センスと才能

  • 2017/04/30(日) 18:40:39

センスというのを才能と訳すこともあるようですが
センスを磨くとは言うけれど才能というと持って生まれたという印象が強くて磨くとは言わない。
映画の「シックスセンス」が五感に続く第六感ならばこの場合は「感覚」なんだろうけども。

いろんな分野で「センスがいいよね」というほめ方を使うけれど
逆に、任せるって言われて弁当とか買って帰って「てめセンス最悪だな」という使い方もするわな。
結局、「発想する能力」とでもいいましょうか。「ひらめく能力」でもいいかも。
能力ってのは才能と違ってある程度磨いて向上させることが出来る。やった。


何につなげようとしてるのかってーと
この仕事してると「ひでーセンスだな」という現場によく遭遇するってことで。

それは例えばなんかの部品をつけるボルトとナットとワッシャーがあるとして
整備の都合で外して元に戻すときナットとワッシャーは裏返しでもついたりするわけ。
全く気にしないと元ついてたときのキズやなんかの形跡が明らかに逆だったり元通りだったり
何も考えてないんじゃねーのかと見えてしまうわけ。

もっとも締まってれば機能的には問題は起きないけど
いつもそれでいざ裏表や向きが重要な部分を触るとき果たして急に真剣になるのかと。
その部下後輩も気にしないとしたらもう負の遺産ってやつだ。
今更ながらそこらへんに超うるさい先輩に教わってよかったと思うオジサンです。



IMG_3702 (1024x768)
せっかくなんでネジの話題。
パーツクリーナーもいいですがイライラするんで一発洗浄してます。
お米なんかにも使えるんじゃないでしょうか奥さん。
あ、そうですか?そっちが元ネタですか。



IMG_3703 (1024x768)
エアブローしてもどっかに飛んでく心配もなし。



IMG_3701 (1024x768)
また液体パッキン使うのは確かなんですが
古いのは除去したいお年頃。



IMG_3699 (768x1024)
こんな開いたスプリングワッシャーはさすがのボクも捨てます。



IMG_3714 (768x1024)
なんだかワイパーが端っこまで行かないからイラッとするそうです。



IMG_3720 (1024x768)
じゃあアームをずらしてOK!てのも一案ですが停止位置も上に上がっちゃってセンスを疑われちゃうので
リンクを摘出したら樹脂製のグロメットが一個リンクからばらけちゃってました。
どういう製法なのか知りませんが挟んで溶着してあったような。




IMG_3719 (1024x768)
モーターのアームがささるとこです。
本来グロメットが無事ならこういうふうにモーターが回っても常にリンクとの関係は同じですが



IMG_3718 (1024x768)
リンクの穴より大きいグロメットにはまってるから外れはしないものの
グロメットがリンクとくっついてないのでロスが生じてしまいます。



IMG_3717 (1024x768)
当然反対方向にもロスが出るので合わせて推定1センチくらいか。
リンクの長さの比率からいって末端のワイパーまでいくともっとロスがあるんでしょう。



IMG_3721 (1024x768)
グロメットには段がついててリンクの穴に収まってさえいればずれることはないので
ずっと押さえといてもらうべく金具を製作しました。



IMG_3723 (1024x768)
それほど複雑でもないけれど、ペラペラの鉄板じゃ不安なのでキュッキュッとは曲がらない。



IMG_3722 (1024x768)
先端部はハメ込み式でこうなります。
反対側が浮いてるのには意味があります。



IMG_3728 (1024x768)
ぐっと押さえつけた状態で固定したいから。



IMG_3726 (768x1024)
素材はなんかのサイドスポイラーのステーだったと思う。
だから一部不自然なプレスが残ってる。気にすんな。



IMG_3727 (1024x768)
わざわざ穴の開いた素材を使ったのはモーターのピボットがチョイ出っ張るから。



IMG_3731 (1024x768)
言っとくけどもう部品売ってないから。
将来の改造に備えて寸法採っとく。エライ悲観的だな。いや、前向きなんだ。



IMG_3709 (768x1024)
お腹を見せるのは信頼の証などと言われますが
この状態で手を出すとだいたい流血します。


























スポンサーサイト

オレがやらなきゃ誰がやる

  • 2017/04/23(日) 12:57:10

IMG_3658 (1024x768)

