FC2ブログ

拍子抜け

  • 2019/12/01(日) 19:02:55

IMG_6182 (1024x768)

エンジン交換なのでFパイプを外したいんだけどラムダセンサーの陰に一3個中の一個ナットがあるからまずはそのセンサーを外したい。



IMG_6181 (1024x768)
んだけどよくあるやつよりなんか長さがあってソケット式の工具だと届かないことが判明。
キビシイスペースでなんとかスパナをかけたって力は入らないしなんぼも回せないのは明白なんで



IMG_6183 (1024x768)
考えた末、口の開いたスパナより本数の多かったメガネレンチを破壊。



IMG_6184 (1024x768)
クローフットレンチのメガネ版とでもいいましょうか。
クローフットってカラスの足?ツメのついた鳥の足全般?じゃなくてツメのごとくガッチリフィット?

とか余計なこと悩みつつミッション用の長ーいエクステンションバーに19のソケットで気合入れてハンドルを回したんですが
何の抵抗も音もなく緩みました。がっかりです。
カプラーはメガネの穴を通らなかったんですがメガネをオープンに加工したら開いて回せないなんて悲しいから配線切ったっちゅーのに。
ま、天パセンせーに教わったスプライスを使いまくってるから結線にゃ苦労しませんが。



KIMG0762 (1024x768)
不安定なとこで落ち着くのが好き。
一緒に寝るようになってまる3年、最近ついに布団に入って寝ることを覚えました。
あんまりめんこいので死んだときのイメトレをしてます。
















スポンサーサイト



いつもよりさらに考える整備工場

  • 2018/08/21(火) 20:22:52

IMG_5145 (640x480) (640x480) (640x480)
前に聞いた話ですが
人間と言う生き物が繁栄した要因の大きな要素として「ずば抜けた適応能力」があげられると。
言うまでもなく普通の動物がせいぜい住みやすい場所へ移動する程度にとどまるのに対し
寒けりゃ服や家を作り熊や狼といった外敵はいなくなるまで殺してしまう
さらには精神力というもので多少の不都合には「慣れ」てしまう

昨今の熊出没時の対処について等々語りたいこともあるにはありますが
実はブログ更新を飛ばすのも一回は罪悪感があるけれどそれ以降はそうでもなくなるという遠回しの言い訳でした。

ということでチャラになったような空気を出しつつ写真はロータスなんとかのバックランプスイッチ。
なんですかこれが悪くてバックランプが点灯しないと思われるけど頼んでも「無い」と言われちゃうと。

確かにONさせても80Ωという抵抗値をもっていてそれは一見小さいけれど電球の抵抗値の10倍ほどなんで
その比率が電球が点灯しない条件として十分すぎるというのは説明しませんが電気界の常識です。

なのでそのねじの径とピッチ(ギザギザの細かさ)からいい塩梅のを手配。
本来は一体式の防水カプラーが刺さるけどそこまでこだわると買えるだろうけど納期の都合で廃止。



IMG_5147 (640x480) (640x480) (640x480)
依頼者の指示により具体的な車種も写真も出しませんが
フロア一面を覆うアンダーガードを外さないとリフトアップも出来ないので
本当はリフト上で外したいそれを床に寝て外すという悪条件。
ドライブオンリフトってこういうときは使えるな。ないけど。
ただリフトに乗ったからって決して楽じゃない。腕の関節がもう一個欲しいパターンだ。
結線は防水機能のない平端子にするのでそれ用のグリスを吹いて気遣いをアピール。
たぶん冬はもちろん雨降ったら乗らないと思うが。



IMG_5146 (640x480) (640x480) (640x480)
グリスまみれになったとこに



IMG_5149 (640x480) (640x480) (640x480)
結線して完了。ではない。
リフトを外したのちにさっきのアンダーガードをつける。
だいたい外すのはまだいいがつけるのは穴が合わないとかいろいろ起こるもんで。

でも一番時間を要したのは部品の調査。
そういうことしてくれる部品屋さんがあったら調査費も払うのにね。



IMG_5142 (640x480)
特装ハイエースのリーフスプリング脱着するのに、どうしてもフレームにリフトかウマをかけなきゃならないんだけど
そんな長いのないし買ってもお蔵入りしそうなので目についたのはこれ。
バンパー製作用に一本もんを買わされて大量に余ってるCチャン。シーチャンネル。
そう聞いて荒川静香さんを連想する人がいたら只もんじゃないな。



IMG_5141 (640x480)
切って組んでてっぺんには滑り止めのゴム貼って
実際使う寸前に恐くなって開いてる口に鉄管まで追加しました。
作業中も特になんもないし悪くない出来ですがもう使いたくないです。



