どうにかしてみましょ。

  • 2016/03/26(土) 19:43:00

IMG_2444 (1024x1024)
雪がだいぶ減ってきて、いろいろやる気が出てくるここ札幌。
車検と一緒に、動かなかったサンルーフの修理もご用命のPAネロ。
ってただ書いても「何それ?」率が高い系のH3年車。
ジェミニが街の遊撃手ならトルネード投法とでもいいましょうか。書いてて良くわかりませんが。
http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-220.html 二年ぶり。

スイッチ~モーターの系統は無事だと分かったので
屋根から可動部のフレームを降ろして観察。



IMG_2432 (1024x768)
レールの狭い溝をワイヤーが行ったり来たりして
ガラスのつくサッシを動かすようですがとても動くようには見えず。



IMG_2443 (1024x1024)
片方はモーターが外れたフリー状態でワイヤーを引っ張るとゴリゴリいいながらかろうじて可動。



IMG_2435 (768x1024)
もう一方はアウターチューブとの固着はないものの、フレーム内で愚図ってるもよう。



IMG_2433 (1024x768)
他のリンクの固着の可能性もあるにはあるけれどまずはワイヤーに油。
個人的にどんな浸透性潤滑剤より信頼しているエンジンオイルを。



IMG_2434 (1024x768)
直に給油出来ない部分がほとんどなので重力を頼って。



IMG_2447 (768x1024)

一晩と半日放置&リンクにショックでちょっと動いたので
少しづつストロークさせながら最終的にフルストロークでむき出しになったのを洗浄。



IMG_2427 (1024x768)
遺跡っぽくなくなったところで再度給油。
ここでもエンジンオイル。グリスは汚れを取り込むから。



IMG_2452 (1024x768)
モーターの力でも動くようになって一安心。

ちなみに原因が分かっても部品が要る場合はすでに買えません。
それでも調査を依頼されれば、調査分の見積もりを出しますが
原因が分かっても結果が出せないとなると心情としてはそりゃ
「点検料だけでも利益は出るからいいんだ。」とはならないし(もらいはしますよ)
自分が依頼者だったら次はないと思うので、
経験と想像力と情報と時間と重力といろいろ使ってしつこくあがいてます。

ガラスがアクリルに変わらなければいい仕事だったのに・・・










スポンサーサイト

見てしまった以上は。

  • 2016/03/13(日) 09:42:45

IMG_2383 (768x1024)
車検直後の不具合連続で、気分を新たに初めて当店へお越しくださったエクストレイル。

ハブベアリングのゴーゴー音を確認して、日を改めて入庫の予定が
音はともかくあまりのガタのデカさに強制入院。
赤丸の「ナックル」という部分を車体から取り外してプレスにかけるわけですが
黄色い長いボルトが二本のアームのブッシュ部で固着して動かない。



IMG_2376 (768x1024)
幸い二本のアームは車体側取り付け部の固着は無かったので
ナックルについたまま降ろす。

しかしながらそのアーム二本がとっても邪魔。遺憾だ。



IMG_2377 (768x1024)
組む時も邪魔。



IMG_2378 (768x1024)
しつこいけどなにせ邪魔。




IMG_2379 (768x1024)
組んでる途中、ちゅーかバラすときから気になってしょうがないショックブーツ。

ベアリングそのものの見積もりだけで、アーム固着を見据えて8万だか9万と手厚く提示したという
車検やった工場、ふた月前じゃこれで通したと思われてもしょうがない。



IMG_2382 (768x1024)
左がそうなら右も見るのが自然だが同じような状態なのもまた自然だ。

それを指摘したところであっしの株が上がるわけじゃない、
むしろ姑息な印象を持たれかねないってこたあ分かっちゃいますがね。
こんなにセンスのない人がディーラーにだっているってのは
自分が偉くなった気がして気持ちいいじゃないですか。
ま、非常に非建設的な一時の快感ですが。



IMG_2384 (768x1024)
リヤ左右がそうならもう怖いもの見たさでフロントも見るってもうイッツノーマイビズネスではあるが。
見ないで出してもそれはそれで関係ないねっではあるが。

シャフトシールに噛み込んでるわけじゃないけれど
むりやり侵入されたバンプラバーが裂けちゃったのは見たことあるぜアミーゴ。
バンプラバーってのはバネが縮み切った、いわゆる底付き状態で
そのショックを吸収するいわば最後の砦なんで
基本、裂けてると車検じゃ怒られちゃうぜセニョリータ。



IMG_2385 (768x1024)
いやあー大漁大漁。

てなわけでお客さんには何も言わず「ブログ見てね」と返す。



IMG_2264 (768x1024)
違うクルマ。ステラだったかな。

車検で外したプラグとそのキャップがオイリーだったので洗浄が必要なわけですが
パーツクリーナー吹いて穴にたまったのをエアで飛ばす方法は
何回やりゃいいんだってこの道30年近く経ってうんざりだったので巻いた紙。



IMG_2265 (1024x768)
他の場所をいじりながら放置して数時間後。
穴ん中はまだなんか濡れてる。



IMG_2266 (1024x768)
紙を替えて翌朝。ここでついにパーツクリーナー投入で満足。


IMG_2259 (1024x768)
IMG_2258 (1024x768)
IMG_2262 (1024x768)
全体的には錆びてないほうだけどここだけ真っ赤なんで取れる錆は取って勝手に塗っとく。



IMG_2274 (1024x768)
これは初めてさわるRX-8。
ピストンってキャリパーの真ん中にあるわけじゃないんだ。
このあと普通のクルマで気にして見たらやっぱりオフセットしてた。
教師生活25年、こんなことも知らなかったとはオロロ~って感じだ。
おめ、教師じゃねーだろという若輩者は平面ガエルで検索。



IMG_2268 (768x1024)
クルマトイキル並の措置をしなくてもキレイなブレーキ。



IMG_2273 (1024x768)
移動時に「キィ~」だったのは言われなくとも対処したくなるってもんだ。



IMG_2267 (1024x768)
IMG_2277 (1024x768)

パッドグリスはパッドには塗らない。
振動を抑えるのが主目的だと思うから、
キャリパーのつめやピストンに接触してないとこにはみ出したのは
何ら仕事をせず無駄に汚れを回収するだけだから。



IMG_2281 (1024x768)
かといって全くはみださないのも「塗ってんのか?」という不安を煽るのでまあ一種の演出ですか。



と、ここまで見て下さったあなたに
*重要なお知らせです。
IMG_2370 (1024x768)

新琴似方面より天狗橋へ向かって進んで来ますと
あたかも当店へ呼び込むかのごとく親切なお兄さんやおじさんが左折を促してくれますが
それはあなたがケータイ操作やシートベルト非装着運転中だからです。
つまりはもっと手前に飛雄馬のお姉さんが潜んでいるわけですが。
ちなみに先週あたりは手前のアクティ付近に座っておられましたが
クルマ出し入れの際バックギヤの唸りを上げて接近したら危険を感じたのか邪魔になると察してくれたのか
移動してくれたようです。



IMG_2371 (1024x768)
とはいえ手続き場所は当店の真ん前なんで
万が一来られるはずのお客さんが誘導されちゃうと照れちゃいますんでお気を付けください。



IMG_2372.jpg

学生のときは何も感じませんでしたが、なんて素敵な句なのでしょう。
「朝顔につるべとられてもらい水」