FC2ブログ

内地の人のお墨付き

  • 2018/08/02(木) 19:01:22

IMG_5126 (1024x768)
新しいパターン。
クルマで北海道旅行に行くからあんたんとこでエアコン直せるか?という問い合わせ。
これは最後の最後悪い部品をとったらポーランド製なんだーって遠い目で撮影した1枚。




IMG_5109 (1024x768)
どうも地元は40度付近までいくという地域の方なので札幌なんて余裕でしょーとか思ったら
暑くてやってらんねーからすぐ直さんかいと親戚みたいなこと言うので

切れてたファン高速回転用のヒューズに電球と言う名のショート検出器を仕込んだら
たまたまそこで4V程度ドロップするのが幸いして
残りの電圧でファンはなんとか高速回転して冷えるようになったんでそれで乗ってもらって部品待ち。
ちなみにこれが切れてても低速回転はしますがずっとだとガス圧が上がりすぎて安全装置がコンプレッサーを止めちゃうから
最初のわずか10分くらいしか冷えないの。
ちなみにガス漏れではないので簡素に言うと冷えたり冷えなかったりという不気味な症状。


9-3回路1 (791x1024)
9-3カプラー (791x1024) (494x640)
9-3回路2 (791x1024) (494x640)
「サーブ9-3 電動ファン」では何らHITしないんで「SAAB9-3 COOLING FAN」やら怪しい部品の番号でかろうじてGETした簡素な資料でもないよか相当マシ。
先んじて塩釜のブレーンにも考察の道筋を指南してもらって一部解ったふりしたりしてるし。

テメエで請けといてなんですがものすごく神経使いました。
なんだかボクが直せないと北海道の業界全体の汚点になるような気がして。
それに近年の電動ファンはラジエーター用とかエアコン用とかじゃなく二個あってもそれぞれが二役こなしてるから
オーバーヒートしちゃうのが最悪のパターンだし。

ともあれ、札幌のエアコン修理はそろそろ鎮火でしょう。



IMG_5090 (1024x768)
なんてったかこういう歩いてるふうなアートありますね。

スポンサーサイト

楽してWIN-WINてか。

  • 2018/07/24(火) 18:47:54

IMG_5110 (1024x768)
四捨五入で20万キロのエスティマ。
ブレーキパイプが腐食して油漏れ>リザーブタンクが減ってたので補充しつつ乗る>ほぼノーブレーキに。
まあオーナーはこんな恐ろしい事態だとは知らずにですが。

キレイなほうは専門家に作ってもらった新品。



IMG_5111 (1024x768)
簡素に書くととこんな位置についてたパイプですが純正部品を買っても4千なんぼとすごくリーズナブル。
しかもエンジンルームからリヤタイヤの近くまでという長さ、かつ左右1セットで。
ただ交換はめまいがするほどたいへん。まっすぐなら隙間をねらってどうにでも通せるけど
現実には燃料タンクやら他のパイプ・ケーブル・足回りが行く手を阻むから
どこまでなにを外せば定位置に納められるのか想像しきれない。

もっとも、バックオーダー(受注生産)で10日は見込まれるからはなからその線はありませんでしたが。



IMG_5112 (1024x768)
なので無事な直線部で切断して相手を見本に出して製作依頼。



IMG_5113 (1024x768)
切ったとこはさすがに溶接とかじゃなくネジでつなぐ材料があるんですが
切り口を漏れなく密着させるためにラッパ状に加工しなければなりません。
パイプ作る人が来てくれればボクはスパナ持って組めばいいだけなんですが来てはくれません。



IMG_5114 (1024x768)
カメラは近くまで寄れるのでさっきの写真ですが現実はこんなです。



IMG_5115 (1024x768)
パイプの径ぴったりのナットを仕込んでおいてラッパ加工するともう抜けません。
逆に言えば先に加工するとあとからナットを入れられません。
実は前回やったのいつよーというレベルなんで危なく入れ忘れるとこでした。



IMG_5116 (1024x768)
こうなりまして大工事せずにやりたいことは済みました。



IMG_5117 (1024x768)
しつこいですが作業中はいろんなものが邪魔してくれてます。



IMG_5118 (1024x768)
キャリパー近くの別な短いパイプは在庫があり交換することにしたので
頼んだパイプが来るまでそいつで加工の練習を3回もやりました。
純正品は樹脂コーティングされてるので剥いてからね。



