あの人は今。

  • 2017/06/25(日) 13:13:56

さまざまな修理を請けるなかで、
その一回のご来店をきっかけに車検が来たらまた来てくれたり板金でお声かけいただいたりと、
その後も繋がっていくのは技術職として商売人として本当にありがたいことです。
もちろん、分野別にディーラー・量販店・車検メインの工場・当店と使い分けるのは自由だし
むしろそのほうがメリットがあるということも考えられるのでおすすめしています。

少なくとも単に金額面で比較するとしても、「ここなら何買ってもやらせても他より安い」
というお店・工場は存在しません。そういうスーパーは無いと奥さんがごそんじのとおりです。
もっとも、商売というのは常に動くものですから厳密にはそんなこと検証のしようがないわけですが。

それでも、そうとしか思えないお店・工場が存在したとします。
しかしながら学校で習った物理の法則に基づく事象にだって現実には空気抵抗や気圧などの条件が加わるように
人が関わる作業という、見た目のきれいさや耐久性といった要素を含めたいわば総合的な出来栄えが一つの商品だと考えると
同業者ですら正しく評価して他と比較するのは困難です。

つまり、「ここなら何買ってもやらせても他より安い」まして絶対安心なんてのは
希望的、楽観的観測に基づく妄想なのです。

「じゃあトッカリモータースだってそうなんじゃないの!?」
その通りです。というより、もとから安さで売ってないのですでに負けてます。
だからこそ、それでもときどき来てくれる人(のクルマ)には全力を注ぎます。


ちょうど3年前に修理した↓あの人は今。
http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-237.htmlIMG_3841 (1024x768)
貼った鉄板の溶接のキワから染み出るお水。
隙間があって内部から出てるのは間違いない。



IMG_3842 (1024x768)
少なくともアイドリングでは排気漏れの音も排圧もなんら感じませんが
車検での入庫なので検査官受けを狙って塞ぐ。



IMG_3844 (1024x768)
もちろん塗る。
車検のついでだからタダですが
そうじゃなくても修理後1年程度はタダでフォローするから言ってねと出してます。
でもマフラー修理からそのあとつながるケースってそう多くないから
貴重なデータのひとつ。



一年前にエアコン詰りの修理して↓漏れ修理は後回しにしたあの人。
http://umihyou.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

プロミネント
今回はエアコンのガス漏れ箇所が見えたのでその対処が目的ですが
1年経つ間に、長年付き合いのある別の工場で車検をすませたそうで
パテで対処されたマフラーをちゃんと直せと。
さっきのとは逆パターン。


IMG_3846.jpg
中から見て。白く見えるのは向こうの風景です。



IMG_3848.jpg
なんでこの一帯が集中的にやられてるのかは不明ですが
もう穴埋めじゃもたないので広めに当てる。
緩いですが確かに曲がってるので豊富な廃材からセレクト。
セレクトショップってなんなんですか。どこだってセレクトして仕入れてるんじゃないんですか。



IMG_3849.jpg
程度のいいのはギラギラに塗りたくなる。
今回は他にもお金かかるから「やってられんわ」の2,3歩手前くらいの設定で¥15000-税別。
安いのか高いのかさっぱりわかんねーな。




IMG_3851 (1024x768)
溶接中でも動じないのでこっちがどけたり壁をつくったり結構手間。
若干変な風景なのはたまたま。
普段は10年くらい前のクルマが多い気がします。



IMG_3883 (1024x768)
この短い足で1mくらい助走なしで飛びます。人なら二階の屋根くらいいけるな。
















スポンサーサイト

マフラー溶接やめます。

  • 2017/03/20(月) 13:00:20

って書いてしまいたい早春。
やらないって何度書いても電話が来るのは相手がイカレてるからだと思ってましたが
違いました。新しい記事にいちいち書かないとダメなんだと。

