FC2ブログ

予防措置

  • 2020/05/03(日) 18:28:23

IMG_6679 (1024x768)
営業自粛の要請は来てないこの業界ですが
ノーアポノーマスクのコンプリートを阻むため約束のない時間帯は施錠してるので
誰か来てるのか知りませんが例年になくヒマな気がして自分ちのクルマの整備。
デカすぎて肝心の前が見づらいキャリフォーニャミラーをノーマルへ。
中古オーダーして判明したのはこのクルマには元々キャリフォーニャだってさ。
対抗馬のワゴンRにも付いてるのあったね。




IMG_6680 (768x1024)
なぜか左はそんなにデカさが気にならない。顔から遠いからか。
ノーマル左も来てるんだけど内貼り外さないと替えられないし
こないだドアロック直すのにはぐったばかりで腹立つから後回し。
もはや実用で乗ってる人はまず見ないからアレですが
この縦のステーを軸に左右だにけ動くはずが固くて動かない時は
DAIHATSUって書いてるとこが固さ調整ビスのカバーだからカッターの刃先なんかでこじるべし。




KIMG1293 (1024x768)
KIMG1296 (1024x768)
相変わらずいいように利用されてます。



KIMG1297 (1024x768)
たまに妖怪みたいになってます。

全く約束のない日は休むかもしれませんので前日までにお電話くださいますよう。
約束のある人はノーマスクでも受け入れますが
例えば「初めて行くのにマスクは失礼では?」とかいったご心配は無用です。
こちらも誰かしら来たときは相手を問わず着用してますし、自分が買い物のときは手袋もしてますので。

☆アルコールバシャバシャやってた時期にガッサガサになった手がやっと治ってきた。

スポンサーサイト



中古部品のメリット

  • 2020/04/19(日) 18:45:57

IMG_6617 (1024x768)
中古部品のメリットは単に値段だけではありません。
新品の入荷に時間がかかるんだけど中古なら近場で速い場合。
もちろん、新品が生産中止になっちゃってる場合も。
多分そこがダメだけど100%の確信じゃないし新品は3万なんぼとか微妙な場合も逃げとして。

あと、この初代ムーヴのドアロックモーターがダメなケースのように
似たような部品が次々とイカレる恐れがある場合。



IMG_6615 (1024x768)
事実、このウチのクルマ、中古来てたんだけど放置してたら別のドアのもイカレちゃって追加オーダー。
新品はドアロックのモーターだけで1万超え(多分当時はそんなにしない)ですが
中古はロックユニット丸ごとでモーターのみの半分程度。
時間的にも半分もてば最高でしょうがこのクルマあと10年使うとは思えないし。




IMG_6616 (1024x768)
たまにこういう管理のための記載がなんにもなくて
外したヤツと来た中古がどっちだかわかんなくなって青くなるときがあるので要注意。

だけど、工賃が何万もかかるとこは原則保証のない中古はおすすめしません。
エンジンやミッションのような超高額なものはアレだけど。



IMG_6614 (1024x768)
IMG_6613 (1024x768)
ときどきおひげのクセが強いなーと思ってたけど自己管理が良くないんだな。

プロペラシャフトの組み付け方

  • 2020/02/26(水) 19:40:52

IMG_6397 (1024x768)
アメリカで調達したという二分割のプロペラシャフト。
なんか書いてありますがほぼ業界用語なんで意味は通じます。



IMG_6398 (1024x768)
スプライン部を差し込む際どうにでも刺さりますがジョイント部の向きが明確に決まってるので
わざわざマークを合わせれば自動的に合うようにペイントしてくれてるのね。
アメリカの業界人ってテキトーくさいイメージだったけど全員じゃないようだ。当たり前だが。
業界的にはヨークの向きを合わせるっていうけどどう合わせるか知らないユーザーはやりようがないし
どうやるか書いたら長ったらしいからこれが一番双方楽で間違いないわね。

つーかグリースは動詞としてもOKなんだーって感じ。チャラ男風か?お茶するみたいな。例えが古くてやんなるな。




IMG_6378 (1024x768)

事務作業中に当たり前のようにくつろぎに来ますがほぼ事務出来ません。



IMG_6381 (1024x768)
普段は単に短いしっぽがこうブワッとふくらむ条件がいまだにわかりません。



IMG_6385 (1024x768)
何も出来なくなってソファーに徹してるオレを制圧したつもりか。

繊細さと荒っぽさと

  • 2019/12/15(日) 18:52:57

IMG_6188 (1024x768)
先週はなにがあったのか飛ばしてしまってショック。
バラキのケンちゃんチカちゃん、ヤマトのテッちゃん(以上先着順)みなさんいいもの贈って下さって恐れ入ります。
いろいろ気になることもあるんですが話すと長引くのは目に見えてるんで手抜いてすみません。



タイトルは同じようなことを過去にも書いてますが
一時期お世話になった上司の言葉で「この仕事、繊細さと荒っぽさを使い分けなきゃ本物じゃない」
エンジンバラシて組んだりってのは繊細な部類でいかにも大事そうですが
一方で大型車の固ーい足回りなんてのはとれると信じてぶっ叩く荒っぽさがないと進みゃしない。

多くの場合、どっちかが得意な人がいて「どらー」っつって助け合うもんなんで
両方併せ持つことがなくても全体としては問題ないんですが
上に立つならだれにでもモノが言えるほうが強いということだったのかなと今は理解してます。

