修理屋と販売屋そして長老。

  • 2016/08/21(日) 10:18:26

IMG_3201 (768x1024)
いきなりですが最新機種にしました。
使ってたi phoneの割引期間が過ぎてえらい請求が来て閉口してたのに加え
ケーブル挿入口に作業中金属の切削粉が入っちゃったようで充電不能に。
わざわざ出向いたアップル系店舗では修理よか丸ごと交換か機種変だべって塩対応。



115.jpg
でもね。必死に調べると何もアップルじゃなくても修理屋さんは存在してて難なく部品交換完了。
通信業者との契約はやめちゃったんで電話は出来なくても結局コイツはちっちゃな無線パソコン。
WIFI環境下ならそのまま使えるってんじゃないですか。
悲しいことに自宅は無線LANでパソコンを使ってたのにそれが=WIFIだと知らなかった。
事務所は無線じゃないけどたった¥1000の機器を買えばそうなるとは知らなかった。
パソコンじゃ使えない仕事用のソフトをこれで使いたいだけだからそれでいいの。
呪縛から解き放たれたような晴れ晴れとした気分だ。



IMG_3136 (1024x768)
なんか似たような話しがあったな。と思ったら。
ディーラーで修理見積もりが出たら〇十万で、打ち合わせもそこそこに新車の商談に進みそうになり
こりゃたまらんわって一生懸命調べた結果当店へ来られたというお客さんの話じゃないか。
要は通信業者も端末メーカーもクルマ業界で言うディーラー、つまり販売屋だ。
お客さんには「ディーラーは売るのが商売。修理よりも売らなきゃならないんですよ」なんて言ってるのにね。
そうなるといろいろ教えてくれるネットはいわば有識者の対策会議とでもいいましょうか。
でも中には偏屈だったり、専門知識はあるけど社会情勢にうとい人だっているかもしれない。
最も望ましいのは、たくさん場数を踏んでて的確なアドバイスをくれる「村の長老」的人脈だ。



IMG_3072 (1024x768)
どれを「身長」っていうんだろうな。



IMG_3101 (1024x768)
イッパイクッテナ。






スポンサーサイト

事実でないことをそう信じ込むことを妄想といいます。

  • 2015/03/17(火) 13:52:36

14309 005

昨年半ばあたりから、初めて来てくださる方に加え二度目以降の方も増えてきて
さっぱり写真がないので、これ、去年の3月9日の。

じゃあ今年はというと。
IMG_1263.jpg
同日じゃないにしてもエライ違い。
雪のない所の人だと、さすが北海道!3月でも雪あるね~で終わるかもしれませんが。



さらにもう1枚。
14309 004
これが~



IMG_1264.jpg
こうだ。
氷河の話じゃないけれど、振幅はあるとはいえ気候は変化しているんじゃないでしょうか。
その製造工程も、市場に出てからも、環境に及ぼす影響の少なくないモノを扱う私達。
革新的なことは出来ませんが、車検の合否に関係ない見積もり項目のなかには
商売の事情ばかりでない、そんな関連のものが含まれていることもあります。



IMG_1259.jpg
久々の精密作業室(事務所)。
燃料計が動かないのはタンク側に原因があることがほとんどですが
ニセの信号を送っても動かないので計器側の調査中。



IMG_1262.jpg
おねだりすれば回路図をくれるブレーンの面々はいるんですが
なんも診ないうちにそれは気が引けるので事前準備。
守谷のナガツマンは回路図を信じるなと脅すし。
追った回路は騒ぐほど複雑なものではなく、単体テストでも無事。
結局タンク~メーター間のどこかに問題がありそうですが追いきれない(コスト上)ので
直引きで対処したのは手抜きってわけじゃあありません。

最近良く思い出すんですが、中学の理科の授業での高本君。
ビーカーになんかとなんかを混ぜて変化を観察するという実験だったんですが
大筋の結果は教えられていたはずなのに
その執拗とまで思えるような観察眼というか真剣さ。
混ぜた瞬間からの泡の発生具合、時間経過、色の変化・・・メモる手がノンストップ。絵もありで。
生まれて初めて、自分のぬるさを思い知ったときでした。
卒業後は一度も会ってさえいませんが気になる男です。
自分をそんなふうに思っている人間は一人でもいるんでしょうか。

自分の仕事の分野に限っていえば、先入観や前例の鵜呑みというのはお子様。
何度も言ってますがそのクルマの持ち主の話についても同様。
物理的に起こりうることは何であれ起こっても不思議じゃない。
信頼出来る人が「こうしたら直った」というのでさえどこかに勘違いがあるかもしれない。
部品Aを替えたら直ったとしましょう。
その作業工程が単純なら単純なほど、信ぴょう性は高くなりますが
複雑になるほどその割合は低くなります。
過程でさわったあるいは脱着した部品の僅かな取り付け位置の変化や
配線類なら抜き差しによる接触具合の変化といったように
替えた部品以外の部品の状態の変化によって「直った」可能性も疑う必要があります。
たまに聞きますが「修理直後は良かったけれどすぐまた再発した」なんてのは
なにもインチキ工場ってわけでもなくそのパターンが考えられるわけです。