ワンオフとか一点ものとかべっぴんさんとかのマフラー製作は出来ません。
材料の在庫がないし修理のための設備しかないからです。

必然性のない、単に「ちょっと変えたい」という動機の加工もしません。
普通の修理や車検にもっと時間を割かなければならないからです。

たとえ修理の必要がある場合でも、
保安基準に適合する状態で完成出来ないクルマは受け入れ出来ません。
何を言ってるのかというと、そこを修理したところで元々がうるさい社外品だとか
触媒を取っちゃってるとか 作業には無関係でもフロントガラスにスモークフィルムとか
つまり車検受からないんじゃないの?的クルマのことです。

さらに、全てにおいて共通しているのはその作業に私が興味を持てない、共感出来ないということ。

業界入りの動機がオートバイがらみだった私にとってクルマとは
極端に言えば椅子に座って度胸でアクセルを踏めば誰でも速く走れるイメージ。
未だチューニングやら空力うんぬんの前に精神鍛錬じゃねーのという考え。
だってちょっとからんできたっぽいおっきなクルマがね、
代車のKEIを全開踏んだくらいでフェイドアウトするってそりゃ完全にやる気の問題っていうか
そもそもどんなシチュエーションで誰を相手に何をもって勝ち負けなんだという哲学でしょう。

どんなスゴイクルマも踏まなきゃ速くないし
速く走ることは迷惑ではあっても役には立たない。本人以外誰も求めてない。
踏めなくて遅い人も困るけど。


IMG_3516 (768x1024)
こういうのが道に居たり出て来て50k/hと80k/hだと結構違うとおもう。



IMG_3512 (1024x768)
ちゃんとしたとこに車検出して
こんなゾッとする燃料ホースを交換とかにお金を使うべきでは。



IMG_3515 (1024x768)
フェンダーライナーに覆われてるからその気で見たって見えないの。
燃料フィルター交換するって決めたから見えたの。



IMG_3469 (768x1024)
元々それなりに速いクルマだから
減るクーラントを足して乗るんじゃなくて原因を取り去るべきなの。



IMG_3493 (1024x768)
もつべきものはタダでゲットした材料。ゴミとも言う。
ちゃんと保管して記憶してて常になんかに使うイマジネーションをふくらませてればですが。




IMG_3494 (1024x768)
若干かたちを変えてこの写真のなかにいます。




IMG_3471 (1024x768)
ヘッドガスケットなんて近年めったにやらないから泣きそうだったけどね。



IMG_3477 (1024x768)
セリフを入れてください。とお題を出したら猫飼ってる人の多くはこうだろう。
「いいよなお前は。」



IMG_3529 (1024x768)
月に何台もマフラー修理してると
もげやすいレイアウトやその兆候が分かってきたりするもんで。
こういう可動式ガスケットとスプリングのついた取付部。



IMG_3527 (1024x768)
車検で来てて別に漏れもなんもなく今はいいんですが
つかんでゆすっても動く気配がない。ボルトを外しても取れない。
フランジ間にバールのようなものを入れてこじるとフランジが曲りそう。
ここが動いてくれないとパイプ自体がたわむ>錆びて材質が薄くなってるともげる。


IMG_3530 (1024x768)
地道に揺すったら普通固いはずのパイプ側から抜けました。



IMG_3531 (1024x768)
普通は動くように出来てる側が取れない。



IMG_3534 (1024x768)
そこらへんにあったマフラー参照。
すり鉢状になってるから動いても漏れないというなかなかの精度の造り。



IMG_3532 (1024x768)
やっととれたというかこそぎ取ったらやっぱり錆びて固着した模様。
振動を逃がすための構造だからいつも動いてるはずなのによく固着したな。



IMG_3536 (1024x768)
さらに段差を磨いたものの、今後が心配なので給油。
正にこれぐらいしかない。固まってもらうわけにはいかないから。



IMG_3481 (960x960)
猫にも寝ぐせがある。



IMG_3489 (1024x768)
いっちょまえにフェイシャルマッサージもお好き。



IMG_3496 (1024x768) (2)

雪が降った朝必ず来てるこいつらが気になる。
雪がないとわからないだけで来てるんだろうな。

てなことで普通の修理や整備をお待ちしております。
車種は普通でも変わっててもどっちでもいいです。
















ラーメン屋と修理屋

  • 2015/08/19(水) 11:30:45

IMG_1614.jpg
明らかに涼しかった夕べ、クルマで15分のお気に入りのラーメン屋に久々に行ったら。
なんかしょっぱくない。おれの体調のせいか?と、一応平らげて
外で連れに訊いたら、食ってるうちにしょっぱくなってきたと。

