いい鉄工所見つけたわ

  • 2013/07/31(水) 20:32:11

07319.jpg
平鉄切ってちょっとひねってシルバーに塗って
なにが出来るのかな~?



07310.jpg
のっけてさ~



07316.jpg
くっつけてさ~



07317.jpg
せっかくの塗装が焼けないように濡らした紙で養生してさ~
またくっつけてさ~



07315.jpg
もっと養生してまた塗ってさ~



07314.jpg
出来上がりさ~



07312.jpg
こんな感じさ~

なんだかわかんねーって?なんだよ~

これですね、原付のエンジンついてナンバーもついて
道路を走れるようにしたカートって言ったらいいんでしょうか。
「ミニカー」なんて呼ばれるものだそうです。
ちっちゃいナンバープレートが水色なのが特徴です。

今回くっつけたのは旗ざお。



07318.jpg
元々こんなふうなステーにポールがついて旗をなびかせることが出来るそうですが
なにか固定方法がいまひとつでとれやすいのでがっちり付けよとのオーダーでした。

意味わかんない?
いやね、ボクも最初は戦国武将かと思いましたよ。



07311.jpg
違うのよ。意味おおありなのよ。

ちっちゃすぎて低すぎて他のクルマから見えないのでぶつけられそうになるんだって。
存在アピールが必要ってわけなんですね。

ナニ?構造変更しなくていいのかって?
かてーこと言いなさんなって。人命優先でしょ。
(車検自体ないけどね)

オーナーはイメージどおりだと喜んでくださいました。
他の鉄工所はろくに話も聞いてくれなかったそうです。

*当店は自動車整備工場ですのでなんでも作れるわけではありません♪













スポンサーサイト

型を取れ!

  • 2013/07/28(日) 13:05:56

07271.jpg
内部のゴムが裂けてシューシューいってたマスターバッグ
ブレーキ踏むとエア吸ってエンジンは吹け上がるわブレーキは効かないわ危険極まりない。
即座にホースに栓をして事なきを得たのはさすが玄人なオーナー。
たまたま積んでたスパークプラグを使ったそうで。
そう、「プラグ」って「栓」のことだから。シブイ。

ほうぼう調べましたが現品品番でHitしたのはどこか外国のfor sale一件のみ。
しかも当時もんの中古、for RX3 だって。へえ~。
どうも車体への取付け部寸法の違う新品を使わざるを得ないようなので加工のための型取り



07285.jpg
一番型を元にもうちょっとカチッとしたのを製作
穴あけてからやすりで修正なんてテンションの下がることは避けたいので。



07275.jpg
ここの鉄板は知れた厚みですが
多くの場合すぐ奥にペダルのブラケットもあって同時に貫通させる必要があるし。



07274.jpg
どうしてもこうやって目検討で印つけするから
型がテキトウだと合わなくなる可能性が広がるってもんで。



07273.jpg
室内がキリコまみれにならないように、ガムテープで養生の図。



07287.jpg
ちょっとお高いこんなのでやったほうが
だんだん横ずれしていっちゃうのを防げると思います。



07272.jpg
開きました。二個はそのまま使います。



07283.jpg
フウ。入ったぜ。修正はなしね。
まあ、保険で8mmボルトに対して穴は10mmにしといたけどね。




07280.jpg
あまった穴はカッコつけずに確実なコーキングね。
そうそう外すもんじゃないから。



07289.jpg
バキュームホースの差し口はストレートからL字下向きになっちゃったけど
なぜか無理なくFitで喜ばしいですね。

試運転ではもう強烈なストッピングパワー。
踏むか踏まないかのうちに止まります。(いや踏んでるだろう)
アイサイトなんて目じゃねーぜ。(?)



07282.jpg
思ったより冷え冷えなクーラーも仕上げ。
なんとベルトがロアホースにおさわり。
わかってたんで木片をはさんですき間つくって試運転してたんですがね。



07281.jpg
大和技研でいつも苦労してるのはこういうことなんだな。
って、クーラーは元々ついてたんですがね。
良く見たらロアホースはやっつけぽい切り口。
クーラーベルトが外されてから交換したということですか。



07288.jpg
金具とかでホースにテンションかけるのはなんだかなってことで
じゃあ下に下げてやれば当たらないんじゃないのってこんな感じ。



07286.jpg
一回切りつめていまひとつでこんなに切りました。
どうもこの辺の事情というか歴史がよくわかりませんが結果オーライ。

ではごきげんよう。






直す?乗り換える?

