FC2ブログ

またまた普通じゃないエアコン修理

  • 2020/08/02(日) 19:39:51

IMG_6840 (1024x768)
エアコン修理のエスティマハイブリッド。
ガスが空なのでどこかに形跡がないかと下見してたらなんか盛大なオイル漏れ発見。
ただ、ここはエンジンメンバーってエンジンとミッションの乗ってる枠なんだけど
漏れてる付近にはそれらしき原因がない。というかエンジンもミッションもちょっと離れてる。




IMG_6841 (1024x768)
黒でも茶色でも赤でもなく、シトロエンのハイドロ油かVW系のパワステオイルみたいな怪しい色。
その上部のフレームというかフロアから出てるように見える。



IMG_6839 (1024x768)
発見できないよりはマシだけど
ものすごくイヤーな予感。




IMG_6838 (1024x768)
どうも近年はエアコンの排水ホースが外にむき出しじゃなく
フレームの袋状のお部屋に入っちゃってるパターンが見受けられるので室内からアクセス。




IMG_6837 (768x1024)
・・・排水ホースだからあくまで冷却器で結露した純水が出るはずですがオイリーです。

つまり漏れの原因はエバポレーターと呼ばれる冷却器そのものである可能性が大というかもう決定。
エキスパンションバルブというガス噴射用の部品がすぐそばに付く車種もありますが
このクルマはちょっと離れた車外に付くから漏れても排水ホースには影響ないので。



IMG_6891 (1024x768)
ということで20万近い見積もりにGOサインをいただいてそのエバポレーターを交換しました。
隣にある似たようなのはヒーター用の部品。
工程がいくらも増えないので許可をいただいて予防でやりました。
右手前のちっちゃいのがエキスパンションバルブ。これも予防で。




IMG_6892 (1024x768)
オイル染みの具合から見て
真ん中からちょい下のどこか、あるいは複数個所に漏れがあるんでしょう。
もう疑う余地は100%無いし
作業中は写真なんて撮る余裕はないどころか、請けた自分を呪うようなえらい大オペなんで
水に浸けておー出てるぜーなんて気にはとてもなれません。
終盤は放心状態でドアミラーのカプラー挿し忘れで納めてご迷惑かけちゃいました。

しみじみ、冷えるクーラーってホントいいですね。
その昔と違って、腕だらーんって走ってるのは壊れてるんじゃ?って勘ぐってしまう年頃です。
だとしてももちろん違法じゃないし自由ですけど。
 





IMG_6882 (1024x768)
世の中が変わってから前は頼んでた爪切りも行ってなくてもうウルヴァリン。




IMG_6884 (768x1024)
IMG_6885 (1024x768)
IMG_6886 (1024x768)
手を触られるのは嫌いだと言われてる猫ですがコイツはむしろ喜んでるようにも思えます。
まあそれぞれなんでしょう。


スポンサーサイト



普通じゃないエアコン修理

  • 2020/07/19(日) 20:53:00

IMG_6857.jpg
相変わらずエアコン修理に忙殺されてるこのごろですが
普通のをやりながら普通じゃない課題もかかえてて気が気じゃありません。
一見、あらー古そうなクルマだわねーでスルーされそうですが大変です。





IMG_6858.jpg
寄ってみるとなんだか黒いパイプの一部にくっつけたような形跡。



IMG_6863.jpg
それこそがえらくてこづった今回の課題。
本来はこういうべたづけ式のパイプでレシーバータンクという名のフィルターの一種が付くんですが
もうヤバいから来年はやらなきゃねって去年逃げたその来年が今年ってわけで
結局見つからなくてねじ式のタンクに改造することにしたんだけど
自分じゃ出来ないからラジエーターやさんにお願い。
タンクは電装屋さんにみつくろってもらったやつ。




IMG_6864.jpg
二本あるつなぎ口のもう一方は元のパイプからナットだけ採用してホース式に。
これも電装屋さんのプロデュース。



IMG_6865.jpg
というか夏本番を前にそのタンクの中身がばらけて流出してコンプレッサーまで壊しちゃったもんだから
外せる部品は全部外して内部洗浄、といってもパーツクリーナー注入>エアブローを何度も繰り返すという楽しすぎる工程。





IMG_6867.jpg
なのでこんな見るのもおぞましいエンジンルームの配管も現代のクルマなら鼻歌交じり。ウソですが。

IMG_6853.jpg
IMG_6854.jpg
IMG_6855.jpg
しばらくはこんな膝でまったりとか無いのでテメエで撮った写真を猫がいる横で見てるってなんだかな。

