裏メニュー

  • 2018/06/18(月) 20:29:16

IMG_4983 (768x1024)
メニューに載ってないけど存在する裏メニュー。そそられますね。
ただ、本来は一所懸命通ってくれるお得意さんに感謝の意をこめて「アンタはそこらへんの客とは別格よ」という意味で出すんであって
それを自慢げにしゃべっちゃったりましてや写真撮って流出なんてしたら一気に格下げだべ。
ま、そんな正統派のお店には誰もが出入りできるわけじゃないし
むしろそれを狙ってる節のあるお店が主流なのかもしれんが。

これは逆らえない筋から、最初っから裏メニューをご所望のクルマ。



IMG_4982 (1024x768)
もう売ってないシフトケーブルが切れちゃったのをどうにかせよと。
もっとも、当店の通常メニューを見せてみろと言われるほうが困りますが。



IMG_4985 (1024x768)
持ってきてくれた中古のケーブルは長さも固定部の形状も似てるけどそのままじゃムリというもので
他で断られてなすすべもなく車検も切れちゃってます。
同じ型のクルマ用ではあるけれど年代違いなのかもしかして二本あるうちのもう一か所用か。
それでも金具は削ったり長いからシャフトを切って溶接したりしてシフト可能にするまでに何度もつけたり外したりしたもんでほぼ一日費やしたわけなんですが



IMG_4986 (1024x768)
まだあんのかい!という問題が。
シフトレバーを前に倒す①③⑤から戻すときになんか引っかかることがある。
ワイヤーの端についてる一部シャフト状になった金具がアウターのガイドから出ちゃうの。
うまくガイドに入ってないのに無理に動かすとワイヤーが折れ曲がっちゃってまた切れちゃうじゃん。




IMG_4987 (1024x768)
検討の結果ミッション側のレバーをずらすかアウターを前に移動するという方法は手間がかかりすぎるので
ガイドを延長してシャフト部が出ないようにする方向に。



IMG_4988 (1024x768)
追加ガイドはそんなに引っ張られることはないと思うがビニテはいずれ剥がれるから切ったホースで巻いてやろう。
ちなみに中の追加ガイドも金属パイプですが一旦こういうふうに裂いてます。
溶接前なら自由に入れられたんですがもう一回切る気にはなれませんで。



IMG_4989 (1024x768)
具合を確かめるのにそのホースはホースバンドで締め上げてたんですがどうも素人っぽいのでコレ。
ドライブシャフトのブーツバンドの切れ端。
巻き上げ式の締め具もあるんですがぐるぐる巻きになっちゃって捨てるしかないから使わなくなってきた。



IMG_4990 (1024x768)
ただの切れ端も帯をつけてやればまた締めることが出来ると知ったのはいつだったか。



IMG_4992 (1024x768)
こんな細くしてもけっこう締められます。



IMG_4993 (1024x768)
この写真を一人で撮るのはカエサルで心臓をオペするよりちょっとやさしいくらいです。



IMG_4994 (1024x768)
ホースの切り口とボンレス具合で半端じゃない締まり具合がお分かりかと。
余った端っこは切りっぱじゃなく内側に折り返すというしゃらくさい小細工。
じつはいろんなシーンで使うこのバンド仕事がちょっと自慢。
もうひとついえば、ついてた切れたケーブルを切って二個イチとかはせず車両側にも一切加工入れてない。
切れてても見本として出せば同じように作ってくれるとこがあるから。

いってみりゃ日常、ほとんど裏だな。



IMG_4978 (1024x768)
せっかく買った半袖ツナギも寒くてやめたくらいなんで
この1週間はコンパクトに落ちてます。

ご自分は来たことも電話すらしたことないのに先日お友達に当店のことを教えてくれた方、ありがとうございました。
その微妙な情報で来てくださった方もまたよろしくお願いします。








スポンサーサイト

常に新技を考えてます。

  • 2018/02/22(木) 19:45:32

IMG_4628 (1024x768)
幾度となく紹介してきたトヨタV型エンジンのFパイプ修理風景。
これはマークXですが3か所当て板かぶせてくっつけてます。
トランスファーをかわすために複雑に曲がってる左半分がよくやられてる気がする。
黒の耐熱塗料で塗ったあと。



