FC2ブログ

KEI ワゴンR等々スズキの仲間たち Fロアアームの悲劇

  • 2017/10/27(金) 18:57:00

IMG_4186 (1024x768)
スズキの軽は大昔から似たような足回りになってまして
写真右端の黒いゴムブーツの中のボールジョイントという関節部にガタが出ます。

写ってませんがさらに右にはタイヤがついてまして
ここが軸となって左右に向きを変えるので大事です。

ガタがデカいとバスケの試合中ボールが来てピボットで周囲を伺おうにも
軸足のシューズのひもがダルダルになってるやないかーい!的な。



IMG_4185 (1024x768)
作業は楽しくはないけどまあたいしたことない。
ここのボルトが普通に緩めば。
でも近年の軽は10年15年使えちゃうから
こんな修理しなきゃさわらないとこは固着率が年々アップ。



IMG_4188 (1024x768)
諦めずに回して折っちゃうと直せるかどうか超不安。
相手のネジはフレームという交換が効かない構造物の密室内に閉じ込められてるから。



IMG_4187 (1024x768)
別にこんなとこにミッキーだかクマさんのワンポイントで自己主張したいわけじゃない。



IMG_4189 (1024x768)
固着を解くために直火を当てたいがための苦肉の策。



IMG_4196 (1024x768)
これも初めてのことじゃないから頭真っ白ってこともないけど
ねじは緩んだけどボルトが通ってるカラーなんていうパイプとも固着してる二重苦。
カラーはフレームのボルト穴より太いからボルトと固着してる以上
絶対にこれ以上分解出来ないの。



IMG_4190 (1024x768)
前後するけどそのカラーは替えたいロアアームの中に入ってて見えもしないの。
だからまずロアアームを切り裂いて



IMG_4195 (1024x768)
どかして



IMG_4197 (1024x768)
カラーをがっつり火で炙って固着を解くんだけど
どかしたロアアームとカラーの間に分厚くくっついてるゴムブッシュは
事前に刃物でこそぎとらないと炎をあげて燃えるし臭いから重要な工程。

そこまでしてミッションに当って抜けないのか!?
と初めて想定してない事態かと震えましたが
マウントのゴムのたわみ分だけのミッション移動で済んでホッ。



IMG_4199 (1024x768)
このオープンな環境でヒビのあるドライブシャフトブーツも対処だぜ♪
と、終わりが見えた気がしたのもつかの間
どうやってもハブからアウタージョイントが抜けないという三重苦。
控えめなファイヤーでもベアリングのグリスのかほりが感じられたので
割れブーツに逃げました。深追いはいけません。

(趣味でない)古いクルマの場合、修理代が大きくなることはすなわち本末転倒ですから。
ま、このKEIは僕のですけど。



IMG_4201 (1024x768)
IMG_4202 (1024x768)
安心してください。埋めてますよ。



IMG_4311 (1024x768)
新技。死んだ昆虫のポーズ。







スポンサーサイト



クラウン・マークX・レクサスなんかのマフラー

  • 2017/10/17(火) 19:17:28

IMG_4287 (1024x768)
クラウン・マークX・レクサスあたりのV6エンジンのマフラー穴あき修理の話が増えてる気がします。
4GRなんてエンジンを積んでる、だいたい10年過ぎたころの車種ですが
トヨタはクルマの型式にエンジン型式の一部を入れる決まりでして
GRSとかGRXとかGSEなにがしというふうに。これはGSE25の終わった状態。



IMG_4273 (1024x768)
こういうカバーで覆われてて、はぐってみないとどんだけ痛んでるのかわかりません。
なのでいつも金額設定に困りますが、簡易的に音の大きさとかで予想することが多いです。
新品部品採用だと工賃入れて15万くらいなので、現物修理だと過去最も高くてその半分くらい。




IMG_4276 (1024x768)

IMG_4275 (1024x768)

IMG_4274 (1024x768)

こんなに穴だらけって感じの音には聞こえなかったんですが。



IMG_4281 (1024x768)
ハンマーで打診して弱った部位を絞り込んだうえ、広めに補強して穴ごと塞ぎます。
想像してたより範囲が大きかったけれど、どこもグラついてないのは好条件。
最初からクルマから外して修理できるから。



IMG_4280 (1024x768)
なんか、楽なドライブシャフトブーツみたいのを自作してくっつけました。



IMG_4282 (1024x768)
見積もり甘かったけど約束してたので税込¥43200-。
それが高いか安いかはどれだけもってくれるかで決まると思います。
つまり、ひと月ふたつきでそれについて語るのは無意味。
いってみれば「修理」という買い物においてはみんなそうか。



IMG_4285 (768x1024)
オーディション用。出ないけど。



ブレーキあるある

  • 2017/10/09(月) 18:50:07

IMG_4229 (1024x768)