IMG_5158 (640x480) (640x480) (640x480)
寝床に冬毛がいっぱいつくので青いブラシで回収したのを丸めたらこんな玉に。
におい的に安心するのか抱きついたりかじったりするのでボクが持ってます。
やる気になれば相当デカくできそうだ。

次はもっと近いうちに。←何度目だナウシカ

壁に耳あり

  • 2018/03/24(土) 21:33:44

IMG_4723 (1024x768)
ダイハツの軽。エアコンコンプレッサーのボルトを自分で折っちゃったので
その後タイベル交換に出した工場に修正を頼んだら出来ないって言われちゃったそうです。



IMG_4727 (1024x768)
それでもタイベル交換はやるんだな。一本無いから残った一本を馬鹿みたいに締めて。
ドリルで穴開けようとしましたがなんか回った気がしてダブルナット。



IMG_4726 (1024x768)
右端の、普通のナットじゃ一個しかかからないから
薄いナットを見つけたとき保管してあります。
でもどこにしまったか忘れちゃうと悲しいので要注意。



IMG_4728 (1024x768)
内側は普通のスパナじゃ入らないのでかつて新車には装備されてたやつを。
車載工具としてはペラペラで心もとないけれどその薄さがナイス。
もっとも今じゃ安くちゃんとしたのが買えるけど。



IMG_4729 (1024x768)
やっぱり固いながらも回ったのであとは僕らの味方板ラチェット。



IMG_4730 (1024x768)
途中嫌な固さになって一旦締めこんだりしながら無事抜けました。



IMG_4732 (1024x768)
でも鉄のボルトの折れたとこがアルミのコンプレッサーのねじを痛めてるかもしれないから
すぐに代わりのボルトを入れるのは危険。



IMG_4736 (1024x768)
めねじ修正器、いわゆるタップを念のため通す。



IMG_4735 (1024x768)
ほら。無事ならこんなに切粉は出ないから。



IMG_4738 (1024x768)
いい塩梅の代わりのボルトは中古ですがグリス漬けにしてからね。



IMG_4739 (1024x768)
馬鹿締めされてた残りのほうも、そして上のもう一本、アジャスター部のも抜いてグリスアップ。



IMG_4745 (1024x768)
「それしきの仕事でひと記事かましてんじゃねーぞ!」とは言ってませんがえらい剣幕ですな。



IMG_4743 (1024x768)
それでも出来ないというかコンプレッサー交換しかないと言い切っちゃう人もいるわけで
ここを動かさないと出来ないタイベルはやった都合上残りを馬鹿締めして返すってなんだかなーとか
どこかは訊かないけどお客さんが言うかもしれないしそれでいいのかなーとか
ただそれを機にこの方が初めて来てくれたというのも事実。
でもこのレベルでえらく感謝されて調子に乗っちゃうめでたいおっさんにはなりたくない。

少なくとも自分が教わった先輩方は当時みんな、今の自分よりずっと若かった。









KEI ワゴンR等々スズキの仲間たち Fロアアームの悲劇

  • 2017/10/27(金) 18:57:00

IMG_4186 (1024x768)
スズキの軽は大昔から似たような足回りになってまして
写真右端の黒いゴムブーツの中のボールジョイントという関節部にガタが出ます。

写ってませんがさらに右にはタイヤがついてまして
ここが軸となって左右に向きを変えるので大事です。

ガタがデカいとバスケの試合中ボールが来てピボットで周囲を伺おうにも
軸足のシューズのひもがダルダルになってるやないかーい!的な。



IMG_4185 (1024x768)
作業は楽しくはないけどまあたいしたことない。
ここのボルトが普通に緩めば。
でも近年の軽は10年15年使えちゃうから
こんな修理しなきゃさわらないとこは固着率が年々アップ。



IMG_4188 (1024x768)
諦めずに回して折っちゃうと直せるかどうか超不安。
相手のネジはフレームという交換が効かない構造物の密室内に閉じ込められてるから。



IMG_4187 (1024x768)
別にこんなとこにミッキーだかクマさんのワンポイントで自己主張したいわけじゃない。



IMG_4189 (1024x768)
固着を解くために直火を当てたいがための苦肉の策。



IMG_4196 (1024x768)
これも初めてのことじゃないから頭真っ白ってこともないけど
ねじは緩んだけどボルトが通ってるカラーなんていうパイプとも固着してる二重苦。
カラーはフレームのボルト穴より太いからボルトと固着してる以上
絶対にこれ以上分解出来ないの。



IMG_4190 (1024x768)
前後するけどそのカラーは替えたいロアアームの中に入ってて見えもしないの。
だからまずロアアームを切り裂いて



IMG_4195 (1024x768)
どかして



IMG_4197 (1024x768)
カラーをがっつり火で炙って固着を解くんだけど
どかしたロアアームとカラーの間に分厚くくっついてるゴムブッシュは
事前に刃物でこそぎとらないと炎をあげて燃えるし臭いから重要な工程。