  • 2013/07/20(土) 21:30:50

たまに訊かれることですが

「これ、もう古いから今回車検とって2年もつべか?」

ちょっと迷いますが多くの方はこう訊いたつもりだと思います。

「エンジン壊れたり床に穴開いたりどでけー故障とかないべか?」

そういう意味ではある程度点検すれば自分なりの判断は申し上げられます。
今時点での要修理箇所があまりにも多かったり
車体やエンジン/ミッションなど大きな出費が伴う恐れのある場合は
「特に思い入れがないのなら」と前置きしたうえで乗り換えを勧めることもあります。
ただほとんどの場合、予想される修理代20万なら20万の中古車となると
今のよりひどいのしか選べなかったりするのでまず増資は必要です。



07195.jpg
マフラーの穴あきをきっかけに他所で「もう乗り換えたら」と言われちゃったトヨタ。
そのマフラー現品修理がなれそめで車検もさせていただきました。
家族ぐるみでやっぱりこのクルマがいいと決まったそうです。やる気が出ます。

ブレーキパッドがこうなるのは相手のディスクの錆のせい。



07194.jpg
盛り上がった錆ははがれてトラブルの原因になりかねないので除去。
冬と春のタイヤ交換時期の点検を前提に続投。



07187.jpg
「これだけは」という見積もりと「できたらこれも」という二通り出しましたが
消耗品は替えとこうと、その中間くらいのやり方を指示いただきました。
あまり多くない選択ですが、理にかなっています。



07186.jpg
エアコンフィルターは現行車のような簡単交換タイプではなく
運転席の足元でアクロバット作業式。のせいか初めてかも?って汚れぶり。
とても裏側はお見せできませんでした。

お話した感じや使用状況、過去の整備歴などの情報をもとに
最優先事項は似たクルマでもその都度変ります。



07201.jpg
本日再配達で無事GET。ちなみに白石の高橋輪業の二代目は同級生。
やっぱり包装紙も慎重に開封・保存。
エーゾーセンセ、夜電話したけど出ないんで勢い余ってCKさんに愚痴っちゃった(笑)
ウソです。ありがとうございました。



冷えてんの冷えてないのどっちなの?

  • 2013/07/19(金) 21:30:03

さてコンプレッサーの回路は確保して一安心の昭和クーラー
空気注入での放置数時間後も針に変化がないので
届いたベルトを装着してそのまま始動してみました。
ナント空気でもコンプレッサーが動き特に異音もないので
ここでついに満を持してガス注入。



07193.jpg
・・・のまえに真空引き。いっけえー!おれのZⅡ~!!(だれがZⅡやねん)
さらに真空放置テストもクリア、今度はほんとにガス注入。
オイルも入れとくのがいいでしょう。



07185.jpg

ん~?



07184.jpg
わかるよね。冷えてやんの。うれちい。



07132.jpg
ゲージの数字も違和感ないので室内へ。
・・・なんかいまひとつ・・・

だいたいそういう表現の場合、全く冷えてない場合が多いです(汗)
「冷えてるはずだ」という希望的観測が、右脳を麻痺させます。

直接さわれるエバポレータは明らかに冷たい。
まさかここへきてミックス系か!?
長旅の始まりなのか!?

いえ。操作ミスというか無知でした。
最上段のレバー、いちばん左の「OFF]位置で冷た~い風が。
「VENT」というのは「通気」みたいな意味のようで
どうやら外気直導入なんですね。えがった・・・



07192.jpg
同時オーダーのブレーキマスターバッグシューシューを黙らせよ。
まあ開けて見るくらいの根性はありますぜ。
びよ~んと飛び出てビビリますが。



07191.jpg
が、しかし
これを直す根性はなかったので交換しちゃいましょう。
でも該当品はどこにもなく。
似たのを改造することに。長旅の始まりかも。

ちょっとうれしいこといくつか。

  • 2013/07/18(木) 21:25:14

07188.jpg
ディーラーでいろいろダメだし喰らっちゃったパサート。
あるあるなアームのボールジョイントのがただったり



07180.jpg
反対側はどうもラックエンド(タイロッドの内側エンド)に見えたので
ドクターストップ、そのままお預かり。
双方ハンパじゃないガタっぷり。



07189.jpg
しかしリフトでよく見ればなんか違う。
写真に写りゃしない奥のほう、なんかギヤボックスがえらく動いて見えます。
えらいこっちゃ~!!