IMG_5119 (1024x768)
実は自前のコレは持ってなくて今日買ってきましたが
どうも不安でモンキーレンチで蝶ねじを締めたらあっさり折れました。練習中に(爆)
最初からただのナットでいいんだけどな。



IMG_5120 (1024x768)
これも持ってなくて別の店で買ったパイプカッターがきれいに収まるって
得した気分というかセットにしとけよというか。



IMG_5121 (1024x768)
要のここがパイプの切り口で傷つくのであと何回使えるか疑問。
ま、一回は大丈夫と思って「銅パイプ」用のを鉄に使ってるボクもアレですが。



IMG_5122 (1024x768)
しつこく漏れがないことを確認ののち作った樹脂コーティング無しの部分はぬったぬたにしてやりました。
万一外すなんてときは大変ですが多分ボクなんで世論的には問題ないでしょう。

基本、楽することを考えてますが方法が決まったら作業そのものに手抜きはしません。
こっちが楽する=ストレスがない・速い=工賃が割安という図式です。



IMG_5096 (1024x768)
隣家の楓がなぜか紅葉してるのをコイツも不思議に思ってるのだろうか。ねえな。



IMG_5093 (1024x768)
最近図に乗ってきてちょっとちょしてやると割とこうなります。









伏兵

  • 2018/07/16(月) 19:50:58

IMG_5071 (1024x768)
H17ムーヴ。いわゆる普通の17歳だわ車検で気を抜いてたら13万キロという距離のせいか伏兵が。
車検なんで当然ブレーキドラムを抜くんですが固かったんでスライディングハンマーを使ったら
抜けたけど何かが床にコロンと落ちました。



IMG_5080 (1024x768)
通常はドラムに圧入された状態で一緒に抜けるインナーベアリングがクルマ側に残っちゃったの。
これはそれを引っこ抜いた事後の写真。
コロンと落ちたのはアウターベアリングとの間に挟まれてるカラーってまあ短いパイプ。



IMG_5072 (1024x768)
当初は奥に陣取っててプーラーのツメが入る隙間も僅かでした。
手持ちのプーラーのツメは厚みがあって入らず入るように削ったら曲がっちゃって断念。
これはしょうがなく買ってきた新品。



IMG_5073 (1024x768)
また壊れちゃうような気配もありましたがかなり重くなったのち「カキッ」って感じで動く。
一度動けばそれほど重くはなくドツボとまではいかなくていかった。



IMG_5076 (1024x768)
ただし、セットする前に新品のプーラーを惜しげもなく切断してますが。



IMG_5077 (1024x768)
ただでさえ隙間のないところにツメをしっかりかけるためにはアームの向きというか角度が限定されますが
買ったまんまのリバーシブルだとその今使わないほうのアームが邪魔だから。
そんなことしなくても使えるかたちのもあるけど今日の入手は無理だったし今日買ったコレみたいに2千円とかじゃないし。



IMG_5074 (1024x768)
この半端ねえ量のダストはひょっとして車検数回分かもしれない。


IMG_5075 (1024x768)
何十年経ってもこういうとこをこじってドラムを抜こうとする行為は無くならないんでしょうね。
自分がやって怒られたのはもう30年前ですが。

ちゅーことで手段を問わないとまでは言いませんが工夫してるというアピールでした。



IMG_5078 (1024x768)
いきなりですが自営ならではかもしれないこの調理機器がお気に入り。



IMG_5079 (1024x768)
ごはんを焚くと同時にカレーが暖められるの。すげーエコ。



IMG_5067 (1024x768)
ときどきあんまり気持ちよさそうで人間でいることが馬鹿らしくなります。







ガスを使わないエアコン修理

  • 2018/07/09(月) 19:43:27

IMG_5036 (1024x768)
なんて書いて「お得じゃん!?」とか殺到されても困るんですが選択肢の問題です。

そもそも気になったのは始動直後から10分くらいの「ガー・・・・・」って異音。
工場移転時に活躍してもう潮時だべとかいってたのにまた車検とったウチのH8・HH4アクティ。
聴診で最もインパクトがあったのがエアコンのコンプレッサーって右端の丸いの。



IMG_5035 (1024x768)
マグネットクラッチという名の電磁石とベルトのかかるプーリーをよけてみたらアルミボディの本体に鉄さびがごっそり。
正確にはアルミ合金が腐食して白く粉吹いたとこに鉄製の相手のサビが色をつけたかあるいは
アルミ側は無事で鉄サビがこっち側にねっぱって残留したものか。
どっちなのかによって対処方法が変わってきます。