かつてダウンタウンの松本さんが女優さんと噂になったときご本人はこう言いました。
 何万年も経って未来の人間が日本で書籍を発掘したとする。
 それは今俺と女優Aの記事が書かれた週刊誌だ。
 前後関係や文化を知らない彼らは、それを「記録」だと思い込む。
 事実かどうかはそっちのけで、その記事は「史実」になってしまう。

人の考えや話って、そんなもんだと思います。
だから、自分の判断を信じて対価を得ている我々商売人は
「あれー・・・おかしいですねー」じゃあダメだと思います。
疑いようもないストレートな結果を出すか、そう出来ないのなら
最後の最後まで騙しきる技術を提供すべきだと思っています。

写真ないからいっぱい書いちゃった・・・










クルマなんてネットでなおるべさ。

  • 2015/01/29(木) 20:48:12

IMG_1139.jpg
こちらトッカリモータース。
困ったときはネットに頼ります。
たいがい、サクッと直っちゃいます。

BMWのⅤ8エンジン。
毎日入れなきゃいけないくらいエンジンオイルが減るから持ってきていいか?ってご近所さん。
いくら近所でも垂れ流しはアレなんで加入してるというJAFで搬送してもらいましたが
おじさん、普通にエンジンかけておろして工場前につけてくれました。
なんのために時間まで決めてリフト空けてシャッター開けたのよ。
おまけに距離控えたいからってボタン押して、ブレーキ踏んでるもんだからまたかけちゃうし。
雪のない夏場なら激怒だな。

ってまあ漏れてるのは確かなんだけど
何もないところからに見えるのでネットで教えてもらいました。



IMG_1140.jpg
片目のオバQみたいな穴のふたのパッキンがだめなようです。
ちなみに、「BMW735 オイル漏れ」とかアバウトな検索では永遠に教えてくれません。
さらには、私がいつも求めてるのはあくまで「写真」による「部位」の情報。
人の言葉の表現てあまりにもあいまいで、表現力の個人差や記憶違いといった可能性を考えれば
とても仕事で預かったクルマには採用出来ません。
同じ意味で、お客さん本人の訴えも話半分で聞いてます。

物理的に何が起こっているのかを理解できなければ、あるいは
確信に迫るレベルで想像できなければ
実行犯をどうにかしてもその上がまた何か仕掛けてくるかもしれません。




IMG_1138.jpg
パッキン新旧。
溝から外す際にばらけてしまったそれは、
空き缶に入れて振るとサイコロかと思うほど硬化しておりました。
試しにお客さんにも聴いてもらったところ喜んでくださいました。



IMG_1141.jpg
ボンネットを開けて見えるところは一通り目をやりますが
なんか全体がべたべたしてる。
何度もオイルを足したときこぼしたにしては広範囲すぎる。



IMG_1142.jpg
クーラントのリザーブタンクに穴が。
現代の国産には少ない、密閉式ならではですね。



IMG_1180.jpg
ガンダムのベルトを飛ばした固着ポンプは
ベアリングは現役で売ってましたがシールキットを探せず
大和のホワイトベースにたまたまもらってた情報にすがったところ
なんの見返りも求めずにあっさり助けてくれました。カッコいい。

写真は自慢のチューブ操作のアピールです。
自作紙パッキンも挟みますが自分も信じてないもんで。



IMG_1182.jpg
無事暖機テストも出来るようになって一見平和な場内ですが



IMG_1183.jpg
実はこんな劣悪な環境です。
ブレーキもクラッチもスカスカなんで外には出せないし。
作業自体はそんなに困難でもないですが
こういう悪条件に対処する手間もなんぼか料金に反映させてください。
そのかわり一旦請けたら全力で結果を出すべく動きます。

てなわけでしばらくさぼってすみませんでした(最後にかよ)




なんとかする

  • 2014/06/27(金) 09:15:53

昔々、英語の授業で習った「マネージ」という動詞
「なんとかする」という意味だと聞いてえらく納得した記憶があります。
erがつくとマネージャー。と言えば十代的に浮かぶのは芸能界。

「あたしこんな役イヤよ!」
「まあまあ、これも演技の幅を広げるためだから。」
「そうかしら~?」
「大女優への第一歩だよ。」
「しょーがないわねー」
・・・毎日なんとかしてるんだろうなーみたいな。
その後出てきた、安室ちゃんを崇拝しファッションをまねるのがアムラーてのは目をつむるとしても
マヨラーはルールとしてあまりにもアレだし
当時のテレビだか雑誌で「色々な”ラー”特集」てのはもう
刻々と変化をとげる日本語の柔軟さをまざまざと見せつけられたって感じです。



