しつこい人。

  • 2018/02/16(金) 17:47:37

IMG_4580 (1024x768)
ちょこちょこ診させてもらってるいすゞのビッグホーン。
かかりが悪かったりエンストが多くなってきたので
ちょっと特殊な燃料噴射制御に重要かつ良く壊れると言う油圧センサーの信号を監視。
これはセルを回してるときの数字。2000mVレンジでのこれはつまり0.468V。
低すぎね?基準値データは専用診断機での圧力表示しか与えられてないからわからんけど。


IMG_4575 (1024x768)
コンピューターがエンジンルームについてるてのが唯一診断にはいい条件。




IMG_4577 (1024x768)
エンジンに限らず、クルマのコンピューターの思考回路は5Vという小さな電源で動くつくりです。
なんかの故障でバッテリーが本来の12Vより大幅に下がっても思考停止しないように。
ちゅーことで正しい信号は0~5Vの範囲にあるはず。単三電池くらいつないでも壊れはしないでしょう。



IMG_4578 (1024x768)
単三も単一も1.5Vのはずですが一緒につないだ電圧計は1.2なんぼを示してます。



IMG_4625 (1024x768)
どうせ正しい数字がわからないから捨てようとしてたのをつないでるから。
最近は筒型・平べったいの・ボタン型と、分別しないと捨てられないから溜まってたの。ププ。

そのままセルを回すとスムースではないにしてもエンジンはかかりました。
そのとき電圧計は電池の電圧からあがる気配なし。
かかってるときに電池を外すとすぐエンスト。もっかいつなぐとまたかかる。また外すとまたエンスト。
もういいだろ。
ちなみにもう一個つないで2V超えると全くかかる気配なし。



IMG_4613 (1024x768)
その疑わしいセンサーはエンジンのふたをはぐった中にあります。③かな。
でも信号が変だからっていきなりはぐる気にはとてもなれないめんどくささ。



IMG_4572 (1024x768) (1024x768)
それでも決行したのはふたの外に付いてるカプラーがこんなだから。



IMG_4570 (1024x768) (1024x768)
これとそれが刺さっててパッキン付だから外側には全くオイルが出て来てない。
と言うより、そのセンサーとハーネスは交換してからまだ3年弱。
だから最後の最後にまさかねって抜いてみたの・・・orz
ちなみにここを洗浄して接点用グリスを吹いて刺したら電池無しで普通にかかりました。
問題の信号は始動後すぐで1.45V程度でした。(←これが先にわかってればすごく楽だったべや)



IMG_4619 (1024x768)
なのでここに至るまでにそれ以外を一生懸命診てる。



IMG_4626 (1024x768)
大体間違いなくどこ見てどんな結果だかわけわかんなくなるからすぐメモる。
ちなみにこれ裏にも書きまくってる。
これがないと診断がスムースでないのはもちろん記事も相当あっさりしたもんで終わるでしょう。



IMG_4621 (1024x768)
結局、一度やってるセンサーともう一個の油温センサーも交換。
内部のカプラーは周りを洗浄してから抜いてみたけど中は全部が濡れてて
どこからオイルが侵入したのかはわからずじまい。
同じハーネスが刺さってるインジェクター4個も替えればちょっと安心できるけど
一個4万だか5万だかと高すぎて見送り。



IMG_4581 (1024x1024)
しかしアレだ、オイルってプラグまわりにつくとリークの原因になるように
電気を通さないわけじゃなさそうだけど実際どうなんだ。



IMG_4585 (1024x768)
ぜんぜんでした。試しにこれはもっと通しそうな水ですが同じくぜんぜん。
まあ感電事故とかはふつうコンセントの100Vだしスパークプラグに至っては2万Vとかだもんね。
ちなみにこのサーキットテスターの電池は5Vの四角いやつ。
まるまるその5Vは出てこないにしても前述のエンジンコンピューターの電源とだいたい同じだべ。
やっぱり悪影響はあっても通りをよくすることは無さそうですな。

あ、しつこい人ってお客さんじゃなくボクね。念のため。


閲覧方法注意
無表情でカメラを襲う!
*上手にスクロールしてご覧ください
IMG_4589 (1024x768)
IMG_4590 (1024x768)
IMG_4591 (1024x768)
動画じゃダメなのかよ















