FC2ブログ

カテゴリー新設しました

  • 2013/09/05(木) 19:31:25

953.jpg
季節のせいもあるんでしょうが、
一時期連発したマフラー溶接や加工の記事を控えると
その筋の問い合わせも減った気がします。
でもFC2検索ワード解析では常に「溶接」とか「マフラー修理」があがってるし
基本、好きな分野ではあるので
画面左に並んでいるカテゴリーに「溶接・製作」ってのをつくりました。
そのへんの仕事をご覧になりたい方はそこをクリック。(随時仕分け予定)

写真はトヨタラウムのマフラー接合部。
本来の溶接部が腐食してきれいにとれちゃいました。
とれてすぐだとくっつけやすいので
気分的に「安くしちゃるか!」となりやすいです。
とれる前だとなお良し。



952.jpg
実際にはタイヤ外してもこんな厳しい作業環境なので
位置決めのための部分溶接したらクルマから外してやるんですが



955.jpg
もうどんな工具も受け付けないボルトの始末から。
さらに相手のナットを真っ赤に熱してやっととれます。「赤める」なんて言います。
マフラー修理そのものよりむしろこっちのほうがドキムネ。
あっ、この二本はもちろん廃棄です。



951.jpg
いきなし終了。
ギラギラじゃない耐熱スプレーは近所の金物屋さんに各種ありました。
これで見えるとこに塗ってもシブイ仕上がり。



954.jpg
ホンダZのEXマニは亀裂で交換。
えらく焼きが入ってて値段も普通なので溶接はせず交換。
写真のはみんな交換。

NAOKI先生の忠告を忘れ見積もり失敗。
ボルト・ナットのアタマは8割が朽ち果てていて半数が固着。
やんなきゃよかったってくらいこじゃんと時間食ったぜよ・・・
(使い方あってんだべかわからん土佐)

スポンサーサイト