FC2ブログ

全ては芸のために

  • 2013/06/16(日) 14:40:53

ここんとこの札幌、日中は場内が息苦しくなるくらいの気温です。
軽自動車の検査場のゾウ鼻クーラーもついに稼働を始めました。

検査リフトで天井近くまであがって初めて運転席あたりに冷風がくるレイアウトですが
どうも茨城はナガツマンちのあたりは普通の高さについてるようですね。

工場ではなんとなくスワール効果を生む気がして
シャッター全開じゃなく下の方ちょい開けにしてることが多いです。

葉っぱやなんかが入ってくるのもイヤですが
砂埃を嫌うものを扱うので全開は正しくないとも思います。

そんな暑くない日は基本全閉なんで、やってんだかどうなんだか不審な工場に見えるかもですが
毎日いますんでご安心ください。


06161.jpg
冬場、ストーブの蒸発皿として使ってた¥100のボウル
鉄でさびさびになったんで工場へ。
オイルエレメントってのは緩めると中のオイルがだら~っと出てきて
とても手では触りたくないので
レンチで緩んだら尖らせた「元」ドライバーで回して落っことしちゃいます。
足回りなんかにぶつかってどこへ転がるかわかんないような車種では
こういうので受けると安全です。

オペで摘出したなにかを銀色の皿に入れてる1シーンを参考にしました。
いつかは「ここ照らして!」「10mmソケットロング!」「ハイッ!」というのを夢見てます。



06163.jpg
乗ってて気づかないかもしれないけど危ないシリーズ
ラックエンド。ハンドル切ると左右に伸び縮みしてタイヤを動かす機構の一部。
もげるとハンドルが効かなくなるし多分タイヤがあっちむいてもう動けません。
リフトでタイヤが浮いた状態だとガックンガックンでした。



06165.jpg
今も濡れてるくらいなので相当水が入ったのでしょう。
車高が低いので雪が溶けたやつかもしれません。



06164.jpg
そうならないようにこっち側にはゴムのパッキンまでついてます。
ベンツですが国産では記憶にはありません。
でも反対側から浸水しちゃったみたいです。



06166.jpg
反対側はバンドで対策したのか?
カッコ良くないけど現実的かもしれません。
整備士のヘンなこだわりで不安要素を残すよりは。

自分も柔軟な姿勢で強かに生きて行こうと思います。特に裏はありません。











スポンサーサイト