自動車整備はピンチと解決の繰り返し。

  • 2017/05/29(月) 10:55:44

自動車整備じゃなくてもそうですが。
もっといえば人生全般においてそうですが。
ただ、歳を重ねるにつれ確実に、かつてピンチと感じたような不都合をそれほどヤバく感じなくなる。
子供のころなんかと比べるとその差は笑っちゃうほどだ。

どうにかして、そんなふうに人は自然にバージョンアップしてくもんだと伝えられないかねとニュースを見るたび思うんだけど
思い起こせば子供のころは、大人が昔は子供だったなんてウソとまでは思わないにしても
ほぼ江戸時代とかの史実みたいにまるで身近じゃない話だし一日という時間も長かった。
かわいい事件が自分を世界で一番不幸だと勘違いさせたし
逆に誰かが渦中の人になるとそれが自分じゃないということがなんかうれしかった。
正に、人の不幸は蜜の味。

子供社会で起こる信じがたい集団行動は結局それが根底にあると思うし
「寄らば大樹の陰」というのも加わってたちが悪くなる。
前のほうは正直今も自分にあるけど後のは意識としては昔から嫌い。
国の行く末を議論する場においても大人が似たようなことをやってるのをみると
どうしても人間の思考から外しようのない性なんだろうな。

だいぶ前のドラマで草彅くん扮する先生が「孤独になる勇気を」って。
全部観てないけど、正しいことを言って集団の中で孤立するのを恐れるな、自分を殺して飲み込まれるなというような意味で
モンスターペアレントという言葉が出るか出ないかの時代背景もあって
すでにいい大人だった自分はドラマそのものよりも企画してGOサインを出した偉い人たちをカッコイイと思ったもんです。
広い意味でそういう仕事ができる大人でありたい。



IMG_3788 (1024x768)
4輪アライメントに出して限度内だってんだけどどう見ても足の向きが変だから診てくれと。
上のはまともな中古。




IMG_3790 (1024x768)
どうしてこうなっちゃったんだか理解不能。
自分はアルミ合金をくっつける設備も経験もないけどそれにしても。
かろうじて限度内におさまったという調整結果のリポートから読み取れるのはその数字よりも何とも言えぬ悲哀。




IMG_3794 (1024x768)
煙を吐くミラはやっとピストンがついてその後エンジンがかかりました。
オイル消費による煙の場合、いわゆるオイル上がり/下がりのどっちかあるいは両方がありますが
判別方法として習った「吹かして出るのは上がり/戻して出るのは下がり」というのは
ウソじゃありませんが不親切です。どっちでも吹かしたら出ますんで。


IMG_3795 (768x1024)
ピストンリング回りが原因の「上がり」と思われたので添加剤での改善も期待出来ましたが
そんなに待てないとわがままを言うので替えました。
ヘッド側もやれと貪欲なのでバルブのシールも替えました。
残念ながらピストンはもう買えませんでしたが。



IMG_3796 (1024x768)
ピストンリングってのはピストンひとつにいっぱい付いてます。
トップ・セカンド・サード(=オイルリング)とありますが
写真は分割式サードリングの構成内容。
上の二個に比べてヘナヘナに薄くて柔らかく張りも弱いので汚れてピストンの溝でおとなしくなっちゃいます。
3気筒中二つは完全にねっぱっちゃってさぼってました。
が、エンジン運転に大事なのはトップ・セカンドの二個なので現車も普通に始動して普通に走れてました。
ちなみに、そうなってるであろうと見受けられるクルマ、けっこう走ってます。
車検の受験にも来てて検査場を煙らせてますがある程度までは普通に合格しちゃってます。
車検通ったから大丈夫ではないというほんの一例です。



IMG_3804 (1024x768)
ついでにやった予防措置やらなんやらはもう書くのも面倒な数ですが







IMG_3797 (1024x768)
してやったりだったのはコレ。サーモスタット。
独特の構造がどんな仕事をしてるのかわかりませんが
暖機が速まるかヒーターがあったかくなるか厳寒期のATのショックが軽くなるか
なんか変わるでしょう。



17528.jpg
日が出ると人をたたき起こしてまたグーグーグー



175291.jpg
VIP待遇でご出勤



IMG_3800 (1024x768)
ご近所さんの出勤状況を監視(?)
轢かれたり消えたりすんなよなー



























スポンサーサイト

エアコン修理について

  • 2017/05/21(日) 19:45:50

すでに何台か来られてシーズンインを感じるエアコン修理ですが
お問い合わせいただく前に申し上げといたほうが親切だろうと思うので書きます。

①見積もりだけでもタダじゃありません。
 信頼性の高い、予算を組む材料として用いるのに値する内容を提示するとなると
 実は修理決行時の半分くらい作業をすすめなければなりません。
 ガスと蛍光剤を入れて一旦お返しするだけでも¥12000~¥14000程度かかります。
 