往年のバハ。サイドスタンドが折れたからバイク屋へ行ったら修理不能だと非情な宣告だそうで。




IMG_3657 (768x1024)
スタンド本体じゃなくフレームのブラケットごともってかれたんですな。



IMG_3656 (768x1024)
まあ近くには溶接の火で燃えそうなものがあるわあるわ。



IMG_3660 (768x1024)
まず、このフィンのついた四角い箱、レギュレートレクチファイヤとかいうのを養生。



IMG_3661 (768x1024)
念のため外してみたアース線と思われたものはなんだか絶縁されてる。ハズシたか。



IMG_3662 (1024x768)
もう面倒なのでシート下まで行ってるカプラーを全部抜く。
その前にシート外すのがロードバイクと違って超面倒。
いつまでも余計なことやってるように見えますが実は余計かもしれません。
でもね、過去に電気溶接が原因かもしれない故障を経験したんで。
バッテリーレスだし。いまどきのキャブレスだとなおさらだ。



IMG_3664 (1024x768)
ゴム貼りのチェーンガイド撤去はマスト。



IMG_3666 (768x1024)
キャブのオーバーフローチューブやらもどける。
一番太いホースはキャップを抜いたらオイルどばー。
ただのホースに見えてキャッチタンクと化していた。
自分のバイクのだって抜いたことないもんな。



IMG_3667 (1024x768)
どけるもんはどけたが油汚れも洗っとかないと心配で気が散る。



IMG_3669 (768x1024)
んなとこだ。



IMG_3668 (768x1024)
イケてるおあにいさんおあねえさんは覚えてると思うが
電気溶接は接触・通電が命。心苦しいが塗装は削る。
まあなんもしなくても火が飛んだら燃えちゃうけどね。



IMG_3670 (1024x768)
ちょっとだけくっつけてスイングアームや後ステップとのクリアランス検証。



IMG_3677 (1024x768)
補強のステーを追加するつもりでしたがスペースが無さすぎて断念。
もうくっついてるのに上から肉盛り3発ほどかましました。
カッコ悪いんで積極的にはやりたくないことですが。



IMG_3676 (768x1024)
当然表側だけじゃもつわけないので裏側もくっつける。
さっきよけたホースが通る二個のループが邪魔なこと・・・
あとで気付いたけどこんなの切り落としてもよかったんじゃないかとorz



IMG_3678 (1024x768)
石はねなんかからシャシの傷つきを防ぐチッピングコートのホワイトバージョンを持ってたんで惜しげもなくおごる。
言うほど量は使うはずもないが。



IMG_3680 (768x1024)
やっと自立の春を迎えました。¥32400-税込だとよ。
タイヤ二個少ないからって容赦しねーぞ。



IMG_3665 (1024x768)
ほとんどの工程を寝っころがってやってるんだからもう。
エンジンクレーンで吊るという案もありましたが多分中腰体勢で最悪だ。



7420.jpg
こんな前の世紀いや前の年号以来やってないようなことしてたりでこう見えて暇じゃないんで
ご自分が秘めやかに設定した金額を境に乗り換えとかお考えの方はまずそれを教えてください。
多分電話だけでカタがつきますんでお互い手間が省けます。
「直す」以外に選択肢をもたない人もお待たせしてますので。



73152.jpg

つーか寒いってー!!



73151.jpg
どーれ、やるかァ~!
・・・何をよ・・・



アクティ乗ってても佐藤 浩市さんになりきるナンバー。




















選択肢

  • 2017/04/16(日) 15:22:04

別に誰にも言ってませんがとりあえず日曜日更新を続けてみようと思お最近。
かつてのZのCMで「スポーツカーに乗ろうと思お。」って聞こえて気持ち悪かったのはボクだけじゃないはずだ。



IMG_3647 (1024x768)
前回のと同じランクル。Fデフとフレームをつなぐアームの後部。
ゴムのブッシュが長年の横Gにやられて変形しちゃった図。



IMG_3643 (1024x768)
フレーム側ブラケットにアーム本体が当たっちゃってたのは明白。
タイヤが上下する=デフも一緒に上下するから
走行中ほぼ常にギコギコしてたんでしょうな。ライクァ拷問。何も訊いてないからちょっと違うか。



IMG_3644 (1024x768)
選択肢はまあ多いこと4つ。
①ブッシュのみ買って打ち替える
②新品ブッシュのついたアームASSY採用
③ガタはないのでこのまま車検に突撃



IMG_3642 (1024x768)
ブッシュはバックオーダーで待ち時間長すぎ
ASSYは約¥20000-と左右でX2はちょっとちょっと。
繁忙期に突撃はしたくない(というか工場の姿勢を疑われる)。