IMG_5044 (1024x768)
こいつらがよけた部品の面々ですが



IMG_5037 (1024x768)
音の感じはここの中心のベアリング。



IMG_5038 (1024x768)
ただ、あのサビの出所はコイツ。マグネットクラッチのコイル部。



IMG_5043 (1024x768)
コンプレッサーに面接触でスナップリングで固定されるのにとても面とは言えない状態。
盛り上がってたサビがコンプレッサー側に剥がれて残ったからこうなったのか
サビが成長する過程で過大なテンションがかかって変形したのか。
どっちにしてももう使いたくない。別にエアコンの冷えには何ら問題無かったけど。



IMG_5042 (1024x768)
なぜなら、そいつはこのお鍋構造のプーリーの中に納まっていて
僅か1mmかそこらのクリアランスしかない外側のお鍋はエアコンOFFでもグルグル回ってるから。
取付が斜めっちゃうと接触する可能性が高い、というかもうしてたのかもしれないから。

ちゅーことで現車の1/3の距離の中古コンプレッサーがあったので注文。
あのアルミ部の錆は刃物で気持ち良くキレイに取れたので中古からクラッチ部のみ外して対処。
ね。ガス要らないでしょ。ま、こういうふうに車上でクラッチ部のみとれるという好条件もあってですが。
異音は消えたけどエアコンはもともとバリ冷えだったから達成感薄いですが。

そんなふうにみなさんに貸してる代車も実は年に何度もこういった補修を施して維持してます。
せめてぶつけたりこすったりしないよう、しちゃったら教えてください。いいんですよーそんなのとは言いませんけどネ


IMG_5054 (1024x768)
夕べ夜遊びが過ぎて21:30まで待たされたので早めに戸締りしたらおかんむり。



IMG_5055 (1024x768)
うお!



IMG_5059 (1024x768)
ん~?



IMG_5057 (1024x768)
ウワアー!!!


受け売り

  • 2018/07/02(月) 21:47:31

IMG_4965 (1024x768)
「人の受け売り」っていいますが個人の認識としてはなんかいい話やカッコイイ言い回しをパクッちゃうみたいな。
多くの場合受け売り話を聞かされてもそれがいい話なら迷惑をこうむるわけじゃない。
ただ裏を取らないでバンバン使うと馬鹿だとバレるから気をつけたほうがいいでしょうな。

本題と関係ありませんが写真なしじゃアレなんで同時進行でいくから柔軟にな。
普通はボルトを外せば最悪でもプラハンくらいで抜けるランクルのショックがバールのようなものでも抜けなくて
もらいもんのステアリング用プーラー登場の図。



IMG_4968 (1024x768)

会見で「みなさんに勇気を与えたいです」ってのが引っかかってしょうがなくてお客さんに言ったらその人もそうだって。
「お前は神か!?」だそうです。そういう感じの違和感です。
強いて言えばそれが許されるのは羽生結弦や吉田沙保里クラスか。
もはや言い出しっぺを探すのは困難でしょうがなんか言わなきゃとコピペしてるようにしか見えない。
そもそも勇気というなら自分から絞り出すもんでもらえるもんじゃないんじゃなかろうか。

青いとこはショックの穴に収まってたふうだが赤いとこは最初っから余ってはみ出してたふうだ。
ランチョに純正ブッシュを入れるとこうなるもよう。



IMG_4970 (1024x768)
スポーツ選手は試合で輝けばいいので受け答えの上手い下手は目くじら立てることもないですが
昔いた職場の朝礼で役職の人がちょこっとスピーチするというコーナーがありまして
進行役が別にひとり当ててその内容に対する意見を求めるという。
中途で入ったボクはある日驚きました。
スピーチ後に当てられたヤツが意見を求められて「その通りだと思います」と。
さらに、どうもそれを常用するグループが何人か存在すると。
自分に進行役がまわってきたときその一人を当てたらまたそう言いやがったので
「自分の意見てものがないんですか?バカなんですか?」とつるし上げてやりましたが
その後はスピーチの内容からなんかコピペしてしゃべるようにはなったものの
そんな朝礼続けてるイタい会社をどうにかするのはボクの仕事じゃないので退社しました。