②来られたその場ではほぼ終わりません。
 修理する場合はもちろん、見積もりだけでもです。
 なんぼ短くても2時間程度お預かりする必要があります。
 修理の予定がないガスチャージだけなら他へどうぞ。


③いちど修理して冷えるようになっても万全ではありません。
 クルマに使われるあらゆる流体のなかで、エアコンガスは最も高圧になります。
 熱いときキャップを開けると「ブシューッ!!」と吹き出す危険度MAXのイメージのラジエーター。
 作動中のエアコンガスの圧はその10倍以上まで上がります。エンジン停止中も真夏だと5倍。
 そのラインのほとんどが外にむき出しでついてて融雪剤にもさらされる。
 極端に言えば、エアコン修理は一時の快適さを得るための贅沢な出費です。

以上、もう誰も来てくれないんじゃないかと思いながらも正直に書きました。



IMG_3783 (1024x768)
とはいえエアコン修理屋じゃないのでこんなのも来る。
ま、やるこたぁクラッチ交換だけどミッションがデカい。



IMG_3775 (1024x768)
こういうものは自分がそういうモードになってるうちに終わらせるのが吉。

が、レリーズベアリングを外すときチャリーンてなんか出てきた。



IMG_3776 (768x1024)
折れてやんの・・・
フォークの支点となる頭がボール状のピボットのねじ部が・・・



IMG_3778 (1024x768)
当初ツライチだった最悪の状況から穴開けようとしたら
歯が切れなくなってドリルの回転でさらにねじ込まれました。
喜ばしい事態です。固着などないという証明。
なのでこういうとき用のタガネで地道な彫刻作業。



IMG_3779 (1024x768)
こんなちっこいタガネ売ってるかどうかは知らんけど
ちゃんとした六角レンチを惜しげもなく改造すれば使えます。
最近まるでないですがかつてはあまりはっきり言いたくないとこに使いました。



IMG_3781 (768x1024)
とれたけど部品は月曜だってさ・・・あー、これ金曜の話ね・・・
さすがにこんなの溶接して使うことはないです。安いんで。
もうオレのモードは解除、リフトは封鎖。



IMG_3784 (1024x768)
こっちはモードに入ったり出たりで気が気じゃないし。



IMG_3786 (1024x768)
暑い日の猫のいる位置に寝てみると涼しい。


















 
 

デジタルゥはカッシオ♪

  • 2017/05/14(日) 16:55:07

別にそういう内容の話じゃないんですが
トランジスターの勉強してたら、トランジスターとレジスターとダイオードとコンデンサーだけの回路だとそっち業界ではアナログ回路ってことになるらしく
多少頑張っても所詮おりゃアナログ世代さってちょっとがっかりしてたらなんか百恵ちゃんの歌が浮かんだんで。
山口百恵さんと書くことに違和感を感じる時点で少なくともデジタルじゃねーな。



IMG_3756 (1024x768)
レガシー。正しくはレガシィ。そういうとこがイラッとくるスバル。
ブレーキングでハンドルに振動がくるってことで試運転したら
ハンドルというよりは車体全体って感じでした。
ロアアームのゴムが見た目で怪しいし前回の車検の記録簿にすでに私が「ヒビあり」とか書いてました。
 
↑これは終わったほうね。



IMG_3757 (1024x768)
こっちはやる前ね。
ここがあんまり動いちゃうとタイヤの向きがハンドルとは無関係に定まらないから
ハンドルや車体(具体的には背中やおしり)に振動が出るんだと思う。
ちなみに正確にはロアアームとは呼ばないらしい。トランスバースリンク。そういうとこがイラッとくるスバル。
でも乗ってる人のせいじゃないのでちゃんとやってますよ。



IMG_3758 (768x1024)
クルマに付くとひねられてるので極端に再現するとこう。
ヒビもだけどあらかた剥がれかけてるのか裂けてるのか。



IMG_3763 (1024x768)
なまくらプレスのシリンダーがなんか垂直じゃないとおもったら
油圧パワーでフレームがつぶれてたので作業中に補強するという手痛いトラブル。



IMG_3762 (768x1024)
もう一個のちっちゃいほうのブッシュがやりづらい。
目がテンのキレイなおねえさんに押さえてほしい。
この手の仕事はなんだかスバルばっかだな。
キャナガワのBボーイに教わった治具でストレスフリーだが。

