FC2ブログ

年中無休

  • 2017/12/29(金) 18:25:51

ブログを始めてから年中無休と謳ってますが正確には
土日も祝祭日も一般的なGWやお盆もなく出勤してるということであって
さすがに大晦日は早上がりしますし元旦まで来てるわけじゃありません。
正確に書くと長くなるので常識的了見をお持ちの方々には不都合が生じないと判断のうえ書いてます。
すでにストップしてる部品供給も1/4まではダメなので
電話には出ますが緊急性のないものはそれ以降のほうが望ましいかと。



IMG_4448 (1024x768)
年内最後かもしれない仕事は懐かしのカローラⅡ。
未だ4万キロという名機5Eですが20年経とうとしているこの機にタイミングベルトのGOサイン。

まずはいちばん外のパワステベルトを外すんですがいきなり問題発生。
アジャスターのねじが固くて折れそう。



IMG_4449 (1024x768)
本来外す必要はないけど他にやりようがないからまるごとエンジンから外して



IMG_4450 (1024x768)
この際全部ばらしてねじをタップやらダイスでリフレッシュしたい。
でもこのロックナットが一番固い。



IMG_4451 (1024x768)
こんなとこで出鼻をくじかれてる場合じゃないので破壊覚悟でインパクト。



IMG_4452 (1024x768)
まあ破壊せずにばれましたが修正して使うなんて無粋なことはやめとこう。



IMG_4453 (1024x768)
こっちだけ修正して



IMG_4454 (1024x768)
こんなのはトヨタ以外でも買えそうだから持参して買い出し。



IMG_4456 (1024x768)
幸い8mmボルトはホームセンターでも1.25(イチ二―ゴー)ピッチが買えるから。
ターセルホムセン様々やわ。
これが10mmになると1.5(イチゴー)がホームセンター規格(?)らしくて
イチ二―ゴーは店を選ばないと置いてないぞ。
だけどあんなに長さや材質、はてはインチサイズまで置いてどんだけ出るんでしょうか。
余談ですがテレビではそういった状況をバラエティ豊富と言うのがあたりまえで違和感でしたが
先日どっかのBSのおねーさんがバリエーション豊富と言っててスッキリ。

ただ、頭が13mmになっちゃったけど誰も困らんべ。









IMG_4457 (1024x768)
そもそものご来店のきっかけはこの長ーい排気系の穴あきでした。



IMG_4458 (1024x768)
いわゆる蛇腹パイプの損傷。
このメッシュのなかに掃除機のホースみたいなのが入ってますが直せませんので
現物修理のときはただのパイプにすげかえちゃいます。



IMG_4459 (1024x768)
ただ今回はおそれ多くも世にいうワンオーナー。
車体のくさりも軽微でまだまだいけるということを確認のうえ思ったほど高くなかった新品採用。
フェリー欠航の情報が飛び交う中一日ずれ込むと入荷は来年という状況も打破しギリセーフ。
ご縁があったということでしょう。



IMG_4463 (1024x768)
Rマフラーとのつなぎ目のねじが固くてファイヤーせば楽勝と思ったらまさかの酸欠で青くなりましたが



IMG_4462 (1024x768)
熱を入れるため必要以上にデカいナットを電気でくっつけてしのぎました。
ホントドキドキしたわー



IMG_4455 (1024x768)
元々ボクが座ってた椅子が気に入ったようなのでしぶしぶ譲ったら
こんどは今使ってるのに乗り換えやがった・・・



IMG_4122 (1024x768)
ではみなさんまた来年よろしくお願いします。
出来たら年末年始はクルマも休ませてあげてください。












スポンサーサイト



構造変更

  • 2017/12/20(水) 19:34:28


IMG_4446 (1024x768)
8人乗りのグランビアの3列目シートを外しちゃって



IMG_4439 (1024x768)
貨物車に変えました。
けっこうめんどくさそうな加工をコンパネに施して敷いたのは理由があります。



IMG_4440 (1024x768)
大幅にスライド可能なシートを外したあとには、ステーが10cm程度出っ張って残るから。
逆手にとってそこにコンパネを固定するステーを追加してやったもんね。
カーペットをはぐってカーテンレールみたいなやつ丸ごと外す手もあるけど余計面倒だから。