なのでもうひとつの選択肢、中古を採用。
ほぼ獲りつくされて数がなく、程度極上のがはるばる九州から来たぜイエイ。



IMG_3646 (1024x768)
両端から指で入るただのブッシュと違って金属枠に接着されたのを圧入する式だから
アーム本体は完全フローティングが本来あるべき姿。
フレーム側は塗装したところでいずれハゲるに違いないからグリスでコーティングしてます。
昔、板金も塗装もやる職人に「錆止めって何がいいんですかね」って訊いたら
「長く効くのはグリスだな。」って即答だったのを信じてます。



IMG_3651 (1024x768)
変わって、古いハイエースのクーラント漏れ。
写真は漏れの原因とは関係ないかつて替えたラジエーターキャップの解剖図。



IMG_3652 (1024x768)
若干むりくりだけど開いてた穴にタイヤのバルブをはめてみます。
トラックベースのキャンピングカー、しかもターボ付きで目視での点検は困難。
手でシュコシュコして加圧テストする道具を買う気だったけど高かったんで。





IMG_3654 (1024x768)
本来1kg/cm2程度しか上がらない回路だから
エアチャックでちょっとシュッてやるくらいでいいべとおもったら
シ!くらいで後席用ヒーターホースがジュビジュバ~って。
上にかぶさってるノーマルじゃないエアダクトが接触しててやられたもよう。



IMG_3653 (1024x768)
ノーマルエアダクトはすでに生産中止なので
二度と他に触らないように金具を一本増設して、若干心配な新品アッパーホースにも救命胴衣着用で万全。
助手席のフードはボルト留めだから組んだらもう見えないというトヨタらしからぬスタイル。




IMG_3583 (1024x768)
もうこんな落ちてる姿は見られない時期になりました。
ちゅーか営業中の半分は外回り。


ビデオはどうでもいいが松たかこさんのボーカルは素敵ですね。





















そうよわたし気付いてしまった

  • 2017/04/09(日) 20:25:14


ピンときた人はじゅんこちゃん派かあるいは
ボクのように悲しすぎる詞が子供心に刷り込まれてしまった人ですね。
いずれにしてもいい歳だ。

いやね、何がって、更新がさっぱりなのはしつこすぎる内容と語りのせいだと。
だから題材を一個に絞ってやってみようと。



IMG_3604 (1024x768)
ランクル80のクラッチマスターシリンダー。のリザーブタンク。
外観がこうだと大体中身も・・・



IMG_3593 (1024x768)

いいお色。



IMG_3595 (1024x768)
 
なんでブレーキのそれにはない碁石が浮いてるんでしょうね。



IMG_3594 (1024x768)
碁石をよけてもおどろおどろしい。



IMG_3602 (768x1024)
こちら、交換後。ではまた。
そういう感じなら毎日いけるかもしれないな。




IMG_3596 (1024x768)
抜いても汚いのは汚い。




IMG_3597 (1024x768)
底には濃厚なのがたまってるから拭き取らないとすぐまた「ちゃんと替えたー?」みたいな色になっちゃいます。



IMG_3599 (1024x768)
獲ったど。



IMG_3576 (768x1024)
参考までにこちら、猟師さんに獲られて棒につるされて帰る獲物ポーズ。



IMG_3601 (768x1024)
単純な筒形状じゃないから変な指づかいで疲れました。



IMG_3605 (1024x768)
でも外がこれじゃあなんもしてないと思われちゃいます。



IMG_3606 (1024x768)
水溶性のブレーキ液にほこりがくっついてるだろうから
パーツクリーナーよりママレモン(ってあるんだべか?)のほうが。



IMG_3607 (1024x768)
ま、こんなとこだ。
なんも入ってないように見えるけど入ってます。
よくあるブレーキ液のような黄色っぽい色がついてないのが好きなんで。



IMG_3608 (1024x768)
給油をご所望のレリーズシリンダーとフォークは一旦浮かせて




IMG_3609 (1024x768)
スプレーじゃないグリスをべっとり。
オペレーターはボクの指じゃなく筆です。

以上、たまに記事用にいつもより頑張ってます。



IMG_3584 (1024x768)
クラウン、マークXなんかのV型エンジンのFパイプ修理。
軽度の場合はこんなふうに上から材料かぶせてくっつけますが
こんなどこでもできそうなやっつけで4~5万です。
重度のは似たパイプ見繕ってすげかえたこともありますが7~8万です。
ただし新品材料は在庫してないのでいい塩梅の中古パイプがないと出来ません。
しかも、写真にはない遮熱板ってカバーがかぶってるので
正確な値段は始めて見ないとわかりません。
よく問い合わせがあって実際やるのはその1/5くらいなので
数千円とかを見込んでるなら聞かないほうがいいでしょう。
そもそも、自分には買えないたいして興味ない車種だから積極的にやりたくもないんで。
そんな半端もんなんで一からの製作なんてお話にならないんで悪しからず。
 