なんとかとれたけどまあひどい有様ですな。



IMG_4971 (1024x768)
言葉ってのは流行りもんで多くの人が乗っかって時代がつくられるもんだと思うし
別に新しくもない「半端ない」が「大迫」とくっついただけで、しかも10年も前の全国的には無名の選手の発言が今頃その人の写真とセットでブレイクするなんてのはこのボクでも感動すら覚えるんですけどね。
要はなんか考えてる感じとか粋な感じとかハマった感が共感を呼ぶんであってセンテンスのまるコピペは良くないってことだな。
元々侍じゃないのはみんな知ってたけどさすがにこの先勇気を与えるのはムリだべ。

以上。

叩いたり磨いたりしてスリムになりました。



IMG_4973 (1024x768)
バンパーのボルトのねじが錆びて固いので修正。
このタップハンドルは棒で回す仕様だけどやってられないので頭にナットをくっつけてやりました。
溶接したように見えませんが穴のほうをしてます。



IMG_4972 (1024x768)
ん~気持ちいい。



IMG_4974 (1024x768)
一か所はスペースがあってねじもひどいので交換してやりました。



IMG_5026 (1024x768)
あらめんこいわね~
IMG_5028 (1024x768)
の数秒後。










ポテンシャル

  • 2018/06/25(月) 20:20:06

IMG_4981 (1024x768)
なんですか、かわいいやつが来ましたが
正規ルートがないのでなんかあると部品数か月待ちだそうで大変です。



IMG_5007 (1024x768)
何か月も前に頼んだマフラーが来ないのでもう作っちゃうかと言う話もあったんですが
さらに待ってやっと来たと思ったらもっと大事なとこが壊れたそうです。
ファンベルトを張るテンショナーのベアリングが逝って勢いで樹脂製のプーリーも。
どうもベアリングロックなんかに備えてぶっ飛ぶように造ってるように見える。



IMG_5001 (1024x768)
ベルトが6本溝と言う情報をもらったんで適当に純正品番を拾う。



IMG_5002 (1024x768)
それをもとにパーツリストの絵でレイアウトを確認。
こういうふうにテンショナー(アイドラー)で張るタイプもあればダイナモなんかを直接動かして張るのもあるから。



IMG_5006 (1024x768)
さらにいえば近年はこういうふうにベルトの背面つまり溝のないほうにテンションをかけるのが主流。
欲しいのはそっちじゃないのでおのずと平成ひとけたあたりのしか該当しない。
売れてないクルマだと生産中止だったりする。



IMG_5005 (1024x768)
なおかつこういうふうにプーリー単体での設定があるやつとなるとさらに限られてくる。
だって合うかどうかわからんのにブラケットごとの1万なんぼのには手を出せないから。



IMG_4979 (1024x768)
そんな狭い選択肢のなかから選んだ6千なんぼのがベアリングの内径まで同じだったというのはもう
半分以上使ってないと言われる我が脳のポテンシャルがはじけたんじゃないかと思える。
じゃなきゃスピリチュアルなやつか。
厳密に他のプーリーとのアライメントが合ってるかと言うとそうでもないが
ベルトがねじれて回るようなレイアウトの実車をさわった経験があればなんてことない。



IMG_4980 (768x1024)
誰も欲しがらないと思うがサービスショット。
アジャスト機構が余っちゃったけどまあ許容範囲のロスでしょう。


ただ、さすがに外径は全く違うプーリーに合うベルトの長さ選択がこれまた大変で疲れた。
言っときますが部品代を上回る調査費をいただきます。
部品屋さんはそんなもの取りませんがそのまえにこんなフィッティングしてくれません。
かといって僕だって何度もやりたくないのでどしどし来ないように。言わなくてもこねーか。



IMG_5010 (1024x768)
抜け毛取り用におろした新品の洗車ブラシと仲がいいです。












裏メニュー

  • 2018/06/18(月) 20:29:16

IMG_4983 (768x1024)
メニューに載ってないけど存在する裏メニュー。そそられますね。
ただ、本来は一所懸命通ってくれるお得意さんに感謝の意をこめて「アンタはそこらへんの客とは別格よ」という意味で出すんであって
それを自慢げにしゃべっちゃったりましてや写真撮って流出なんてしたら一気に格下げだべ。
ま、そんな正統派のお店には誰もが出入りできるわけじゃないし
むしろそれを狙ってる節のあるお店が主流なのかもしれんが。