そのまま受験すると、こんなの出っ張ってると荷台とは言えないよね?といじめられちゃいます。
つまり、貨物に変更して課税面で優遇されながらシート戻しちゃうんじゃないのー?と疑われてるわけです。
コンパネ固定しないで置いただけでも同じ。ちゃんとさりげなく動かしてみてる。
逆にちゃんとやって気合を見せとくと「あいかわらずちゃんとしてやがるぜ」からの「こいつはだいじょぶだべ」へ。であってほしい。
「ここは対処しないと不合格かも」って言っても「持ってってみて」と言う人もいますが
やっぱりダメな場合出直す手間は言うまでもなく、「いい加減な工場」という検査員の印象は後を引くかもしれません。
われわれ整備事業者と国の検査機関の間にも一種の信頼関係があると思うのです。



IMG_4441 (1024x768)
本来自由にリクライニングしたりフラットにもなるし回転シートでもある造りですが
それらは無効化しなきゃ貨物としては認めてもらえませんのでそういう仕込みを入れてあります。
昔は外したシート用のベルトまで撤去を求められてチョー面倒だった。





IMG_4443 (1024x768)

IMG_4445 (1024x768)

今思えばあえてタイヤハウスの高さまで底上げして面倒な加工を避ける手もあったか。
床下も収納スペースでーす♪とか言って。むしろ使い道が広がるかも。
まーでも高さ30cmとなると基礎をしっかり作らないとアレだし結局ラクではないな。

ちなみにこれ、業者さんからの決定事項としてのオーダーだったからやりましたが
お客さん直接の場合は多分やりません。
節税だけが目的ならそれこそあとで元に戻しちゃう可能性大だし
そもそも多くの人は上がっちゃう任意保険料やら毎年になる車検の手間と費用を考えたら言うほどお得か?
なんでもいいから4ナンバーや1ナンバーになればいいという話ならまずやりません。
そのかわり、「こういう風に使いたいからこうしたい」てことなら積極的にご協力します。









IMG_4442 (1024x768)
けっこう切ったんで床がわや。写真じゃソフトに見えるけど。




IMG_4447 (1024x768)
ほらー靴底にくっついて事務所もわや。
木工はド素人というのがバレバレだな。
鉄工だってプロというわけじゃないけど切削クズはすぐ掃くのにね。



IMG_4434 (1024x768)
どうも。夏八木 勲 です。(いい意味で。)

SSTが足らなくて。

  • 2017/12/13(水) 07:55:35

ポケベルが鳴らなくて風に無理してみましたが
世代が合っても知らない人だっているだろうし完全にオヤジひとりよがりだな。



IMG_4423 (1024x768)
BMWミニのクランクシールオイル漏れ修理なんですが
メインイベントはベルトの脱着。
この穴に専用工具(SST=スペシャルサービスツール)をはめてばねを縮めるんですな。
そんなの持ってないし買うにしても届くまで恋が待ちぼうけするのは悲しい。
バブル期に勤めてた会社ではオジサマ方が特殊工具を略して特工と呼んでました。
特攻を思わせる響きを好むような人種が混じってたのかもしれない。




IMG_4432 (1024x768)
初号機はいまひとつで改良してこんな感じになりました。



IMG_4424 (1024x768)
普通に正対して見るとフレームの陰ですき間も2cm程度しかありません。



IMG_4429 (1024x768)
これ、セットしたとこですが
クランクプーリーが出っ張ってるのでこの曲りが必要。
ま、取っといたなんかのブラケットがそういう曲りだったんでごちになりました。



IMG_4427 (1024x768)
こんな感じ。




IMG_4430 (1024x768)
動かすときはこう。
このハンドル、長いやつなんですがパイプも併用しないと腕プルプルですわ。
六角とか四角の普通の工具用の穴とか出っ張りとかつけたらいいのにね。
そんなに金型のコスト違うんだろうか。言うほど違わないだろうに。