それからネギが薄切りのとぶつ切りのが混在しててテキトーくさい。
妙にオーバーアクションでちょっと引いた。
看板に「食べログで評判の店」とか書いちゃっててチャラい。・・・散々な言われようですな。

あ、先月迷い込んだニャンコね。



IMG_1692 (1024x768)
自分が個人事業主になって4年半、確実に大きな店を避けて小単位の店を選ぶ傾向にあるんですが
気に入ってた店の良くない方向への変化はちょっと悲しい。
そして即、自分はどうなのよ?と考えさせられる。

なんかのセミナーで聞いた話ですが
食べ物屋さんは楽しみな気分・ポジティブな気分で行くところ。
対して我々の業界は多くの場合、しょうがなく・ネガティブな気分で行くところ。

ひとつき経過のニャンコ。
工場内で飼うべきでないと判断、基本ノラなんで
欲しいとき現れてじっと見つめます。
なぜかニャーとかは鳴きません。
迷い込んだ当初親を探して鳴きすぎて枯れたの?



IMG_1694 (1024x768)
しかも汚いつなぎで自分のクルマを扱われたり
受付のオジサンがぞんざいな態度だったりするイメージが昔からあるもんだから
ついキレイなディーラーへ吸い寄せられたりというのはうなづけます。
でも現実には当店のお客さんのなかにはディーラーに愛想を尽かした方も少なくなくなくなくなくなーい。
結局、人が人を信じて、あるいは気に入って続くものなのだと思うわけですが
傷ついてすきま風知ることのないよう頑張ってます。

基本、なついてないし1mが最接近距離の最近。
でも食ってるときは30cmで接写可能。



IMG_1695 (1024x768)
商売人とお客さんという立場の違いは一時的なもので
お互い同じ社会で生活を営む者同士と考えれば視野が広がります。
例えば「ぼったくられたらどうしよう」という客意識に対し
相手は「払ってくれなかったらどうしよう」「部品先に頼んだのに来なかったら」という懸念を常に持っています。
二回目以降それは急速に薄まっていきますが。
仲良くなりたいというとおこがましいというかずうずうしいですが
なんとなくクルマと関係ない話もしたがる傾向にある私なので構ってやってください。

「いたのかよ!」
目つきはイリオモテ山猫だがそれはそれでめんこい。
これなら完全ノラでもなんとかなるだろう。



IMG_1708 (768x1024)
日時を約束したのに「誰?」みたいな対応だと二度と行きたくないでしょう?
店側も同じです。
キャンセルの電話はがっかりしますが少なくとも筋は通ってる。
最悪なのはきっちり打ち合わせした日時をすっぽかすこと。
ただのタイヤやオイル交換であっても、場所の確保と時間割り的段取りが要るのです。

突然来たりいなくなっても許されるのはお前だけだ。
気が向くとお気に入りのショックブッシュで遊んでってくれます。



IMG_1705 (1024x768)
キャッキャッ!盛り上がるともう止まらない。



IMG_1704 (1024x768)
なんかマタタビに似た成分でも入ってるのか。



IMG_1707 (1024x768)
しかしトラックの走る大きな音には敏感だ。



IMG_1711 (1024x768)
たまに我にかえる。「いつから見てたんだよ!」



IMG_1712 (1024x768)
「別にこんなおもちゃ興味ないもんね」を装いつつトッカリコス(やらせなし無加工)

言っときますがニャンコで釣る気は毛頭ないし来てもまず見れません。
基本ヒット&アウェイなんで。










呪縛を解き放て。

  • 2015/04/05(日) 11:53:19

いきなしですがメールくださったKさん、オーダー了解しました。
1000の品はない場合、保留のうえ電話にて相談します。(メール返信がエラーになるので)

ここから本編。
IMG_1278.jpg
油圧式のパワーステアリングには必ずついている、リザーブタンク。
一見、黒っぽく見える半分くらいまでオイルが入ってるようですが
ゆすっても油面が揺れません。