ブレーキペダルの向こう側、エンジンルームに付いてるマスターバッグ。
エンジンが発生させる負圧を利用して、軽く踏んでも止まれるようにする装置です。
「軽くって、けっこう踏んで止まってるぞ?」
と思われるかもしれませんが
その昔、これがない60年代とかのクルマを知らなければまあそうでしょう。
現代が「けっこう」だとしたら「思いっきり」踏まないと止まれません。

ブレーキ油で塗装がふやけて、水でブラッシングしただけでこんなにはがれちゃったんですが
放置するとブレーキ油が侵入してマスターバッグまで壊れたのも見たことあります。
付いてるのが壊れると、付いてないの以上に踏まないと効かないという説が有力です。



IMG_4231 (1024x768)
これ、マスターシリンダーという、ペダルの力を油圧として各輪ブレーキへ送る一種のポンプ。
これがさっきのに刺さってるんですがここから漏れるとだいたいがああいう結果になるの。



IMG_4232 (1024x768)
塗装がないと錆びちゃうから塗っときたい。
外すのは手間だけど余計なとこが黒くなるとカッコ悪いので養生。



IMG_4234 (1024x768)
テラッテラに厚塗りしてやったぜ。



IMG_4236 (1024x768)
てのはそれはそれでカッコ悪いから乾けば元のに近い艶消しで塗ってます。
ご自分でワイパーアームなんか塗るときも、お店で艶無しとか艶消しという黒が売ってますんでどうぞ。



IMG_4230 (1024x768)
ま、こんな奥だから騒ぐほど目立ちませんが。



IMG_4239 (1024x768)
ドラムブレーキあるある。
真ん中の穴とハブの付近が錆びてドラムが抜けないときは
そんなときのためのネジ穴にボルトをねじこんで抜きますが



IMG_4238 (1024x768)
ねじ込んだボルトは奥のハブに当ってむりくり回されるので
先がつぶれてしまって、反対側のドラムにも使おうとするとネジが噛まないのもまたあるある。
なのでちょい加工して何度も使うちょっとねちっこいボク。
先に雄ねじ修正用のダイスを仕込んどけばストレスフリー。



IMG_4251 (1024x768)
多くのクルマに付いてる片押しキャリパーの場合
ピストン側のパッドが先に減るのはある程度しょうがないんですが
さすがにここまでだとちょっと見過ごせません。



IMG_4248 (1024x768)
赤いとこが本来あるべきディスクの肌、光ってる状態。
他は錆びてザラザラの肌、いわばパッドにとってはやすり状態。
これはなぜなのか分かりませんが、外側がきれいでも内側がこうなってるケースが多く
オーナーが全く自覚してないことがほとんどで、告知に神経をつかいます。
この6発レガシーのオーナーは自ら異音にお気づきで「良く診ろ」とのご指示でスムースでしたが。


ただ気を付けるべきは、上記全ての状態で車検は合格しちゃいますので
直さない場合は覚えておいてそのときに備えていただくということ。



IMG_4257 (1024x768)
これはもう限界を超えてパッドの土台(金属)とディスク(金属)がこすれて「ザー!」ってなってたミラ。
近く乗りかえるから乗ってていいかと電話がありましたが聴いたことない音だと言うので強制召喚。



IMG_4255 (1024x768)
移転のごたごたでも捨てなかった重てえ箱複数。



IMG_4256 (1024x768)
引きずりで二枚だけダメになったやつなんかを取っておいたのは
年中無休を謳ってるから部品屋さんが休みの日にもせめて応急処置するためで
今回はその目的とは違うけれどお得意さんだからと一応見る。



IMG_4259 (1024x768)
自分で書いたと思われる車種はEKワゴンだが印刷はミラっぽい。



IMG_4258 (1024x768)
合った。しかも内外異型の欲しいほうだけ入ってた。
近く乗りかえるそうなのでやられて間もない、しかもフィンなしソリッドのディスクは研磨で対処。
なんてラッキーボーイ。オレもオーナーもおじさんだけど。



IMG_4267 (1024x768)
こういう頭の怪獣いたよね。
意外に思われるかもしれませんが、こういう正面アップの猫撮影は難しいんです。



IMG_4268 (1024x768)
高さを合わすためしゃがんで距離を詰めようとするとあっちから突進してきて



IMG_4264 (1024x768)
ちょい触れで陣取るから。



IMG_4270 (1024x768)
そして始まる尻尾しばき。付近の小石も飛ぶ勢い。




















出来そうにないので

  • 2017/10/01(日) 19:04:24

作業の感じから言ってちゃんとした記事が書けそうにないので猫で濁させてください。
過去ちゃんとしたかどうかは別として。



IMG_4228 (1024x768)
IMG_4227 (1024x768)
IMG_4226 (1024x768)
IMG_4224 (1024x768)
IMG_4221 (1024x768)
IMG_4222 (1024x768)
IMG_4225 (1024x768)
・・・失礼します。