IMG_4425 (1024x768)
ばねを縮めると中の鉄板に空いてる穴でロック出来るっぽいのは気付いてましたが
無視して途中までやったらやっぱりロックしないとベルトが出てこないしつけられませんでした。
もう10年選手。ゴムが切れるといけないのでクランクプーリーも、ベルトもやってやったぜフウ。

念のためですがSSTを買わずに作ったからって他より割安じゃありません。
すでに持ってたとしても同じことです。
リフトや溶接機、もっといえば屋内と言う作業環境ですら投資そしてメンテナンスが伴います。
さらに5分で済む作業だってやる人がやってこその5分かもしれないので¥500-とはならないのです。



IMG_4420 (1024x768)
来たなおじゃま虫。なんか狙ってるし。



IMG_4422 (1024x768)
ねえ、喰っていい?

オウ?喰え喰え。



IMG_4413 (1024x768)
獲ったど。



IMG_4414 (1024x768)
はっツ!?




IMG_4415 (1024x768)
なんかちがう・・・















整備工場・冬の風物詩

  • 2017/12/05(火) 18:04:21

IMG_4393 (1024x768)
何が何だかわからないかもしれませんが
駐車中サイドブレーキのワイヤーが凍って戻らなくなり気温が上がって動くようになったけどこんどは
戻した状態で凍って引けなくなったというプレリュードのそのワイヤーを外したのを
「解氷ブース」と言う名の排油ストーブコーナーで暖めてます。



IMG_4408 (1024x768)
まあまあ売れたH5年車ですが部品は意外にも生産中止ですって。
そういうときは普通に考えればこの昭和の大発明「ワイヤーインジェクター」ですが
サイズがバイクのクラッチとか用だし買ったの多分昭和の上野のケンツとかだし。
もしかしてもうバイク街もケンツもないんですか?



IMG_4406 (1024x768)
しょうがないんでこの中古エンジンにオイルやクーラント垂れ防止についてくるキャップでオイラー製作。



IMG_4405 (1024x768)
パッキン製作用に各サイズ買っといた穴あけポンチで。



IMG_4389 (1024x768)
こうしてエンジンオイルを。



IMG_4395 (1024x768)
わずか数分後。おっ!なくなってる。



IMG_4391 (1024x768)
繰り返すこと数回。よしよし。見えませんが新油とは思えない汚れたオイルに水と思われるちっちゃい玉も多少。




IMG_4407 (1024x768)
歳を重ねるごとに手組みはやってらんなくなってきてついに買ったコレ。
実は最初はこれでデカい金具をかわしてキャリパー側末端にキャップを挿入しましたが
オイルは全く入らなかったんですよ。
あれだ、痛みのない室内側からある程度入ったオイルの重さがプレッシャーとなって通じたんだな。




IMG_4394 (1024x768)
調子に乗ってガンガン流してやりました。



IMG_4396 (1024x768)
タンクが空になる前に末端を上げてオイルを保持。
そもそも凍ったのはキャリパー側末端のブーツ切れのせいなんで
さっきと同じ方法でキャップを製作、せめてものダメ押しでラバーグリスも詰めて車両へ。

でもこれでいつまでもってわけにはいかないから
品番でHITした海外通販のをその筋の経験があるオーナーに委ねました。

他、マフラーにたまった水が凍って始動出来ないなんてのはともかく
毎年ワイパーモーターやそのリンクを壊しちゃうって、防ぎようがある事例がありますんでお気を付けください。
いつもリモコンでかけてる人がワイパーを動かしたまま(特に間欠位置で)エンジン止めたとかがありがちです。
多くのクルマはワイパー前後とも、またウオッシャーも一個のヒューズ共用ですんで
例えば濃度不足でウオッシャー液が凍ってるときに出そうとしてヒューズ切れ→ワイパーまで不動とかあり得ます。
ウオッシャー液入れたか?タイヤ空気入ってるか?ワイパーOFFしろよ!



IMG_4397 (1024x768)
チョイ触れ出来るお供があるとお昼寝が長いです。