スポンサーサイト

整備書ってな難解な参考書だ。

  • 2018/01/22(月) 23:07:51

001_20180122210351da7.jpg
年末に調子が悪くなって年明け早々に本格調査に乗り出したエアトレックターボ。
4速に入るときショックが大きかったり入らなかったりという具体的な訴え。
そういうのは勘違いかもしれないのであまり信用しませんが
恥ずかしながらメーターのモニターで今何速か見えるやつでした。すみません。
さらに、走行中シフトインジケーターの「N」ランプが点滅ですと。
ATのチェックランプてのは無いのでそういう警告のしかただそうです。

記憶されてたコードはこれ。
うわあー・・・まんず(卍)ハマる予感ビンビンだぜ。
春にヘッドガスケットやったしAT本体だと愛想つかされる可能性が。



IMG_4488 (1024x768)
メーカーの資料によると、該当するセンサーは親切にも「ここら辺だからよ!」というイラストが。
むしろ「バッテリートレー下」とか字で書いたほうが安心して進めるぞ。



IMG_4485 (1024x768)
それらしきものが見えるまでたくさん外します。



IMG_4484 (1024x768)
赤丸内にそれらしきものが見えてきたがそれは似て非なる別物。
診るべきは☆の中、チラ見えしてるけどまだ触れず。



IMG_4482 (1024x768)
コレ。シフトケーブルもそのステーも外してやっとたどり着いたものの、
整備書に従って点検するとまる一日かかりそう。
ここに来るべき電圧が来てるなら③へ進めとかそんなのを10個以上繰り返すチャートを地道にこなし
最悪最後はエンジン用とAT用一体型のコンピューターを交換!とか信じがたい指示が出るとか
訳わからんけどいつかは上がるすごろくというかRPGというか。
時間がかかる=乗ってる人がたくさん払うもしくは工場がタダ働きする
なんて容易に想像つきそうなことが眼中に無いように見えちゃうぞ。



IMG_4486 (1024x768)
そしてたった端子3本しかないこのセンサー本体の点検基準は一切書かれてない。
これがダメという答えも用意されてるけど
結局あのRPGを進んだ先に消去法で導かれるシステムだ。



IMG_4474 (1024x768)
なので形は違うけれど同じ特性と思われる「出力軸センサー」も外して比較する戦法を。
だって外にむき出しという装着箇所や先っぽが高温になるATオイルに触れてるということ、
おそらく髪の毛レベルの細ーい線が巻かれたコイルとトランジスターという繊細な構成から言って
他の関連部品よりも高確率で先に壊れそうだもん。




IMG_4526 (1024x768)
幸い回路図には比較対象のセンサーと並んで書かれてて中身もある程度示されててラブリー。
それでもあくまでRPGには「ここをこう測れ」という指示はまるで無いけど。

結局ふたつのセンサーそれぞれの3端子間の抵抗値を測定した結果はまるで違うので
ディーラーの専門家に背中を押してもらって故障の記録のあったほうを交換したのが今月9日。
すぐ納車したんだけどすぐ書いて再発したら訂正記事が必要でしょ。
でももう2週間。もういいべさ。

整備書とかサービスマニュアルって、製品であるクルマそのものと全く同じで
例えばトヨタだからまず間違いないとかいうこともないし
社外秘の開発事情がどうしても絡んでしまって作るのも苦労があるんだろうなーと思います。
その意図的に不完全に作られたものを日々の学習と妄想力で読み解いて結果を導く
そういうけなげな我々にどうぞご理解を。

もっとも、今回みたいのは一発目の診断機の表示を信じて診断無しでセンサー交換しても直りますが。
「これ替えれば直ります」なのか「勝負かけてみますかぁ?」という違いはありますが。
勝負するよりドキドキしないで普通に進めたい方、お待ちしております。



IMG_4514 (1024x768)
うっとりからのー



IMG_4525 (1024x768)
終わりかよ?の落差が好きです。








見るんじゃない、感じるんだ。

  • 2018/01/16(火) 09:03:19

IMG_4506 (768x1024)
「電気だけはどうもわかんねえ」と言う整備士。知る限り例外なく電気以外においても微妙です。
オームの法則くらいわかってればひとまず基礎はOKなんですが。
なにかを分解したり組んだりとかに比べて、手を下す前に想像力に頼る面が多いと思うから
将棋とか麻雀やる人は強そうだけど。

プジョー206。ワイパーがHiしか動かない。自動的にいちばん下で止まる「自動停止」もダメ。
安い中古へインズを買って解答が載ってるはずのページで準備。





IMG_4507 (1024x768)
モーターに来るはずのLo用電源がスイッチ入れても来ないのでどういうスイッチか見たかった。
んだけどそれらしきスイッチはなんですかケッタイな書き方ですな。
二極接点の絵は「これはスイッチだ」ということを示してるだけみたいですが
少なくともLo・Hiのほかに間欠とミストと、4段階作動なのに線2本しかないし。