IMG_1279.jpg
そういうもんだべ?という呪縛を解き放ち
たいして大変でもないタンク取り外しを決行してみると
黒っぽいのは汚れがへばりついてるだけで
決して油面高さを見せているわけではないと分かります。
洗うのもそんなに時間かかるわけじゃないし。


IMG_1281.jpg
日の光も通さない、ダークサイドに転じたかつての赤い血潮は
新油と並べるとシステムへの悪影響が懸念されますね。



IMG_1284.jpg
元々はこんな感じだったのでしょう。
油圧を生み出すポンプやタイヤを動かすギヤボックスがいかれると出費大。
エンジンオイルやATオイルばっかり替えられるので
この方がたはいつも面白くないそうですよ。
他にも、クーラント、デフ、トランスファーなんて面々も愚痴ってました。



IMG_1289.jpg
旧いクルマは細かい故障は受け入れろという呪縛もありますね。

オドもトリップも動かないメルセデス。
幸いスピードメーターは動くので迷わずメーター本体に着手出来ました。
いちばん大変なのは、針を非破壊で分離することです。



IMG_1287.jpg
歯車のついたシャフトに数字のついたコマがズラッとささって、
最後にきつくはまるだけの駆動用ディスクがゆるゆるでした。
ポンチの跡はこれが初めてではないという歴史。



IMG_1290.jpg
ボタン電池くらいしかない大きさの部品。
ポンチングはかえって難しいのでタガネで。
これで空走時代に終止符。


IMG_1291.jpg
かかりも良くないってんで
今は亡き始動用の追加インジェクターを診てみたら指示が出てないので
現物調査で探し当てたリレーの単体点検。
検電ランプ演じるインジェクターにはちゃんと指示が出ましたんで
納期と予算の関係上クランキング中強制作動方式に方針転換。
本来は水温が上がると作動しませんが
知ってる人じゃないとかぶらせちゃうかもしれないという
その緊迫感がオーナーにとってむしろインセンティブ(?)


IMG_1272.jpg
タイヤ交換のときかたくて蹴らなきゃとれないという呪縛。

これはギャランドゥな先人ヒメノモータースさんの知恵で対処。
使命を終えた道具の第二の人生についてはちょっとうるさいこの私に
悔しいけれどお前に夢中と思わせたナイスな事例ですね。



IMG_1276.jpg
一段目にはブレーキディスク、
二段目にタイヤ(ホイール)とつく位置は決まってますので
なんとなく付近を磨けばいいってもんじゃありません。



IMG_1277.jpg

地肌が出たらそりゃ紫外線にさらされまくりなので
ファウンデーションっていうんですか。
お母さんが高いお化粧品を使う時
いきなり塗らずに指先で広範囲に点づけしているのは
いずれクルマに高いグリスを使うであろう我が子への教育の一環なのでしょう。



IMG_1274.jpg
各所でかっぱふみふみ言われてるグリスは持ってませんが
普段使いのパッドグリスにも似たような性能があるようです。




IMG_1286.jpg
ブレーキキャリパーをO/Hしろなんて気合いの入ったひとのクルマには
言われちゃいませんがおまけをつけちゃいましょう。
普段はディスクで隠れてるバックプレートにサビが目立つので
磨いて塗装。
組んじゃうと全く見えないのでだまってやってます。
あとで言っても恩着せがましいので言いません。



割に合わない仕事・合う仕事

  • 2015/02/13(金) 17:03:40

IMG_1190.jpg
昨年から何度もお越しいただき、その都度記事にさせていただいている初代ディアマンテ。
ATの変速がヘンだとのことですが

去年一部クラッチが滑っちゃって(ATにもクラッチ板というものがちゃんと入ってます)
リビルトミッション採用で直したばかりなのであせります。

保証付きではありますが「じゃあ代わりのミッション送りまーす」と簡単にはいかない。
なんも診ないで降ろして直らないと、そっからまた診断だわ下手すりゃミッション屋さんから請求来るわで最悪。