07181.jpg
どっから見てもなんも見えないひどいレイアウトなので
富山のキムタクが「アウディはバッテリー外せばオールOK」と言ってたのを踏襲。
アウディにもA4なんて同じようなのがあるじゃない。



07182.jpg
面倒な事態を防ぐための措置。
バックアップウィズウルブス。って似ても似つかないタイトルは暑さのせい。




07183.jpg
バッテリーの台も外せば銀色のパイプの近くに丸く見えるのは12角のボルトヘッド。
また工具買出しか!?とよぎりましたが10mmでした。
それが緩んでました。

締めたらガタは止まりました。誤診は免れた。ちょっとウレシイ。
これって定期点検の項目にある「ギヤボックスの取り付け状態」
これは点検だけでもちょっと大変。凄腕な君たちはどーしてるんだ。

おっと時間だ。他のウレシイはまた明日。






トッカリモータースを探せ!

  • 2013/07/14(日) 17:38:20

07141.jpg
かねてから「素通りしちゃったよ!」との声が多い当店
周りも似たような建物なのに加え両隣より引っ込んで建ってるし。
冬場は雪の塀が2mくらいの高さだし。
道路寄りに出っ張ってる事務所にも屋号を書いてみました。小さいですが。



07142.jpg
西向きに(山に向かって)走行するとこんな具合かも。お隣の自販機のほうが目立ちますか。



07143.jpg
去年路線バスと一緒に走ってたこんなのももらってつけました。



07145.jpg
東向きに(下手稲通りに向かって)走行するとこんなです。
お隣の入居者募集の看板が存在感大です。

営業中もほとんどクルマを外に出さないので修理工場ぽく見えないのかも・・・
シャッターも全開にしてることはあまりないし。
すみません。でっかい看板よりも道具が必要なので。





旧車のエアコン修理は考古学並みってか

  • 2013/07/13(土) 19:53:13

07135.jpg
最近やっと「マフラー溶接修理専門店じゃねーぞ」という悲痛な叫びが功を奏したか
車検を含めいろんなジャンルのお問い合わせもいただいております。ありがとうございます。

さて、旧車専門でもない当店ではありますが昭和のエアコン(クーラー)修理。
この分野で要注意なのが「部品がホントに揃ってるかどうか」
何回ものオーナーチェンジの際、部品が取っ払われてるのも多いからです。

まずはガスが空なので空気を送り込み簡易点検。
デカい穴や欠品があればこの時点でわかります。
ゲージとエアコンプレッサーとは通常接続の必要もなくそのジョイントも存在しないので(多分)
アルミや真鍮をくっつけるプロにつくってもらったやつで。
旧型ガスのオゾン層破壊力はCO2なんてめじゃないそうですから。



07134.jpg
エアコンOFFでは高・低圧ともおなじだけ加圧されちゃうので
低圧側が振り切らないあたりで加圧ストップ。
漏れてるような音も聞こえず。第一段階クリア。

ためしに8kg/cm2保持状態でコンプレッサーがONするか
(プレッシャースイッチがONするか)
診て見ましょう。回路が生きてれば理論上は動くはず。



07132.jpg
スイッチON!

・・・ってどこよ?



07131.jpg
助手席のひざあたりにどかーんってついてるKITでもないし。



07133.jpg
ありやした。自爆ボタンじゃあるまいし隠すなよな。

ナント、コンプレッサーのクラッチ「動いてるぜエ!」的派手なカッチン音確認。
絶対ダメだと思ったんですが。
だってベルトもついてないくらいだから。

これでもしコンプレッサー内部がイってても回路は正常なので安心。
残念ながら苦労してのメジャー測定1730と長いベルトは手持ちなし。
第二土曜は部品屋さんもはんどん。
今日はストッキングも着用してなかったのでまた後日。



07113.jpg
ぜんぜん別のクルマ。
なぜこれをやる必要があったのかもそうだけど
そのあとどうしたのかとても気になる。
ちなみに「ガスチャージ」とかのシールは見当たらない(汗)




点検のチャンス

  • 2013/07/11(木) 22:40:38

07114.jpg
カローラランクスのとてもポピュラーなエンジン。
なんかへんな音がして調子も良くないとのことですが
エンジンのコンピューターにはなんの故障もなかったので
基本中の基本、これぞ燃料噴射装置「インジェクター」の作動音聴診。
普通は「チチチ・・・」と聴こえますが一番のみ聴こえません。
「そんな原始的な・・・」と思われるかもしれませんがホントなんだもん。

