FC2ブログ

エアコン修理だからってガス漏れとは限らない札幌。

  • 2015/06/30(火) 19:30:37

IMG_1589 (1024x768)
エアコンが冷えないということなんですが、ガスが6kg/cm2と充分な数字なのに
コンプレッサーも電動ファンもONしないという時点でいやーな感じ。
せっかくついてる自己診断機能も何ら異常を示さない。
どうもこのスイッチ群の裏にあるエアコン用コンピューターあたりが不安。

MH21Sなんて型式の、どんな中古部品も難なく手に入りそうなワゴンRというのが救いだな。
めでたくもそのときは割と楽観的。



IMG_1592 (1024x768)
不安て言っても何となくじゃなくて
めったに使わないオシロスコープでこんな波形を観測しなきゃならない、めんどいシステム。
しかもそんないわゆるシリアル通信線が何本もあって別のコンピューターを介して最後には
エンジンルームのエンジン用コンピューターがやっとコンプレッサーに指示を出すという
もう仕事なんかしてられないって感じのイベントだ。

その過程で無信号の線が3本もあってやっぱエアコンコンピューターだべ?ってことで中古・新品とも調べたらね・・・
どっちもないのよ。
10年も経ってないのに新品もない(生産中止)ってひでえメーカーだな!?って驚いたら
メーカーオプションの「ホットガスシステム」がついてるからみたい。
普通は冷やすためのガス、圧縮すると高温になるのを利用して水温が低いときもヒーターを効かせちゃうって装置。
現在はどの車種も設定すらない、失敗システムのようだ(オーナー談)・・・



IMG_1596 (1024x768)
ここまでまる3日かかってるんで「部品がないからスミマセン。」は厳しすぎる。・・・私が。

シリアル信号なんて作れないから目をつけたのは、ノーマルのとカプラーの形も端子配列もほぼ同じという事実。
そして実はノーマルだと、複雑な信号のシリアル通信ではなく単純なON/OFF信号で指示を出してるということ。
写真のワニグチクリップのついた白い線は
ノーマルにはあって現車にはないそのON/OFF信号線。



IMG_1599 (1024x768)
針みたいな端子に刺さる極小なメス端子は
同じスズキの捨てるしかないのに捨ててないイカレタエンジンの配線からゲット。

何がしたいのかちゅーと。
現車では「空き」になってるカプラーのその相手、つまりコンピューター側にはオス端子がちゃんとあるのが確認出来たんで
ひょっとして信号出力も無駄に出てるんじゃないの?と。
だとしたらそれを使えば少なくともエアコンだけは動くんじゃないの?と。
オプションを動かすために制御内容は変えてるだろうけど、
基盤そのものはコストかけて新造なんかせず同じなんじゃないの?と。



IMG_1600 (768x1024)

腫れ物に触るようなA/Cスイッチポチ→思惑通りというよりはまさかのコンプレッサー&電動ファンON。そして冷風が。

だからといって動きっぱなしでは室内に氷の塊が出来ちゃうし(本当)
異常に高圧になったときホースが破裂するかもしれない。
でもどっちも強制再現テストクリア。

フォースイヤーである2015、信ずれば1回くらいは降りてくるのかもしれない。

見た目変わったのはわずか線が1本増えただけですが税込4万弱。
5日も費やしてますが、たまたま訪れた青森の一級整備士の知恵も活用してますが税込4万弱。

てことでエアコン不調は無駄にガスチャージするまえにジェダイ(気取り)な工場にどうぞ。
・・・やっぱりR2-D2(気取り)にしときます。











スポンサーサイト