これは逆らえない筋から、最初っから裏メニューをご所望のクルマ。



IMG_4982 (1024x768)
もう売ってないシフトケーブルが切れちゃったのをどうにかせよと。
もっとも、当店の通常メニューを見せてみろと言われるほうが困りますが。



IMG_4985 (1024x768)
持ってきてくれた中古のケーブルは長さも固定部の形状も似てるけどそのままじゃムリというもので
他で断られてなすすべもなく車検も切れちゃってます。
同じ型のクルマ用ではあるけれど年代違いなのかもしかして二本あるうちのもう一か所用か。
それでも金具は削ったり長いからシャフトを切って溶接したりしてシフト可能にするまでに何度もつけたり外したりしたもんでほぼ一日費やしたわけなんですが



IMG_4986 (1024x768)
まだあんのかい!という問題が。
シフトレバーを前に倒す①③⑤から戻すときになんか引っかかることがある。
ワイヤーの端についてる一部シャフト状になった金具がアウターのガイドから出ちゃうの。
うまくガイドに入ってないのに無理に動かすとワイヤーが折れ曲がっちゃってまた切れちゃうじゃん。




IMG_4987 (1024x768)
検討の結果ミッション側のレバーをずらすかアウターを前に移動するという方法は手間がかかりすぎるので
ガイドを延長してシャフト部が出ないようにする方向に。



IMG_4988 (1024x768)
追加ガイドはそんなに引っ張られることはないと思うがビニテはいずれ剥がれるから切ったホースで巻いてやろう。
ちなみに中の追加ガイドも金属パイプですが一旦こういうふうに裂いてます。
溶接前なら自由に入れられたんですがもう一回切る気にはなれませんで。



IMG_4989 (1024x768)
具合を確かめるのにそのホースはホースバンドで締め上げてたんですがどうも素人っぽいのでコレ。
ドライブシャフトのブーツバンドの切れ端。
巻き上げ式の締め具もあるんですがぐるぐる巻きになっちゃって捨てるしかないから使わなくなってきた。



IMG_4990 (1024x768)
ただの切れ端も帯をつけてやればまた締めることが出来ると知ったのはいつだったか。



IMG_4992 (1024x768)
こんな細くしてもけっこう締められます。



IMG_4993 (1024x768)
この写真を一人で撮るのはカエサルで心臓をオペするよりちょっとやさしいくらいです。



IMG_4994 (1024x768)
ホースの切り口とボンレス具合で半端じゃない締まり具合がお分かりかと。
余った端っこは切りっぱじゃなく内側に折り返すというしゃらくさい小細工。
じつはいろんなシーンで使うこのバンド仕事がちょっと自慢。
もうひとついえば、ついてた切れたケーブルを切って二個イチとかはせず車両側にも一切加工入れてない。
切れてても見本として出せば同じように作ってくれるとこがあるから。

いってみりゃ日常、ほとんど裏だな。



IMG_4978 (1024x768)
せっかく買った半袖ツナギも寒くてやめたくらいなんで
この1週間はコンパクトに落ちてます。

ご自分は来たことも電話すらしたことないのに先日お友達に当店のことを教えてくれた方、ありがとうございました。
その微妙な情報で来てくださった方もまたよろしくお願いします。








エアコンとマフラーの記事多めですが電装屋でも鉄工所でもありません。

  • 2018/06/06(水) 21:52:37

IMG_4931 (1024x768)
数日前にディーラーで車検が終わり寝耳に水的にエアコンコンプレッサーの異音を指摘されたというスズキ。
というより全く冷えないのでゲージで初診すると見たことない表示が。



IMG_4932 (1024x768)
今さっきえらく短時間ではあるけれどコンプレッサーが回るのを確認したばかりなので右側の高圧側が上がってるのはいいとしても
左側の低圧側はおおむね黄色い線のあたりを指すはずが振り切らんばかりの指示。
正直ちょっとドキドキするほどのレベルだ。


IMG_4933 (1024x768)
H22と割と新しいのでコンピューターが認識してる数字も見られます。
低圧高圧の区別がなくどっちなのよ~って感じですが気付いてしまいました。
冷却水温やたら高くね!?ちゅーかエンジンかかってるけどラジエーターのファン回ってないしー
あ、軽自動車の多くはエアコンガス冷ますのもクーラント冷ますのも一個の電動ファンでやってますんで。



