いてる番号が読めたのは奇跡的ですが廃盤ですって。
正規ルートでは。



IMG_4888 (1024x768)
ただ、訊いてみたらあるとこにはあるもんで
ディーラーも電装屋もやりたくないオーラ全開なので我慢してたという暗黒時代に終止符か。
念のため、一般的にはゴミだけど捨ててないインチねじのプラグで漏れだけ止めてガスチャージ。
なんと一缶目でゲージの指針に感じた異変はコンプレッサー本体の圧縮不足。
結局コンプレッサーを買うんで先のスイッチは付いてくるから不要に。
スイッチだけ買って着工してたら目も当てられなかったな。


IMG_4864 (1024x768) (1024x768)
こういう写真で先方にもうひとつ欲しい部品を説明。レシーバータンクと言う一種のフィルター。
内部からの汚れで曇ったのぞき窓のガラスがとっくに過ぎた交換時期を物語る。
その後届いた部品を交換中邪魔だから外した、去年替えたというピカピカのパイプのパッキンが
恐るべきことにエンゼルフレンチよろしく裂けてました。
締めすぎというより替えてないんだろうな。

そんなことして最終的に面倒見きれないようなインチキ工場にちょこちょこ払うのも自由ですが
その後来られるとコメントに困るので最初っからどうぞ。
ただし他と比べようはありませんが決して安くはないと思います。
直さなくても原因を特定して見積もるだけで数万円かかる場合もありますが
そういう可能性がある場合は先に言いますのでそこでやめればタダですし。



IMG_4884 (1024x768)
これはH20とそう古くもないホンダエアウエイブのコンデンサー。
ほとんどの車種でラジエーターのさらに前方についてて融雪剤を最初に浴びるレイアウト。
一部腐り落ちちゃって手が見えますがそこは放熱用のフィンなのでまあ冷えない原因でもない。



IMG_4885 (1024x768)
この筒型タンクがさっきジャガーで触れたフィルター部。
これもタダの空気の加圧テストで石鹸水がぶくぶくになって漏れが発覚。
上部の丸いフタを取るとフィルターを中身だけ替えられるしそこのパッキンが原因かもですが
大体がすっごく固いフタを回すときに本体にカシメで付いてる取付部に無理がかかって
そこにもあるパッキンが効かなくなっちゃってまたガス漏れというイタイ経験もあるので
コンデンサー丸ごとで対処。もっとも、安い社外品でも新品フィルター付きなのでお得。



IMG_4887 (1024x768)
おおむね平成3,4年より古いやつ用



IMG_4886 (1024x768)
それ以降、現行車にも使う用

と、ガスの種類によって違う機器ですが旧いほうがないから診れないという工場も多いと聞きます。
が、ボクなんか1万もしないものを使ってて何も問題ないので入庫の傾向の問題でしょう。
「診れない」という恥ずべきセリフに鈍感になることで手間の多い旧いクルマを排除するという、
商売上は健全であり高効率であるという見方も正しいと思いますがボクはそうじゃないので
そういう工場やクルマに詳しくないあなたがそう位置づけるクルマに詳しい人との付き合いが長い人は
「なんかちょっとさわるだけでやたらお金かかるとこだな」という印象をもたれるかもしれません。
責任感も危機感もない意見や見積もりをタダでしてもらっても得してないしむしろ危険です。
エアコンという分野は、まさにその最たるもので、
自分でも出来るけど面倒だから頼むというジャンルとは対極であると考えればご理解いただけるかと。

みなさんお元気ですか。

  • 2018/05/03(木) 19:23:57

IMG_4830 (1024x768)
タイトルを見て昭和を思う人は川沿いリバーサイド。
というか二週間以上サボってすみませんでした。
これは冬にサイドブレーキのワイヤーが凍結しちゃってえらい目に遭ったプレリュード。
その記事>http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-369.html
ボクは買えなかった部品をその道に明るいオーナーがアメリカから買ってくれました。



IMG_4829 (1024x768)
でもうすうす危惧してたとおり普通にはいかなかった。
この金具の穴を通るはずのワイヤーが



IMG_4828 (1024x768)
先端の金具からしてデカくて通らない。



IMG_4827 (1024x768)
ほんのちょっとなんだけど。
穴を広げるかワイヤー側の金具を削るかどっちかしないといけませんが
まず寸法を測る。



IMG_4826 (1024x768)
最終的に穴にはまるこの部分の寸法が合ってるならば
穴を広げるのは適切じゃないということになるから。
プレリュード修理の傍らに同じくなんかいるけど修理屋あるあるですんで気にすんな。



IMG_4825 (1024x768)
測った双方の寸法は合ってたので違うのはここかと。
見た目なんも変わらないレベルですが。
まあ神奈川のイカした工場のアメリカの新品は加工しなきゃつかないんだという記事で
さんざんバーチャル体験してるからそれほどショックじゃないし。



IMG_4831 (1024x768)
その人の日常、芯出しが必要な加工なんかに比べたら鼻歌まじりだこんなの。



IMG_4833 (1024x768)
とがった四隅の角をならしたくらいで終わりました。



IMG_4843 (1024x768)
他にもあるけど。
ここなんかはクランプ金具が裏返しなんじゃないかと微笑ましくすら感じます。



IMG_4844 (1024x768)
合わせ目を開けば付け替えるのはわけない。
そういうための道具じゃないけど。



IMG_4842 (1024x768)
まだ終わらない。
さっき削った先端の金具がピンで固定されてさらにロックするピンが入るんだけど



IMG_4838 (1024x768)
穴が出てこない。
ピンは挟んでも叩いてもこれ以上進まない。左右交換するんだけど見事に左右とも。
そういう精度はばらつきないのね。



IMG_4839 (1024x768)
さっき削ったとこをまた削って厚みを薄くするのは面倒だし
強度を落とす恐れがあるのでピン側に着目。



IMG_4840 (1024x768)
ロックする細いピンの付近にはなんぼも力がかかるわけじゃないので気持ち穴を広げる。



IMG_4841 (1024x768)
さっきとなんも変わらなく見えるけどピンはすんなり入るので良とする。
深追い注意。



IMG_4846 (1024x768)
別に入庫日を操っちゃいませんがこういうことはたまにあります。
ブレーキ修理で来た白いほうのオーナーの「珍しいの入ってるねー」の一言は笑えました。



IMG_4851 (768x1024)
今期は冬の風物詩であるはずのマフラー修理がぜんぜん途切れずリフトが混み合ってます。
エアコン修理もじわじわ来てますんで、初診を経ての着工というケースが多くなる、
つまり二度来ていただくことになる可能性が高いので余裕をもって打診願います。