IMG_0263.jpg
気を抜くとボーボーになる敷地の草刈り用に制作。
テレビで見たどっかのお寺で使ってたもっとでっかいのをお手本にして
なんとかしてみました。立ったまま出来てラク。
たんぽぽとすすきは少々残す花鳥風月野郎です。



IMG_0260.jpg
ブレーキすっぽ抜けのトヨタはカップキットが普通に出て安心してたら
マスターシリンダも抜けてて部品ナシ・・・



IMG_0262.jpg
サビサビの中身をきれいにして組んでみたら、ふやけてたカップが破損・・・
近い年代の同径のキットを入手してなんとかしました。
いっぱい入ってるけど同じだったのはカップのみ。
もったいないけどそれでも目的は達成。



IMG_0261.jpg
腐ってどうしょうもなかったラジエーターは
その筋の方になんとかしてもらいました。
元の構成部品で使えたのは左右のブラケットのみだって。


IMG_0257.jpg
これは焦った。
エンジン載せ替え後のワゴンR、このランプが点滅。
シフトレバーのO/D OFFスイッチを押すと元々「点灯」はしますが
「点滅」となるとそりゃアンタ、AT異常の警告だべさ。



IMG_0259.jpg
作業中に何気なく見たエンジンハーネスの品番が違うのは気づいてたので



IMG_0258.jpg
中古エンジンにセットで付いてきたコンピューターをつないでみたけどダメ。
故障コードはシフトソレノイド系のが二種類となぜかEGRバルブ系の合計3つ。
どちらも消去も出来ない=今現在継続して故障中。



IMG_0256.jpg
クルマ側はもうそこらへんが狭くって見る気がしないので
回路図とコネクター一覧表てのを見たところ
ATの一部とEGRに同型状のものが使われてることが判明。
あれですね、連続殺人事件の捜査方法としておなじみですね。
被害者たちの共通点を見いだせ。


IMG_0255.jpg
こんなに仲良く並ぶくらい近くに同型状はやめてください。

しかもミッションは元のを使うので私がコネクターを抜いてますが
EGRのほうはハーネスごとエンジンが入荷してるので刺さってましたから。
ご丁寧にクランプもきっちりはまってて。
今思えばAT側はなんかつっぱるなーとは思ったんですけどね。(オイ・・・)
まあエンジンとかミッションとかの重整備では勢いを止めないことも必要。
当然ながら差し替えで全ての故障コードは消えました。
てなかんじで最終的にはなんとかしますんで。どうぞお気軽ご相談ください。






未来の俺は

  • 2013/07/08(月) 19:28:46

07084.jpg
買ったばかり(&ワタシが車検やったばかり)でこわれたエンジン。
これという原因も見つからず、現物修理には不安と二度手間の危険があるのでリビルト品へ交換。



07083.jpg
リビルトエンジンにはなんも付いてこないのでめっちゃ外します。



07082.jpg
たかが軽とはいえターボ付きということもあって部品いっぱい。



07081.jpg
終わる気がしないってやつですか。
何ヶ月も何年もかかる建築や土木の仕事には言われたとおり払いたい気がします。
そのレベルの仕事を私が発注することはないでしょうが。



終わる気がしないといえば。

十代のある時期から、イッちゃいかけてたのか神の啓示なのか、
キツイ場面に遭遇すると毎回同じことを考えました。マラソン大会とか。

「いつかは終わるんだろうけど、終わったあとの俺はこんなにキツイ気持ちを理解出来るのか。」
「あと数十分もすれば、さぞかしホッとして、いい気分なんだろうな。」
「あんなにキツかったのにまー終わればどーってことなかったな」とかぶっこいてんじゃねーのか?なんて。

だったらぶっとばしてやりてーとかそういうことではなく
青息吐息で走ったりしながら、なんか終わって余裕こいてる時間にスリップしたような
なんともいえない変な感じを味わいました。
人に理解してもらう説明が出来そうにないので話したことはありません。
多少文章力がついたこの歳になっても、書いてて「わかんねーだろうな」と思います。


その後も事あるごとに脳内タイムスリップ未遂を体験しましたが
おっさんになった今もキツイ仕事のときはそんなことしちゃいます。
が、不思議なことに、事が済んだあと「あんときはアホな妄想したよな」みたいな
回想は一切しないというか、それをした記憶が全くありません。どのときも。
所詮現代人なんてキツイときには現実逃避願望と妄想なんでしょうか。

このように、その道のプロだからっていつも鼻歌まじりではなく
時間も神経をつかう仕事はおのずと工賃もかかります。
どうかご理解くださいますよう。



当時の俺にゃ「3年まえ」は江戸時代と同じだった・・・うまい。シブイ。ケバイ・・・