IMG_4937 (768x1024)
回ってないけど電源もアースもOKで作動条件下にあると判ったので
ちょっとプロっぽくファンモーターの抵抗値なんて測定しちゃったりして。テヘ。



IMG_4938 (1024x768)
20キロレンジでのこれは16.83キロΩ。つまり16830Ω。
普通のモーターってやつは銅線をぐるぐる巻きにしたコイルの抵抗、つまり長ーいけど線の抵抗くらいしかないから
たぶんこの1/1000くらいだべ。逝ってるな。



IMG_4942 (1024x768)
念のためというか興味で見てみたけどそういう基準値は載ってませんでした。
現場を馬鹿にしてるのかこういう資料のせいで現場がダメになるのか。



IMG_4943 (1024x768)
ファンの作動温度は見つかりました。



IMG_4944 (1024x768)
当たり前ですが確認した時点ですでにオーバーしてます。



IMG_4936 (1024x768)
それでも水温計レスのメーターに出るはずの赤い警告マークは出ないんですね。
何度オーバーしたら出るのかは探しましたが見つかりませんでした。



IMG_4939 (1024x768)
一応直結もやりますけど。まあそりゃ無反応。
数日前に車検したばかりなんだから言ってみたら?と普通思いますがディーラー休日でした。
しかも部品は市内に無く市内に無い=道内に無い=届くのはあさって。
そもそも指摘された異音とやらがホントにヤバいのかどうか軽く下見に来られただけなのに
エアコンどころかいずれオーバーヒートは避けられない状況で乗っても帰れない事態に。



IMG_4945 (1024x768)
ということで中古で対応、水温も下がりエアコンも冷えるというハッピーエンドとなりました。

それにしても指摘のあったコンプレッサーの異音てのはなんなんだ。
ファンが断末魔の叫びでもあげていたのか。
そもそもすぐ直さないとマズイですよとまで言ったらしいが納車するってどういうつもりだ。
ま、真相はどうあれ、その一言で最悪のオーバーヒートは回避できたのも事実。
「お手柄だよ!今泉君!」誉めてねーから。



IMG_4925 (1024x768)
IMG_4941 (1024x768)
どいつもこいつもだれてんなー










たまにはマニュアルどおりにやります

  • 2018/05/18(金) 19:32:28

IMG_4915 (1024x768)
E24型というやたら長命のキャラバン。
しばらく時期を伺っていたオーナーが満を持して噴射ポンプO/HのGOサインをくれました。
長命なだけにサービスマニュアルは十回以上追補版が出ていて合うのを選ぶのが大変。
これは取付位置が可変式なので噴射時期を正確に合わせてねという指示のページ。
1/1000mmレベルを要求してますがやってみると(いややる前から)どうゆうつもり?って感じです。


IMG_4910 (1024x768)
それ用のねじを外した穴にダイヤルゲージという認証工場必須アイテムで計測しますが
これは降りてるポンプだからあーそうなのーって特段感慨もない。



IMG_4912 (1024x768)
実際には腹下からセルモーターとポンプのわずかな空間にかろうじてセット。
しかもセット用アタッチメントなんてないからゲージと穴のクリアランスをOリングで詰めてなんとか固定してる。



IMG_4914 (1024x768)
さらにはクランクを回すための41mmなんてソケットはないから自主製作。
高くはないけど買ってもたぶんこの車両以外には二度と使わないし。



IMG_4913 (1024x768)
大型トラックのハブナット用ならあるいは需要があるかもしれないけど付近が狭いからラチェットハンドルも何もはめられないと思う。
そもそもここを動いたかどうかわからないくらい回しただけで1/1000どころか1/100くらいすぐ変わっちゃう。
そこをじわじわ慎重に回しながら最少リフト位置を探してゼロ点調整ののち、一旦逆回転させてから圧縮上死点まで正回転させて数字を読むというダンシングヒーローの振りを練習しといてよかったって感じの体勢を要求される。




IMG_4911 (1024x768)
もっと言えば業界で一般的なダイヤルゲージって目盛は1/100単位。
そこは人並み外れた読み取り能力とイマジネーションに妄想力でキメるから大丈夫。
ただ、仮固定した可動部を本締めしたら微妙に狂う不安があって何度も確認。
トヨタなんかはエンジンとポンプに付いてるマーク合わせればいいようにポンプ屋さんがキメてくれるからこんなことしたことはない。
試運転はいい感じでしたが暖機後にアイドル回転を微調整しようとしたら完全に付けた運転席とその下のフタをまた外さないと出来ないと発覚してちょっとブルーティアーズ。
何回もやってるからさすがに我ながら速かったけど。

