FC2ブログ

数少ない自慢の品

  • 2013/03/01(金) 21:37:23

03011.jpg
開業時、部品屋さんが廃業した工場から持ってきてくれたジェットヒーター
こいつはすごい。
板金屋さんにあったというから、冬場は働きづめだったはず。
しかもかなり古いはずなのに未だに一発始動。



03014.jpg
後部の電動ベーンポンプは燃料とは無関係であくまで風を生むためのもの。
燃料は燃焼室に装着されたノズルから流速によるベンチュリー効果で吸い出されるもよう。
まるでキャブターボ。
現代のは電磁ポンプが壊れたり、それに通電する基盤が壊れたり
運転停止後もファンを回して冷却するための回路が壊れたり
そんなの一切ついてません。




03013.jpg
どこへ飛んでこうってのか主翼?水平尾翼?までついてるし。



03015.jpg
今もあるメーカーのもののようです。
ネブカドネザル号を彷彿とさせます。




03012.jpg
かつてはこんなシーンで活躍したんでしょうか。
もっともこの工場も私もその時代すでにあったようですが。

今より格段に低いはずの技術の時代のものでも
構造がシンプルなために中々「もうどうにもならない」とはならない
聞くところによると部品の材料は今のより上等かもしれません。
シビレルじゃありませんか。

ここぞという時壊れちゃ困るし大食いなのでめったに稼動しませんが(笑)

スポンサーサイト