そこまでしてミッションに当って抜けないのか!?
と初めて想定してない事態かと震えましたが
マウントのゴムのたわみ分だけのミッション移動で済んでホッ。



IMG_4199 (1024x768)
このオープンな環境でヒビのあるドライブシャフトブーツも対処だぜ♪
と、終わりが見えた気がしたのもつかの間
どうやってもハブからアウタージョイントが抜けないという三重苦。
控えめなファイヤーでもベアリングのグリスのかほりが感じられたので
割れブーツに逃げました。深追いはいけません。

(趣味でない)古いクルマの場合、修理代が大きくなることはすなわち本末転倒ですから。
ま、このKEIは僕のですけど。



IMG_4201 (1024x768)
IMG_4202 (1024x768)
安心してください。埋めてますよ。



IMG_4311 (1024x768)
新技。死んだ昆虫のポーズ。







♪みんななんでちゃんとしないんだろう

  • 2016/11/26(土) 20:47:19

IMG_3268 (1024x768)
♪あたしなんで抱きしめたいんだろう風で頼むぜアミーゴ。

スズキスイフトのFロアアームの先、ボールジョイントのがた。
見た通りアーム丸ごとの交換ですね。



IMG_3280 (1024x768)
でもでもーここのボルトが緩まないってのはみーんな似た造りのスズキ車全般で近年続発してる。
こんだけ長い工具で体重かけたら意外と軽く折れちゃうからすぐアイサレンダー。



IMG_3271 (1024x768)
固いねじはガスバーナーでがっちりあぶるのが王道ですが
この場合あぶりたい相手のナットはフレームの袋閉じ構造の中だから始末が悪い。



IMG_3272 (1024x768)
しかしこのわずかな隙間から希望の光が漏れてるじゃないですか。



IMG_3278 (768x1024)
やりたいことをやるためにはここの一部が邪魔。
幸い構造の強度に及ぼす影響はほぼないと思う。



IMG_3279 (1024x768)
邪魔部を折り曲げるとその隙間に正対出来て、チラ見えしてるのはあぶりたいナットだ。
たぶん。



IMG_3282 (1024x768)
通常は左側の切断機を使うところ、ノズルが細くて隙間に挿入可能な右の溶接機採用。



IMG_3281 (1024x768)
出てる火は見えないわ、本来溶接する部位にのみ熱を加えるためのもんだから
ときどき離して覗くんだけど相手が全く赤熱しない。



IMG_3283 (1024x768)
付近に燃えるものはないけど、塗装が焼けて煙が出るんでときどき水で冷やす。



IMG_3284 (768x1024)
一度もナットの赤熱を確認できないまま冷やすことを繰り返して3回目くらいか。
なんか手ごたえなく緩んだ。
たまにある。ボールジョイントが抜けなくて、グレて一服して他のとこいじってたら
たかがインパクトレンチの衝撃で勝手に抜けたとか。



IMG_3285 (768x1024)
かといってそこからはサクサクってわけじゃなくむしろヒドイ。
ボルトが通ってるカラーと固着してるからまたファイヤー。
ゴムのブッシュが入ってるとこだから燃えて煙は出るわ炎は出るわ解けたゴムが顔に飛ぶわ。



IMG_3289 (1024x768)
アームを破壊して撤去したら残ったゴムをあらかたそぎ落としてー



IMG_3291 (1024x768)
カラーを直接ファイヤー。だんだんストレスが軽くなってくる。



IMG_3292 (1024x768)
動いた。けど一気には緩めない。



IMG_3293 (1024x768)
締める方向にも回して固着の要素を安全に破壊する。
この終わりが見えた段階で下手こくともう帰りたくなるぞ。




IMG_3294 (1024x768)
とれた。ついに折り返し地点だ。



IMG_3297 (1024x768)
思わぬ手間。タップが短くてまたストレスだ。



IMG_3298 (1024x768)
さほど影響ないとはいえ逆に言えばなんぼかあるわけなんで戻す。



IMG_3300 (1024x768)
くっつけて



IMG_3301 (1024x768)
組んで塗る。グッタリだ。
でもね、何度も来てくれてるし今回は修理箇所ここだけじゃないしドアの塗装もあって結構な総額。
ハマった分はおまけでやっときます。ここ数年で最大級のおまけだ。



044.jpg
あくびの前に



043.jpg
変顔するのは普通なんだろうか。



100 (480x854)
「お前さんどっから来たんだい」とか言いそうな顔。
そらこっちのセリフじゃ。