抵抗値無限大=内部断線を確認。



07115.jpg
ついでに他の3つも替えちゃう?とか言ってたら1個1万超え
おまけにメーカー欠品で出来上がり待ちってマジメにやれ。って感じで。
やる気のある部品屋さんがオンライン上にリスト入りしてないのを1個引っ張ってくれました。



07116.jpg
なんか砂っぽいので替えないとこのも外して清掃。



07117.jpg
そんなことしてるとどれがダメでOKなのかわかんなくなる事件が起きがち。
きちんと並べたのにやっぱり測定してしまいました。



07118.jpg
入荷したのはおんなじ品番のでした。
正常値は実測14.5Ω程度です。



07110.jpg
ついでに軽い全体の点検もお勧めしてGOサイン。
ブレーキパッドの替えどきでした。
たまにこういうナイト2000のような自己主張型のクルマがいます。

いずれ矢印のとこが相手のディスクに接触してキーとかチィ~とか鳴ってお知らせします。
真横から見たらあと1mmもないです。となりのは他車用の新品。



07119.jpg
お知らせを待たずに交換をお願いしたのは
本来ある程度自由にスライドするパッドが、こじらないと外れなかったから。
パッドの収まるブラケットの錆によって動きを拘束されたもよう。



何かの不調で入庫された場合、だいたい全体的な点検をお勧めしていますが
営業熱心というよりも工場側の防衛策の意味合いがあったりします。
なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、
例えばエンジン直した直後にブレーキが壊れると、ひとによっては
「あそこの工場はなんも見てねーのかよ」と思われるでしょう。

見てません。基本的に。触ったその付近は見えるので何かあれば言いますが。
なので料金をいただき、責任が発生する点検をさせていただくのです。
工場の設備には必ず投資が伴っていますので、ついでに(タダで)はありません。
そのかわり、料金をいただく仕事には全身全霊、経験知識の全てをもってあたります。

実は今回、最初の来店時にはたまたま症状が出ずお手上げ
数時間後に再発しその足でまた来てくれたという気合充分のお客さん。
おっさんだってそういう熱心さに見合うくらいの対応をしたくなるってもんです。
イノキさんやシューゾーさんレベルまでいくと自信ないですが。



07111.jpg
納車ついでにスタッフを連れて先日ついに行った!
ハンズのすぐそば「一目惚れ雑貨店toi toi toi」
時間があれば1時間はいると思う



07112.jpg
通常、世話したひとにもらう「お中元」
初めてもらったのはお世話になってるひとからでした。
早速いちばんごはんに合いそうなのを工場で。サイコウ。
富山のキムタクありがとうございます。



☆今日は執筆時間も量も塩釜なみ









未来の俺は

  • 2013/07/08(月) 19:28:46

07084.jpg
買ったばかり(&ワタシが車検やったばかり)でこわれたエンジン。
これという原因も見つからず、現物修理には不安と二度手間の危険があるのでリビルト品へ交換。



07083.jpg
リビルトエンジンにはなんも付いてこないのでめっちゃ外します。



07082.jpg
たかが軽とはいえターボ付きということもあって部品いっぱい。



07081.jpg
終わる気がしないってやつですか。
何ヶ月も何年もかかる建築や土木の仕事には言われたとおり払いたい気がします。
そのレベルの仕事を私が発注することはないでしょうが。



終わる気がしないといえば。

十代のある時期から、イッちゃいかけてたのか神の啓示なのか、
キツイ場面に遭遇すると毎回同じことを考えました。マラソン大会とか。

「いつかは終わるんだろうけど、終わったあとの俺はこんなにキツイ気持ちを理解出来るのか。」
「あと数十分もすれば、さぞかしホッとして、いい気分なんだろうな。」
「あんなにキツかったのにまー終わればどーってことなかったな」とかぶっこいてんじゃねーのか?なんて。

だったらぶっとばしてやりてーとかそういうことではなく
青息吐息で走ったりしながら、なんか終わって余裕こいてる時間にスリップしたような
なんともいえない変な感じを味わいました。
人に理解してもらう説明が出来そうにないので話したことはありません。
多少文章力がついたこの歳になっても、書いてて「わかんねーだろうな」と思います。


その後も事あるごとに脳内タイムスリップ未遂を体験しましたが
おっさんになった今もキツイ仕事のときはそんなことしちゃいます。
が、不思議なことに、事が済んだあと「あんときはアホな妄想したよな」みたいな
回想は一切しないというか、それをした記憶が全くありません。どのときも。
所詮現代人なんてキツイときには現実逃避願望と妄想なんでしょうか。

このように、その道のプロだからっていつも鼻歌まじりではなく
時間も神経をつかう仕事はおのずと工賃もかかります。
どうかご理解くださいますよう。



当時の俺にゃ「3年まえ」は江戸時代と同じだった・・・うまい。シブイ。ケバイ・・・

ぶっちゃけて欲しいんだろ?