そういえば年末に挨拶のふりしてガマの油売りいやアンプ売りに電話して訊いたら言ってたな。
シリアル通信が入ってるようだと。
なにかっつーとまあ超高速モールス信号みたいなもんで「LoだぜLo!」って指示を送って
バッテリー近くの受信ユニットがそれを受けてモーターに電気を送るという。
戦争映画で見る軍艦を動かす指揮系統にも似てますな。

余談ですが石川佳純選手の番組で、ラブマシーンを知らない後輩が増えてきたと。
モールス信号と書いてはたして伝わるのか不安になったもんで。
ラブマシーンといえばセックスマシーンに繋がりますがJ/Bはいいとして
伝票にボールジョイントと書くのが面倒でB/Jと書くのはどうも適切じゃないと
NHKで昼間やってたロバートデニーロの映画で知りました。すみません。

 


IMG_4493 (1024x768)
ただ、うすうす気付いてたんだけどバッテリー近くの受信ユニット付近から
ワイパースイッチを動かすたび{カチッ」てリレーっぽい音が聞こえてたから
内蔵されてるリレーがダメなんじゃないのー?ってほうにかなり傾いてたの。
で、そのユニットからモーターへの電源出力をよーく見ると
動かないLoにスイッチを入れても出力はある。そのまま見てると数秒で切れる。
何度やっても同じことが起こるから気のせいじゃない。
だったら数秒間は動くんじゃないの???と思考が白紙になりかけたんで
脱着が面倒だから残しといたモーターに逃げる。
リンクのついたフレームごとごっそり、若干知恵の輪ぽく引きずり出す感じ。


これは動くHi用のプラスマイナス間。ほぼ0オーム。動くんだから正しいんだろう。



IMG_4494 (1024x768)
これは同じく動かないLo用。この画面はオーバーレンジ、つまり抵抗値がめちゃデカいか回路が切れてることを示してる。



IMG_4503 (768x1024)
なのでカプラー部端子に直接電源を入れても動かない。
でも、ためしにちょっと先の配線部に入れると動くじゃない???



IMG_4492 (768x1024)
怪しい部分の拡大。
動く赤線と動かない緑線のはんだの感じが明らかに違う。



IMG_4504 (768x1024)
新しいはんだでくっつけなおす。
いまさらですが一発目にやったのはふた開けて中身の焼けとかの確認でした。
いやになるほどキレイでした。



IMG_4505 (1024x768)
できた。金具が見えなくなるほど盛ってやったから大丈夫だろう。

カプラー部端子に入力しても動くことを確認してすべてを復元。
普通にみんな動くようになりました。
ちなみに間欠や自動停止はLo作動だからみんな一緒に動かなかったと思われます。

整備士ならではの疑問として、あの数秒間だけの出力はなんだったんだ?てのはありますが
たぶんユニットは動いたかそうでないかを検知して、動いてないと判ったら電源供給を止めるプログラムを持ってるんでしょう。
雪の重みなんかで回ってないのに流し続けると焼けちゃうし
線が切れててプラプラしてボデーの金属部に触れたらショートしちゃうから。
まえにVWだったか、エアコンコンプレッサーのコイル断線のときもあったし。数秒ルール。
国産車ではそういう制御は見たことないですね。そのためにヒューズってものがあるんだし。

ま、そこらへんは十代前半でフォースの洗礼を受けた年代によくある妄想だけどな。
新人類やらニュータイプやらバブル入社組やらいろいろ呼ばれるな自分ら。おまけに丙午だってよ。



IMG_4511 (1024x768)
こいつぁ大物だ。
札幌あたりじゃ冬も外で暮らしてるやつになんかやったって罰は当たらないとおもうぞ。
実は自分が猫とかかわるまではそんなこと知らなかったけど
全国的に自治体が捕獲して最後は殺しちゃうって相当恐ろしく悲しいことをしてると。
やらなきゃそれよりも恐ろしいことでも起こるのか。
オオカミがいなくなってクマが減って激増したシカに木が食われて林が消えつつあるようなことを
猫とネズミの関係に照らしての予測とかやったうえでのその恐ろしい措置なのか。
猫の多いとこから少ないとこへ捕獲して放つとか外国から連れてくるとかバカなことは見たくないぞ。

