札幌でワンオフマフラー製作なら。

  • 2016/05/23(月) 10:11:41

札幌でワンオフマフラー製作ならやっぱり。
当店以外のその道の専門店へどうぞ。
そういう気でご覧下さった方、がっかりさせて申し訳ありませんが
お電話いただいてからお断りするケースが毎週のようにあるので悩んだ末の告知です。
当店のことはお忘れください。
それでもという方は読み進めて諦めてください。



過去何度か書きましたが
当店にはドレスアップ的仕事に関する知識も設備も材料の在庫も経験もありません。
もっと言えば「もうちょっとこうしたい」あるいは「人と同じじゃ嫌だから一点ものが欲しい」といったような
いわば「やらなくても別に困りはしない」仕事にまるで興味がありません。
(念のためですが壊れる前の予防整備はもちろん別物です。)
この際あえてぶっちゃけて乱暴に言っちゃうとばっかじゃねーのくらいの認識です。

百歩譲ってそのマフラーなりエアロを大多数の人がカッコイイと思えたとしても
イコール持ち主や乗ってる人がカッコイイとはならんのじゃないか。
あるいは、あくまでクルマはこうあるべきだという自分の趣味的ポリシーに基づくもんであって
自己顕示欲を満たすためじゃなく人の目はどうでもいいとしてもだ。
マフラーに関して言えば多くの自動車メーカーが採用する複雑な内部構造で消音するものに比べ
基本筒抜けで周囲の消音材に依存する式の一点ものは一言で言えばうるさい。
保安基準に適合してる(車検に通る)かどうかはどうでもいいの。
純正マフラーだってそりゃ心地よい音じゃないけどなんとなく脳が学習して容認してるの。
そこに異なる音質が突出してアピールしてくるとうるさく感じるの。
私はバイクブーム世代なんでGSX-Rシリーズの集合管のオンオンいう音なんかは血が騒ぐぜーって感じで
えらくレスポンスの良さそうな機関部の作動を連想させるのも好きだったから全否定はしないけど。
とはいえ当時でもカーカーとか単気筒以外のスーパートラップのべーべーいうのは嫌いだった。
チョイワルな感じのモリワキには憧れたけど見た目優等生なヨシムラのほうが音は好きだった。

若干脱線しましたが
当店でお請けするマフラー加工はおおむね以下のようなケースです。
①もう部品は買えない旧車等。>現物修理、あるいは別な車種のを流用して対処。
②まだ部品は買えるけどえらく高い。>現物修理、あるいは腐食部を切除・交換。
③まだ部品は買えるし高くもないけど他にも不具合があってトータルを抑えたい。>同上
④何らかの訳あり。(ヒッチメンバーをつけたら干渉してしまう等。) >少しなら曲げる・ダメなら切って溶接。
*ただし、ローダウンやエアロ装着に起因するものは前述の理由で関わりたくありません。

こんな話で終わるつもりじゃありませんでしたがかなり神経使ったんでまた。







スポンサーサイト

ずっと仕事してたのにG/W気分だったのはほんの5年前まで会社員だったからか。

  • 2016/05/09(月) 18:51:55

IMG_2563 (1024x768)
ハイエースあるある。
車検なのでヘッドランプの光の向きをいい塩梅に調整しなきゃならないんですが
レンズの奥に見えてる反射板の向きを変えるねじが固くて回らない。


IMG_2566 (768x1024)
下の短いのは回るけど上の長いのがダメ。
正確には経験上これ以上力をかけるとアジャスターのプラスチックの歯車が割れちゃうぞという重たさ。


IMG_2568 (1024x768)
手応え無く回っちゃう場合はすでに割れててそのアジャスターは¥1000-もしないで買えるけど。
アジャスターをどけて直にでもめちゃ固いので内部のねじが渋いんだろうと、穴開けて給油。
ねじは金属だけど相手はプラスチックだと思うので油じゃなくシリコン系のやつを。


IMG_2569 (1024x768)
一生懸命キコキコやって許せる軽さになったら
開けた穴は地面に向いてるけど一応塞いでおく。



IMG_2570 (1024x768)
1年車検なのに左右とも回らなくなってたということは来年も怪しいから。
もしそうなっててももう同じ工賃をもらう必要はないだろう。
他に行ってしまったらどうなるか知らんけど。
もっとも、大きな工場に通ってたらフロントや現場の担当が変わったらそれはそれでどうなるか知らんけど。

実はそこらへん、小規模な工場のメリットです。
一度仕事をさせていただいたということに対するありがたみは執拗に持ち続けてます。
会社員時代はお客さんはおろか、社長にさえありがたみなんて感じてなかったと思います。


IMG_2590 (1024x768)
なんですか、ツインスパークV6のアルファロメオはオイルフィルター交換がえらい面倒だそうで。



IMG_2596 (1024x768)
確かにマフラーのフランジが邪魔なのでパワステのパイプ類の固定を外して何とか出てくるんですが
反対側にはないエンジンメンバーの丸いえぐりがちょっと微笑ましかったり。
オーナーに事前に聞いてたからそんなにストレスは感じませんでしたが
それでも終わったら楽に1時間以上経過してました。



IMG_2599 (768x1024)
ついてたのがこんなので驚いたり。


IMG_2600 (1024x768)
しかも来たやつより大きいの。
これをつくと信じて突っ込んだ人はなかなかスゴイ。
私も日頃オイルフィルターって国産だとねじ径とピッチは数種しかないのに種類多すぎね?って思ってたので。
かといってこんな勝負はしないけど。



IMG_2595 (1024x768)
実は普段はディーラーに行くオーナーが来てくれたのは
ドレンボルトの頭がボロボロで触りたくないビームを乱射されたからだそうで。
これはもう新品ですが真鍮素材だってのが問題。


IMG_2601 (768x1024)
普通の工具は勿論、多くのケースでどうにかしてくれるパイプレンチでも歯が立たない。
というより歯は立つんだけど鉄に対してやわらかすぎてどんどん削れて小さくなっちゃう。
あきらめてタガネでHITしてみたけど彫刻してるみたい。サクサク切れちゃうだけ。



IMG_2602 (1024x768)
そういうときは「切れない」タガネ。



IMG_2603 (1024x768)
元はトヨタの車載ハブナット回し。ホイールカバー外し用の先っちょがいい感じなの。
ボロボロで回ったボルトは屑鉄の缶の奈落の底に落ちてったのでわざわざ回収する気にならず写真無しね。


IMG_2608 (1024x768)
G/Wといえばもう毎年恒例のマフラー修理。
当店的にはあるあるのクラウンとかマークXとかのV6の二本あるFパイプ。
遮熱板の中での穴あき。というよりうすーくなっちゃって修理というよか部分すげ替えが多い。
だけどいい曲りの中古パイプの在庫が無くなったら終了。
「スープが無くなったら」みたいだけど違うのは作り置きも材料調達もしないこと。

なのでたまには「交換」のオーダーがあるとウレシイです。


IMG_2547 (768x1024)
半年以上も猛獣だったこいつがこうなるとはね。
♪冬が寒くってほんとによかった ・・・ってことなんだろうな。
オレのお腹もこんな立派になるとはね・・・



IMG_2534 (1024x768)
もしかして調子のってんのか?・・・いやそれほどでも・・・



IMG_2448 (1024x768)
でもあくまで「トッカリ」ベースですんで。