とりあえずATのコンピューターに残る記憶はこんなの。
判読すると、何個か入ってる油圧回路切り替え用の電磁石のひとつに不満があったようです。



IMG_1195.jpg
その回数が既定のポイント数に達すると、もう一つ出るようになっとります。



IMG_1194.jpg
運よくその故障が持続中にモニタリング画面を見ることが出来れば
このように「L」レンジつまり1速なのに2速の指示が出ているというおかしな現場に遭遇出来ます。

正確には、1速に切り替えるために必要な部品がダメだと分かったので
コンピューターがあえて「2速でとりあえず走んなさい」と緊急措置を発動したものです。

今では軽でもトラックでも当たり前の緊急措置制御ですが
このクルマの出た当時の20年ほど前から爆発的に採用されました。
お役所の方針と密接な関係がありますが
勝手にブレーキや自動で駐車ってのはどうも
近未来で宇宙船のコンピューターがいかれて軌道計算が出来なくなり
たった二けたの筆算結果を手動入力して事なきを得たという
のび太の武勇伝を思い起こさせます。



IMG_1200.jpg
そんな故障の記憶を消去して該当部品に至る回路を点検しているうちに、
そもそもの訴えであるAT不調は再現しなくなってしまいました。

そのかわり頻発するようになったのが画面撮ってませんが診断機の「通信エラー」。
発進して間もなく、かなりの確率で発生。
その条件かと思われるのは、車体にかかる振動やら「G」やらバッテリー電圧の上昇やらありますが
どうもこの「車速信号」の疑いが濃厚。



IMG_1197.jpg
ほぼ定速なのにこうなったり。



IMG_1196.jpg
こうなったり。



IMG_1199.jpg
ひどいときはこうだったり。



IMG_1201.jpg
その怪しい信号の出どころは、スピードメーター内の〇した部分なんですが
上のほうに繋がってる部品が並んでますがATコンピューターはもちろん、
まーそのバリエーションの豊富さ。

それがなにを意味するのかといえば、
車速信号そのものの異常が直接通信エラーを引き起こすとは思えませんが
(そんなもんでいちいち通信エラーしてたら診断出来ない)
通常0-5Vであるパルスの回路に例えばバッテリーの12Vがかかってしまったら話は別。

これだけ多くのコンピューターが共用しているだけに、
どれかが誤作動する、下手すりゃぶっ壊れちゃう恐れがあるわけです。
5Vに対して12Vって、12Vのクルマに24Vのトラックでジャンプするより比率としてはひどい。
実際には高速のパルスなんでたいした電気は流れないとしてもだ。



IMG_1203.jpg
同じ回路図、よく見ると左のほう、12V電源であるヒューズから一本繋がってる。
途中にダイオードって一通の関所があるけれど。

というわけで手っ取り早くその該当ヒューズを抜いてみたら。
バンバン出ていた「通信エラー」は皆無に。
当然戻しても見てみるとまたバンバン出る。



IMG_1202.jpg
だからってひとまずATの症状自体は収まってしまったので
決して安くないメーターやコンピューターにはすぐには手を出したりせず、
実はATの通常制御には一切必要ないその怪しい信号線を抜いちゃって
一旦乗ってもらうというスッキリしない措置を採用。

お預かり期間10日間、毎日ちょこちょこだけど延べ点検作業及び試走時間は12時間ってとこです。
写真は左から、作業・試走の記録(下書き)、そして清書(ディーラーへの相談用)、
そして数回に分けての相談のたびいただいた資料の山。
電話でのやりとりは延べ1時間近く。
それも相手は面識のある、ここらじゃ誰もが恐れをなすレベルの考察のプロ。
つまり見当違いによる回り道やムダな資料や世間話(笑)は一切なしでだ。

とても時間に見合わない点検料をいただきはしますが
完全解決してないし、過去の自分の作業に深く関わる症状だし。
作業過程で開発された脳内の未使用領域と多少のアハ体験、
また相談に乗ってくれたプロとのやりとりで構築される信頼関係(得するのは私だけですが)
そんなもろもろが財産として残るということも考慮すれば
「やってらんない」なんてことは決してないし
いずれは「割に合う仕事」にもつながると信じて働く私です。

こんな私で良ければまずはお電話から