  • 2013/07/04(木) 19:41:47

07041.jpg
あまり見ないトヨタのV6エンジン、5VZなんての。
一見プラグ脱着は大変そうですが特に変な部品移動は必要なく。
右バンクだけダイレクトのコイルで、コード使って左バンクも同時点火。
こんな上の6mmボルトの頭が朽ち果ててて、たがね使ったりしてちょっと面倒ではありましたが。



07042.jpg
初交換かもしれない12万キロ。なかなか見れない酷使具合。
V6で排気量もデカイから勝手に白金だと思われてここまできたような。

私ら小規模な工場へ来られる方々って
多くのひとが事務所のテーブル席に着席することなく作業風景を御覧になります。
多分、かしこまったフロントマンの杓子定規な説明じゃなく
ぶっちゃけた現場の見解をお求めなんでしょう。

私は車検であれ単発修理であれ大体ふたとおり以上の見積もりを出しますが
以前は「最低限これだけは」というものもお伝えしていたのを少し変えました。
保安基準上外せないものに加え、自分の思う必須事項も入れるように。

つまりは「なんとか車検通るために」という、そぎ落とした見積もりをやめました。
「じゃあそれで。」と言われると青息吐息で出て行くことになるから。
それでも「なんか削れないか?」と訊かれたら正直にこれとこれって言います。



07045.jpg
要はどこにお金をかけてどこにかけないかは、ある程度先が読める工場側が提案すべき。
まあ言ってみればそういうマネージメント部分にやりがいがあったりするんですが
「今まで選択肢なんてなかった」とおっしゃる方もよくいます。不思議。

こんなマフラーのステーの付近だけ水はけが悪くて腐食なんてのは工夫でどうにか出来る部類。
出来るだけ強度を出せる溶接をほどこしますが陰の穴の部分は届かないのでパテを。



07044.jpg
見た目はそんな自慢するほどの仕上がりじゃないけど、パテは密着させるのが重要。
手を変え品を変え、単なる「車検合格のために」的その場しのぎじゃないです。
検査官はもちろん、あとで同業者に見られても胸張れるようにやります。
特に車検の場合は記録やステッカーで名が知れますんで
「すぐとれてもいいから安くして」ってのは実際困ります。



07043.jpg
だから普通は捨てるものも常にベンチ入りしてて極限まで利用したおします。

これなんか意外といろいろ使えます。











ついに恐れていたものが。

  • 2013/07/01(月) 19:35:07

07012.jpg
やべえーついにオレんとこにも来た!架空請求か!



07011.jpg
よく見なさい。
数々の工場を震え上がらせてきたあのお方のお品じゃないですか。
つのパチさん恐れ入ります。
昼版と夜版で残業ももう怖くない。



0701e.jpg
知らないひとの仕事に意見するのは嫌いですがこれは。



0701d.jpg
いわゆる鼻くそ溶接の解り易い事例。



0701b.jpg
パイプ側からアーク(火)を発生させて
マフラー側には溶け込まないうちに「出来た」と勘違いするとこうなります。

通常、強度のあるマフラー側で火を出して弱いパイプ側に溶け込ませるものだし
機械の調整不良か能力不足かもしれません。
悪気はないのかもしれませんがそれはそれで困りものです。



0701a.jpg
後処理する場合はまずごてごての部分切除。


07010.jpg
こんな使い道ねーだろって廃材でも役に立ちます。
寸法がちょうどいいから。



07019.jpg
寸法ってのはその太さのことね。
ちょうどいい感じでかぶさるのね。
でもこの時点ではまだ溶接しないのね。


07016.jpg
外したパイプをまた装着してから仮づけね。



07018.jpg
ここがどっちかに寄っちゃったりしないようにするために



07017.jpg
ちゃんと助手がいるわけね



07015.jpg
そしたら今度はマフラーごと降ろしてバリバリくっつけるわけね



07014.jpg
満足いくまでくっつけたら



07013.jpg
見た目のためというよか錆止めのための塗装。
コレを塗ると僅かな漏れもすぐ黒くすすけて即バレなんで危ないっすよ。




☆今年は他に車検出すからマフラー溶接修理してくれって依頼が2件