決まったあとはこんなカンジ。




IMG_4907 (1024x768)
実は慣れない作業だったんで朝起きる前にすでに夢ん中で上手くいかないシュミレーションしてましたとさ。

















札幌安くないカーエアコン修理 

  • 2018/05/11(金) 20:40:11

IMG_4860 (1024x768)
実は連休前から気の早い人がエアコン修理で来られてました。いや、決して早くないと思うけど。
お待ちいただいて、空だったラインに空気で加圧してみたらどこからか「シュー!!!」って。
コンプレッサーに付いてる圧力スイッチの、取付部じゃなく配線の刺さる金具付近からの漏れでした。
平成初期のジャガーなんとか。紙に書いてる番号が読めたのは奇跡的ですが廃盤ですって。
正規ルートでは。



IMG_4888 (1024x768)
ただ、訊いてみたらあるとこにはあるもんで
ディーラーも電装屋もやりたくないオーラ全開なので我慢してたという暗黒時代に終止符か。
念のため、一般的にはゴミだけど捨ててないインチねじのプラグで漏れだけ止めてガスチャージ。
なんと一缶目でゲージの指針に感じた異変はコンプレッサー本体の圧縮不足。
結局コンプレッサーを買うんで先のスイッチは付いてくるから不要に。
スイッチだけ買って着工してたら目も当てられなかったな。


IMG_4864 (1024x768) (1024x768)
こういう写真で先方にもうひとつ欲しい部品を説明。レシーバータンクと言う一種のフィルター。
内部からの汚れで曇ったのぞき窓のガラスがとっくに過ぎた交換時期を物語る。
その後届いた部品を交換中邪魔だから外した、去年替えたというピカピカのパイプのパッキンが
恐るべきことにエンゼルフレンチよろしく裂けてました。
締めすぎというより替えてないんだろうな。

そんなことして最終的に面倒見きれないようなインチキ工場にちょこちょこ払うのも自由ですが
その後来られるとコメントに困るので最初っからどうぞ。
ただし他と比べようはありませんが決して安くはないと思います。
直さなくても原因を特定して見積もるだけで数万円かかる場合もありますが
そういう可能性がある場合は先に言いますのでそこでやめればタダですし。



IMG_4884 (1024x768)
これはH20とそう古くもないホンダエアウエイブのコンデンサー。
ほとんどの車種でラジエーターのさらに前方についてて融雪剤を最初に浴びるレイアウト。
一部腐り落ちちゃって手が見えますがそこは放熱用のフィンなのでまあ冷えない原因でもない。



IMG_4885 (1024x768)
この筒型タンクがさっきジャガーで触れたフィルター部。
これもタダの空気の加圧テストで石鹸水がぶくぶくになって漏れが発覚。
上部の丸いフタを取るとフィルターを中身だけ替えられるしそこのパッキンが原因かもですが
大体がすっごく固いフタを回すときに本体にカシメで付いてる取付部に無理がかかって
そこにもあるパッキンが効かなくなっちゃってまたガス漏れというイタイ経験もあるので
コンデンサー丸ごとで対処。もっとも、安い社外品でも新品フィルター付きなのでお得。



IMG_4887 (1024x768)
おおむね平成3,4年より古いやつ用



IMG_4886 (1024x768)
それ以降、現行車にも使う用

と、ガスの種類によって違う機器ですが旧いほうがないから診れないという工場も多いと聞きます。
が、ボクなんか1万もしないものを使ってて何も問題ないので入庫の傾向の問題でしょう。
「診れない」という恥ずべきセリフに鈍感になることで手間の多い旧いクルマを排除するという、
商売上は健全であり高効率であるという見方も正しいと思いますがボクはそうじゃないので
そういう工場やクルマに詳しくないあなたがそう位置づけるクルマに詳しい人との付き合いが長い人は
「なんかちょっとさわるだけでやたらお金かかるとこだな」という印象をもたれるかもしれません。
責任感も危機感もない意見や見積もりをタダでしてもらっても得してないしむしろ危険です。
エアコンという分野は、まさにその最たるもので、
自分でも出来るけど面倒だから頼むというジャンルとは対極であると考えればご理解いただけるかと。