IMG_3621 (1024x768)
猫に見えるが本当は
おヒマ星から来たおヒマ星人かもしれない。
慣れる=からまれると知った最近。



























技術ってなんだ。

  • 2017/04/02(日) 11:56:58


IMG_3556 (768x1024)
そう旧くもない、L260ってミラ。
走行中のエンジン停止でレッカー入庫。
まずはエンジンコンピューターにお伺いをたてるも「別にー」って回答なんで
燃料供給を検査。タラリとも出てくれない。



IMG_3560 (1024x768)
なんでいきなり燃料供給を検査かというといちばん簡単だから。
かつ、全くかからないとなると点火系ならコンピューターにばれてるはずだから。
ここらへんの配線が車外で融雪剤にやられて腐食してもげるってのがあるあるですが
フロアに蓋がないからわざわざタンクを半降ろしして見たのになんともない。
というかすでにそこまで電源が到達してない。



IMG_3559 (1024x768)
こういう分かりやすい絵がぜんぜん別のページにあるってのが診断の妨げと言いますか
慣れてないとどこを探せばいいのか想像すら出来なかったりするの。
さっき見たのは赤い線上の、末端コネクターですがすぐそばにもう一個あるんだとよ。
黄〇部のおそらくフロアパネルの穴の先、つまり室内か。



IMG_3558 (768x1024)
タンクの上はここらへんだべ。
て、突っ込んだ手にはすでに高湿度な反応があるじゃない。



IMG_3552 (1024x768)
クッションがいい塩梅にお水を吸収してますな。



IMG_3548 (768x1024)
見たかったやつ。



IMG_3551 (1024x768)
もう、抜いてみるまでもない気配に圧倒される。



IMG_3554 (1024x768)
IMG_3553 (1024x768)
オス端子に至ってはもげかけて整列してない。



IMG_3562 (1024x768)
かろうじて通電してた期間が長かったと思われ、燃えかけてますな。
付近が濡れてたから助かったんだな。最初から濡れなきゃもっと良かったけどな。



IMG_3555 (1024x768)
個人的にはこういう場合、コネクターや金具を手配して時間かけて修復とかあるいは
いわゆるギボシ端子での接続はノンプロ。かつ、再発の可能性を残すやり方。
こんなとこ抜き差しする期会は通常の整備ではまんず無いことだし
本件でのオーダーは時間優先であり雨漏りと思われる水分侵入の調査も後日の指示だから。



IMG_3557 (1024x768)
だからこそ防水処置はしつこくするんですよ。

以上、なんとなく「技術」ぽい事例。
かからなかったエンジンがかかったわけだから料金を払う気にもなるでしょうよ。



対して、ホントか~?的事例。



IMG_3438 (768x1024)
平成ひとけたのランクル、いわゆる70のリーフスプリングのブッシュ類。
こうして新品と並べてるから「イヤイヤひでーなオイ」となるわけですが
車検で預かった時点では自覚症状がない。
しかもそのままで車検は合格して一旦納車、「やっぱり気になるからやって」と再入庫。



IMG_3432 (1024x768)
一度ハマった人は知っている。
本来はこうしてナットを外せば叩いて抜ける前方のピン。



IMG_3429 (1024x768)
びくともしないからダブルナットで回してみようと試みるんだけど回りもしない。
無理に回したら12mmのネジがねじ切れたこともあります。



IMG_3427 (1024x768)
反対側は平らな鉄板でつかむとこがないから工具をかける基点をつける。



IMG_3435 (1024x768)
運が悪いとスピンナーハンドルのジョイント部が割れるんで
こういうヤバイ時用のハンドルがあったりする。
多分ホンダのクランクプーリー用に作ったと思う。



IMG_3434 (1024x768)
いやーな、節度のない手ごたえで徐々に動き始める。



IMG_3436 (1024x768)
こんくらい回ったら中の錆とブッシュの関係が破壊されてると思う。
ちなみにこんなことしなくてもガスで焼けばブッシュが燃えてあっさり抜けるけど
替えるわけじゃないリーフに熱が入ってどんな影響があるか分からんし
工場内が煙やキナ臭い異臭でわやんなるぞ。