あげてから気付いたんだけどこいつは手に5本指がある。
猫は前足に人で言えば手とひじの中間にもう一本指があるから計6本。
検索するといるんだって。そういうの。いわゆる奇形じゃなく。なんかうれしいぞ。








IMG_4510 (1024x768)
基本出入り自由だけど今時期は見える範囲までしか出かけないし数分で戻ります。
なので先日爪切りに行きました。時すでに遅し、ボクの体も家の内装もボロボロですけど。

















修理はゴルフだ。

  • 2017/07/17(月) 16:19:13

IMG_3961 (1024x768)
よくあるアメ車の警告インフォメーション。
何って書くと電話が炎上したら困るんで書かないしよくやる分野でもないし。
冷却水が足りなくなると警告するためのセンサーが壊れたって言ってるようで
足りないって言ってるのとは違って困っちゃうパターンです。



IMG_3959 (1024x768)
センサーがBADだからってんで交換したけど直らないそうで
新品がBADかもねって単体テストしたけどGOODでした。
詳しそうな人にすぐ訊くのもカッコ悪いんで得意の超検索で外国の親切な人に教えてもらったのは
「インフォメーション画面の裏の基盤に疑いあり」
ってわかんねーわ。ルーペで全部なんて見てらんない。


その方が直したって付近を拡大。
ほー。はんだに亀裂があるってのはその関係が動いちゃったってことだな。

ゴルフはやったことないし興味ないけれど
ホールインワンとか1打目でピンそば何センチってのはもう技術じゃなくサイコキネシス
あるいは後頭部にプラグしかないと思う。
要は半端じゃなく強く念じて信じればついてくる特殊能力なんだと思う。
IMG_3958 (1024x768)


この手の仕事はほぼ素人ですがつけました。
サーキットテスターでの導通テストはOKなんでまあいいでしょう。
いちばん大変だったのはここが原因と信じぬくことと写真撮影です。
IMG_3960 (1024x768)



IMG_3945 (768x1024)

なにを得意げに決めてるんだか分かりませんがたまにこういう顔します。


IMG_3954 (1024x768)

かぶりつきながら蹴り蹴りするのがお好き。



IMG_3957 (768x1024)
おねだりというより催促。というより強要か。
















すっかりハマってたGWでした。

  • 2017/05/08(月) 09:20:05

IMG_3744 (1024x768)
平成ひとけたのミラ。
シフトロックが動かない。
つまり一度Pに入れるといちいち解除ボタンを押さないとシフト出来ない。
不便すぎる。

回路図はまああっさりしてるほうですが



IMG_3741 (1024x768)
シフトレバーすぐ近くのコントローラーなるもののカプラーが見つからないから
絨毯に手をつっこんで探ったら運転席下まで線が伸びてるじゃない。
こりゃアレだ、マニュアルミッション車と室内ハーネスを共通化させる都合上
部品側の配線を異常に長くしたっぽい時代背景を物語る設計かもね。



IMG_3740 (768x1024)
整備書の指示通りに全部の線を診たけれど特に異常なし。
唯一おかしいのはロック解除用のソレノイドってまあ電磁石に来るべき電気が来ないってそのまんまだ。
事前にそのソレノイドが生産中止てのはわかってたけど
別に他のを流用するのもそんなに大変じゃないから余裕こいてたのに
単体点検するとそいつは動いてる。最悪だ。

しょうがないから作動の一番のきっかけとなるストップランプスイッチからの入力を追うと
すぐにダイオードを介してトランジスターに入ってる。
さらに通電状態を追うべくLED式の検電をいろんなとこに当てたら
ソレノイドがカチャカチャ動くポイントがあるじゃない。
これはアレだ、最終的な出力はベースをアースして動くPNP型トランジスターでやっててそれは生きてる。
つまり検電でベースがアースされて動いてる。
となるとストップランプスイッチからのプラス電源で動くであろうトランジスターは逆作動のNPN型だ。
言っとくがここまで書くためにというか理解するために
1時間かけてトランジスターの基礎を勉強し直してるぜハニー。

なぜか同品番のトランジスターのデータシートがネット上で見つかったしいー



IMG_3743 (768x1024)
その気で見たらそのトランジスター、なんか足が焼けてるしいー
あんなにルーペではんだ切れとか見たのにね・・・



IMG_3754 (768x1024)
ま、そっちはあとでどうにかできるでしょ。

このクルマ、本題はこっちだから・・・フゥ~・・・


IMG_3751 (1024x768)

寝ぐせと冬毛の抜けがすごいです。