ついでにブレーキディスクも研磨したんで全く振動はなくなりました。
同時にやったんでどっちが原因だったかなんて知りません。
ウソ。ブレーキが蓄音機の針で、ブッシュがラッパだったということでしょう。
つまり音源とアンプ。異音も振動もほぼそういうシステムで人が感じるそうです。
私としては振動より気になったスタビのガツガツ音も直してもうスバルじゃないみたい新車みたい。



IMG_3765 (1024x768)
最近執拗にブロックしてるせいか殺到しなくなったマフラー修理。
この程度の対処は出来ますんでどうぞ。



IMG_3766 (768x1024)
まともにやろうとするとマフラーとその前のパイプの接続金具が双方ダメだから
20年落ちの中古車くらい買えちゃいますんで金具は廃止しちゃいました。
二つの部品をくっつけちゃうんで、のちにマフラーだけ交換したくても出来ません。普通には。
まあ今回と同じやり方で同じ技能を持つ工場でなら出来るし許可はもらったんで。



IMG_3764 (768x1024)
前にも出たけどメーカーとしてはわざわざ電気溶接用を想定したアースポイントも用意してくれてるわけだし。



IMG_3767 (1024x768)
ちゃんと塗装もします。



IMG_3771 (1024x768)
左右出しだからバンパーとの関係も気を遣って合わせます。
ちなみにただなんとなくくっつけると100%あっちゃ向きます。
でも普通こんなローアングルから見ることはないから



IMG_3772 (1024x768)
普通に立って見たときの見た目のほうが実は重要。
先輩が言ってました。寸法が正確に合ってるとかより結局は見た目が大事だ。

ただしワンオフとか向きがどうたらとかめんどくさいのはやりませんのでくれぐれも電話しないように。



IMG_3745 (1024x768)
いちどこうなったら自分から降りることはないので専用の場所に寝かせるんですが



IMG_3759 (1024x768)
しばらくして見るとほぼ100%オレの椅子に戻っとる・・・
生死レベルでは人間よりよっぽど寒さに強いはずだが
最近ぶりかえした低温下ではおふとんもまんざらじゃないようだ。









すっかりハマってたGWでした。

  • 2017/05/08(月) 09:20:05

IMG_3744 (1024x768)
平成ひとけたのミラ。
シフトロックが動かない。
つまり一度Pに入れるといちいち解除ボタンを押さないとシフト出来ない。
不便すぎる。

回路図はまああっさりしてるほうですが



IMG_3741 (1024x768)
シフトレバーすぐ近くのコントローラーなるもののカプラーが見つからないから
絨毯に手をつっこんで探ったら運転席下まで線が伸びてるじゃない。
こりゃアレだ、マニュアルミッション車と室内ハーネスを共通化させる都合上
部品側の配線を異常に長くしたっぽい時代背景を物語る設計かもね。



IMG_3740 (768x1024)
整備書の指示通りに全部の線を診たけれど特に異常なし。
唯一おかしいのはロック解除用のソレノイドってまあ電磁石に来るべき電気が来ないってそのまんまだ。
事前にそのソレノイドが生産中止てのはわかってたけど
別に他のを流用するのもそんなに大変じゃないから余裕こいてたのに
単体点検するとそいつは動いてる。最悪だ。

しょうがないから作動の一番のきっかけとなるストップランプスイッチからの入力を追うと
すぐにダイオードを介してトランジスターに入ってる。
さらに通電状態を追うべくLED式の検電をいろんなとこに当てたら
ソレノイドがカチャカチャ動くポイントがあるじゃない。
これはアレだ、最終的な出力はベースをアースして動くPNP型トランジスターでやっててそれは生きてる。
つまり検電でベースがアースされて動いてる。
となるとストップランプスイッチからのプラス電源で動くであろうトランジスターは逆作動のNPN型だ。
言っとくがここまで書くためにというか理解するために
1時間かけてトランジスターの基礎を勉強し直してるぜハニー。

なぜか同品番のトランジスターのデータシートがネット上で見つかったしいー



IMG_3743 (768x1024)
その気で見たらそのトランジスター、なんか足が焼けてるしいー
あんなにルーペではんだ切れとか見たのにね・・・



IMG_3754 (768x1024)
ま、そっちはあとでどうにかできるでしょ。

このクルマ、本題はこっちだから・・・フゥ~・・・


IMG_3751 (1024x768)

寝ぐせと冬毛の抜けがすごいです。