IMG_4629 (1024x768)
そしてこの仲間たちは上から遮熱板というカバーがつくんだけど、だいたいまともじゃない。
特に固定するためのバンドのまわりがボロボロになってるのがほとんど。
全体がひどいのは捨てちゃうんだけど(車検でダメ出しされたことはない)
訊いたらこの方は買ったディーラーに車検入れるそうなので付けときたい。
取っちゃうとディーラーで車検ダメって言われた方がいらっしゃいましたので。
個人的にはフロアに別の遮熱板があるからいいんじゃない。
枯草ぼうぼうの空き地で長時間かけっぱなしとかなら新車だって危ないわけだし。


IMG_4632 (1024x768)
てことで大き目にす巻きにしちゃえばいいじゃん。
何も排気漏れを止めようなんてことじゃないわけだし
別に強度はさほど必要ないからペラペラのトタン板なら巻くのも楽だし。
とはいえもっと細いパイプに一度巻いてちゃんとくせつけしてからね。
なんで今までやらなかったかな。誰かがやってるのを見たことないからだな。
もっとも、遮熱板だけの部品供給はないから脱着してる時点で変な人だけどな。



IMG_4635 (1024x768)
複合機に飛び乗るんでいちいち降ろしてたらむしろ喜んでる気がして
あえて放置してみたらあまり乗らなくなったようです。

今日は猫の日と言われてますが実は7年前に開店した日。

製品化って難しいんですね。

  • 2018/02/03(土) 19:27:19

IMG_4558 (1024x768)
もう何年ももったいないって思ってたんですが
ストーブの熱って正面にも来るけどほとんど上昇気流として上方向に行っちゃうイメージじゃないですか。
それを最大限に利用すべく言わばあぶり台を作りたかった。
木じゃ心配だしさすがに鉄筋は畑違いだし見た目アレなので鉄の丸棒で。
5.5Mの丸棒がこれしか余らなかったのは驚き。全く計算無しで発注して足りただけ上等か。



IMG_4562 (1024x768)
工場に居るとすぐ冷たくなっちゃうイージス(長靴)は10分でぬくぬく。中央のはお弁当。
猫が興味本位で一瞬食いついたが5分ともたず。こっち目線で撮れたのがまた珍しい。

しかしものを置くときにはたゆんたゆん揺れるし
後部の補強がフューエルリッドの開け閉めに具合が悪かった。
とても売りもんにゃならないしその都度設計して製作だとストーブの値段をはるかに超えるな。
普段「なんでこんなにすんのよ」とか思ってたいろんな品物の見方が変わるぞ。
 
仕事もしてますのでご心配なく。

一発勝負

  • 2018/01/28(日) 18:39:59

IMG_4544 (1024x768)
お仕事のクルマ、ハイエース。
クラッチの切れが変だなと思ってたらペダルが床から戻らなくなっちゃったそうです。
応対時は「室内かミッション側の油圧系統の漏れでしょうね~」とキッパリ。
でもどちらも漏れた形跡まるで無し。
とりあえず動かせないと困るんでこんなの使ってひとまずエア抜きをと軽く考えてたらぜんぜん抜けない。




IMG_4539 (1024x768)
なんか助手席あたりで「ブチュー・・・ジュビー」とか聞こえるんで見たら、こんなのがべたべたになってました。
アキュームレータって命名されてますが普通そう呼ぶのはABSのとか油圧サスの蓄圧装置だし
クラッチにこんなの付いてないほうが多いと思うしなくてもだいじょぶだべ。



IMG_4540 (1024x768)
かといって外してしまって繋ぐという方法もないから開けてみる。
けっこう錆びてたのを磨いて見たら丸い鉄板にヒビが入ってて膨らんでるように見える。
力を加えてもグラグラ動くわけじゃないんだけど。