IMG_3440 (768x1024)
IMG_3439 (768x1024)
こんなもので支えてる状態では乗りたくないですな。

すんなりとはいかないだろうからお金はかかるけど・・・
というこちらの提案に乗ってくれたから静かになったし危険な要素を取り除いたと
最後は解ってもらえたという結果オーライな事例。



次に、自覚症状もなければ乗って変化も感じられないかもという微妙な事例。

IMG_3563 (1024x768)
車検で入庫のステラ。
マフラー最後尾の吊り金具がもげてる。
なのでだいぶ下がっちゃってるけど地面から10cmとかそこまでじゃない。
くっつけるために金具の切れたとこを整えたら今度は
短くなっちゃって足回りに接触しそう。



IMG_3564 (1024x768)
でもほら、オレって持ってる男だから。



IMG_3565 (1024x768)
ガタがきて小っちゃい段差でも「ガツガツ」音を出すスタビリンク。
ロッド部分はけっこういい材質のはずなので替えても捨てないの。
ここに採用するとボールジョイントの重みが排気系の振動抑制にも役立つと思う。



IMG_3566 (1024x768)
IMG_3567 (768x1024)
男はみんな嘘つきだからなんでも真に受けんなよセニョリータ。

こういう、必要な加工以外はぜってーやらねーから無駄な電話しないように頼むぜメーン。

取りに来たオーナーが「そういや深い雪でもないのになんかこすってる感じはあった」というのは
気を遣ってくだすったのかもしれません。



IMG_3541 (1024x768)
ホンダストリーム。ブレーキオーバーホールで預かったらリフト上のタイヤ手回しで違和感が。
バックプレートに錆びたディスクが接触してる的な異音。
こんなにウエイトを貼る仕事にはもうなんのやりがいもプライドも感じてないんだろうな。



IMG_3542 (1024x768)
通常言うバランスウエイトの「重ね貼り」ってのは
過去のをはがさないでそのまま調整するってことだと認識してますが
ほんとに重ねてるのは初めて見ました。



IMG_3540 (768x1024)
バックプレートを押したり引いたりしてみた自分がふびんだ。

これについては料金かかるほどじゃないし走行中聞こえるかどうかも微妙なのでもはや報告すらしない。
もちろんはがしたけどそもそも冬用のしかも後輪だ。
執拗にバランサーの数字にこだわる必要もない。

「技術ってなんだ。」
かつての上司が尋ねました。
「そりゃ速く正確にでしょ」とか「基準値に限りなく近く」とか皆それなりに答えましたが「もっと簡素に」言えと。
上司の言う答えは「信頼」というたったひとことでした。
もちろん、皆その時点で意味なんて理解出来ません。
もしかしたら彼の持論じゃなく誰かの受け売りかもしれませんが意味はこうです。

いちど感じた「信頼」は以降の依頼における「安心」をもたらす。
つまり、こいつに頼めばまず間違いない・少なくとも悪いようにはならないという安心感は
厳密な意味での「高い技術」があるなしにあまり関係なく依頼者を満足させる。
その度合いが高ければ極端な場合、作業者がミスしても「具合でも悪いのか?」というように
依頼者が作業者をフォローしてくれる。
そこまでの究極の「信頼」を得られた者が高い「技術」を持っていると言われるのだ。

私なりにさらに考えれば、冒頭で紹介した「エンジンがかからない」なんてのは
結果を出せれば誰でも「信頼」のポイントを稼ぐことが出来ますがそうそうあることじゃなく
むしろ二例目以降のような、オーナーに自覚症状のない不具合の対処のほうが日常的には圧倒的に多いのです。
なのであのかつての上司の持論を納得して記憶している私としては
いかにその作業の必要性を説明し作業後に報告するかといういわばソフト面の技術にも気を遣うわけです。
ブログで紹介する作業風景はその補足ツールであり集客ツールでありますが
ときどき初めてのお客さんに「ブログ見てあんたのことは信用しているから任せる」と言われることがあります。
私にとっては正にやろうとしていることがやろうとしている方向へ向いた瞬間ですが
一方で心配にもなります。ブログは「良く見えるように」作ってしまうものだと思うので
能力を超えた期待を抱かせてしまっていないか?ということです。
だからって気軽に依頼するんでないとはもちろん言いませんが
どうぞ、具体的な要望や予算、また仕上がりに関してのご意見は遠慮なくおっしゃってください。

すみません、止まらないモードに入りつつあるのでまとまりのないままスィ―ユーレイラ―♪



IMG_3459.jpg
この直後カメラに襲い掛かる。

IMG_3445 (1024x768)
血を見てご満悦。どもならん・・・

楽しみだったドラマ善徳女王が終わってさみしいです。