てことで運転席のキーシリンダー交換ですが当然キーは他と違っちゃうんで統一しようという小細工。




IMG_6199 (1024x768)
このメッキの一見ただの化粧板が実は中身を飛び出さないようにするフタでして



IMG_6197 (768x1024)
シリンダーのボデーを囲い込むようにカシメられてるやっかいなタイプなんで慎重に少しづつ起こして




IMG_6190 (1024x768)
うまく出来るか古いほうを練習台にしたりちょっと手間かけたりして
鍵穴をふさいでるバネ付のフタなんかを無くさないように中身を抜いて



IMG_6191 (1024x768)
交換することになったのは、ロックするロッドを動かすレバーが付くとこが割れたからなので
8枚ある歯を総移植。
せっかくある新品の歯の中で合うものは使う気してましたが
比較してるうちに位置関係がわけわかんなくなりそうになってやめました。



IMG_6200 (1024x768)
表のフタを起こすときあんなにギザギザになっちゃったのがばれないのかという点については
勝算があるから決行したっちゅーのは当たり前。
ゴムのパッキンに埋没して証拠隠滅出来るとふんでたというか確信してたから。



IMG_6201 (1024x768)
ね。バレナイでしょ。というか工程は説明して見えないならいいやってGOサインもらってるから。

ちなみに今回のやり方が通用しないケース、例えば何か突っ込んで破壊されちゃったとか
元々固かったのに鍵が中折れして抜けそうにないとかの場合でも
ヤル気のある鍵屋さんと信頼関係を築いておけば、あの8枚ある歯をうまいこと組み替えて元のキーで回るようにしてくれますが
表のフタのカシメを起こすまではやってくれません。

もっとも今時は汎用のキーレスキットが安く買えるから細かいことは気にしない人はそれでOK。


IMG_6205 (1024x768)

IMG_6206 (1024x768)
ピンボケ以外に違うところはどこでしょう。
どちらもエンジン始動不可で出てたのを二個イチに出来ればいいやと両方落としたら
キャブの燃料を入れ替えただけでどっちもかかっちゃって欠品も故障もなくてどーすんのよコレ。




IMG_6208 (1024x768)
片方は知る人ぞ知るハイガ―、片方はノーブランドですが
ハイガ―にだけマフラーガードが付いててノーブランドにだけ厳寒時始動用ポンプが付いててどっちがいいのかまた悩む。
エンジンは全く同じ163cc。こいつらは4馬力ということになってるけど



IMG_6207 (1024x768)
5年くらい前に新車で買って毎シーズン工場敷地で酷使して最近は家でも使ってまだ現役のこの5馬力もハイガ―。
屋外にずっと置くような環境だとどうなのか怪しいですが
一時期たくさんあった業者はハイガ―以外見なくなったのでまあそこそこ悪くないんでしょう。
とはいえクルマのタイヤも自分で替えないような人にはキビシイと思います。



KIMG0800 (1024x768)
オレを踏み台にしてのし上がるがいい。



KIMG0804 (1024x768)
そしてオレでひとしきり暖をとり



IMG_6194 (1024x768)
飽きたら仲良しのブラシと本格的に寝る。













ポテンシャル

  • 2018/06/25(月) 20:20:06

IMG_4981 (1024x768)
なんですか、かわいいやつが来ましたが
正規ルートがないのでなんかあると部品数か月待ちだそうで大変です。



IMG_5007 (1024x768)
何か月も前に頼んだマフラーが来ないのでもう作っちゃうかと言う話もあったんですが
さらに待ってやっと来たと思ったらもっと大事なとこが壊れたそうです。
ファンベルトを張るテンショナーのベアリングが逝って勢いで樹脂製のプーリーも。
どうもベアリングロックなんかに備えてぶっ飛ぶように造ってるように見える。



IMG_5001 (1024x768)
ベルトが6本溝と言う情報をもらったんで適当に純正品番を拾う。



IMG_5002 (1024x768)
それをもとにパーツリストの絵でレイアウトを確認。
こういうふうにテンショナー(アイドラー)で張るタイプもあればダイナモなんかを直接動かして張るのもあるから。



IMG_5006 (1024x768)
さらにいえば近年はこういうふうにベルトの背面つまり溝のないほうにテンションをかけるのが主流。
欲しいのはそっちじゃないのでおのずと平成ひとけたあたりのしか該当しない。
売れてないクルマだと生産中止だったりする。



IMG_5005 (1024x768)
なおかつこういうふうにプーリー単体での設定があるやつとなるとさらに限られてくる。
だって合うかどうかわからんのにブラケットごとの1万なんぼのには手を出せないから。



IMG_4979 (1024x768)
そんな狭い選択肢のなかから選んだ6千なんぼのがベアリングの内径まで同じだったというのはもう
半分以上使ってないと言われる我が脳のポテンシャルがはじけたんじゃないかと思える。
じゃなきゃスピリチュアルなやつか。
厳密に他のプーリーとのアライメントが合ってるかと言うとそうでもないが
ベルトがねじれて回るようなレイアウトの実車をさわった経験があればなんてことない。



IMG_4980 (768x1024)
誰も欲しがらないと思うがサービスショット。
アジャスト機構が余っちゃったけどまあ許容範囲のロスでしょう。


ただ、さすがに外径は全く違うプーリーに合うベルトの長さ選択がこれまた大変で疲れた。
言っときますが部品代を上回る調査費をいただきます。
部品屋さんはそんなもの取りませんがそのまえにこんなフィッティングしてくれません。
かといって僕だって何度もやりたくないのでどしどし来ないように。言わなくてもこねーか。



IMG_5010 (1024x768)
抜け毛取り用におろした新品の洗車ブラシと仲がいいです。