IMG_4542 (1024x768)
ブラケット兼用のフタ。磨いてみたけどこれ以上とれなかった。



IMG_4541 (1024x768)
漏れを防ぐパッキンはOリングだけど断面が四角いやつで普通置いてる工場なんてない。
ウチも普通だから置いてない。



IMG_4543 (1024x768)
でもどうしても動かしたい工場の事情と
これを新品にしてホントに終わるのかという一抹の不安があって神パッキン製作。
事後に記事用にもっかいバラしたから使用後風だけど。
ひとまずエア抜きは出来てそれ以上の問題はなくなったんでここで納期のご連絡。
というかすでに指定されてた納期に間に合うというご連絡。

一般的に「一発勝負」というとぶっつけ本番とか確証のない勝負というイメージですが
修理屋的には一発で決めるための勝負というかまあ上記のような検証作業を含めたもので
若いときは「一発で決めれよ!」とかよく先輩に言われたりしましたが
経験不足で前述の意味の一発勝負になっちゃって結果負けて大目玉とか懐かしい。



IMG_4520 (1024x768)
絶妙な力加減のなでなでが必ずしもうっとりにはつながらない。



IMG_4521 (1024x768)
獲物扱いのバリバリ&ケリケリ~どぼぢで~







構造変更

  • 2017/12/20(水) 19:34:28


IMG_4446 (1024x768)
8人乗りのグランビアの3列目シートを外しちゃって



IMG_4439 (1024x768)
貨物車に変えました。
けっこうめんどくさそうな加工をコンパネに施して敷いたのは理由があります。



IMG_4440 (1024x768)
大幅にスライド可能なシートを外したあとには、ステーが10cm程度出っ張って残るから。
逆手にとってそこにコンパネを固定するステーを追加してやったもんね。
カーペットをはぐってカーテンレールみたいなやつ丸ごと外す手もあるけど余計面倒だから。

そのまま受験すると、こんなの出っ張ってると荷台とは言えないよね?といじめられちゃいます。
つまり、貨物に変更して課税面で優遇されながらシート戻しちゃうんじゃないのー?と疑われてるわけです。
コンパネ固定しないで置いただけでも同じ。ちゃんとさりげなく動かしてみてる。
逆にちゃんとやって気合を見せとくと「あいかわらずちゃんとしてやがるぜ」からの「こいつはだいじょぶだべ」へ。であってほしい。
「ここは対処しないと不合格かも」って言っても「持ってってみて」と言う人もいますが
やっぱりダメな場合出直す手間は言うまでもなく、「いい加減な工場」という検査員の印象は後を引くかもしれません。
われわれ整備事業者と国の検査機関の間にも一種の信頼関係があると思うのです。



IMG_4441 (1024x768)
本来自由にリクライニングしたりフラットにもなるし回転シートでもある造りですが
それらは無効化しなきゃ貨物としては認めてもらえませんのでそういう仕込みを入れてあります。
昔は外したシート用のベルトまで撤去を求められてチョー面倒だった。





IMG_4443 (1024x768)

IMG_4445 (1024x768)

今思えばあえてタイヤハウスの高さまで底上げして面倒な加工を避ける手もあったか。
床下も収納スペースでーす♪とか言って。むしろ使い道が広がるかも。
まーでも高さ30cmとなると基礎をしっかり作らないとアレだし結局ラクではないな。

ちなみにこれ、業者さんからの決定事項としてのオーダーだったからやりましたが
お客さん直接の場合は多分やりません。
節税だけが目的ならそれこそあとで元に戻しちゃう可能性大だし
そもそも多くの人は上がっちゃう任意保険料やら毎年になる車検の手間と費用を考えたら言うほどお得か?
なんでもいいから4ナンバーや1ナンバーになればいいという話ならまずやりません。
そのかわり、「こういう風に使いたいからこうしたい」てことなら積極的にご協力します。









IMG_4442 (1024x768)
けっこう切ったんで床がわや。写真じゃソフトに見えるけど。




IMG_4447 (1024x768)
ほらー靴底にくっついて事務所もわや。
木工はド素人というのがバレバレだな。
鉄工だってプロというわけじゃないけど切削クズはすぐ掃くのにね。



IMG_4434 (1024x768)
どうも。夏八木 勲 です。(いい意味で。)