緊急措置

  • 2020/07/12(日) 16:49:50

IMG_6813 (1024x768) (1024x768)
車検の初代MR2。リトラクタブルなヘッドランプが片方パッカンパッカンウインクしちゃって止まらない。
スイッチOFFにしてもしばらく動いたのちにやっと止まる。
ちなみにそのモーターはかろうじて手が届くレベルの奥の方。




IMG_6812 (1024x768) (1024x768)
幸いオーナーがそこら辺の資料を持参してくれたので回路図を参考に診たところ
どうやらその作動をつかさどるリレーというかコントローラーが疑わしい。
というのも、左右別別のその配線を逆に挿してみると不具合が左>右へと入れ替わるから。




IMG_6814 (1024x768) (1024x768)
ただ、ほぼ確信してたけどそのリレーはすでに生産中止。
車検だけなら左右開いた状態でモーターのヒューズを抜いときゃいいけど
常時それで乗れってのも酷なので緊急措置といえば聞こえはいいが言わば時間稼ぎのインチキ。
つまり生きてる右の回路でダメな左のモーターを動かしちゃえという改造。




IMG_6815 (1024x768) (1024x768)
それは中に入ってる二個のリレーのうち一個だけを使うという負担を強いる方法なので
リレーを一個あとづけするつもりでギボシを仕込みましたが・・・




IMG_6817 (1024x768) (1024x768)
車検から戻ってやってみたらお話しになりませんでした。
本来のリレーの下流にリレーをあとづけすると、ディレイ、遅動しちゃって全開する前に止まっちゃうの。
遅動が必要なのは自動拳銃のスライドくらいでしょ。チャリのディレイラーってのはどっちのことを言ってんのかアレだが。
というかそもそも左右の開閉スピードが一致するわけないからそれぞれ開閉位置を拾って別回路にしてるんだけどー



KIMG1385 (1024x768) (1024x768) (1024x768)

KIMG1386 (1024x768) (1024x768) (1024x768)

KIMG1390 (1024x768) (1024x768) (1024x768)

KIMG1391 (1024x768) (1024x768) (1024x768)
いつものことですがめんこいとコワイを繰り返してます。

いいネタあったんですが

  • 2020/06/28(日) 19:19:51

いいネタあったんですが今日も時間切れー!
二週サボって入院したと思われてもナニだから最終兵器で失礼します。


KIMG1378 (1024x768) (1024x768)

KIMG1380 (1024x768) (1024x768)

IMG_6818 (768x1024)
いいように使ってんじゃねー!みたいな。

この先はおおむね一週間いっぱいいっぱいです。

タイヤ交換後の異音

  • 2020/06/14(日) 19:07:11

IMG_6720 (1024x768)
ご自分でタイヤ交換後に異音が出たというジムニー。
試走するとハブベアリングがもげるんじゃないかってほどの「ンガー!!!」てすんごい音。
毎年一台はナット締め忘れでガッキンガッキンいってるのが来られますがそういう音じゃないし。




IMG_6721 (1024x768)
「なんかやっちまったと思う」と自己申告いただいたので早期発見出来ました。
人為的不具合って普通には起こりづらいものが多いので見つけるのに手間取ることが多いです。
これ、ここにジャッキをかけて曲げちゃったんでしょう。





IMG_6722 (1024x768)
同じブラケットを止めてるお隣のステーはこう。地面に水平。





IMG_6723 (1024x768)
曲がってるのはトランスファーという、ミッションからの駆動をプロペラシャフトを介して前後それぞれのデフに振り分ける装置を支えるステーですが
ステーごと上に持ち上げられたのでフロアにドついちゃってます。
ここはわかりづらいけど。




IMG_6724 (1024x768)
ここは少しわかりやすいかね。





IMG_6725 (1024x768)
ここは明らかにって感じね。
「ンガー!!!」の原因はトランスファー内部のベアリングやギヤの作動音ですが
それ自体は異常じゃなく本来ラバーマウントで言わば宙に浮いてて
音や振動の伝わりが絶たれてるのにドついちゃったから伝わっちゃってるのね。
トランスファーがレコード盤と針、フロアというかキャビン全体が蓄音機のラッパって感じね。
ほとんどの異音てやつはその関係性がなにかしらで出来ちゃってるってことね。




IMG_6726 (768x1024)
曲がったステーはボルトオンじゃなくフレームの一部なので
どうにか力技でフロアと隙間が出来るくらいには戻しました。
長年使った自作のアオリ棒の先っちょのツメが折れて悲しいですけど。






IMG_6728 (1024x768)
平らに戻すにはフレームから切り離して叩くかプレスで押すことになりますが深追いはしませんでした。
元々ラバーマウントだから1センチや2センチ程度は気にすんな。




IMG_6729 (1024x768)
IMG_6730 (1024x768)
ジムニーあるあるの要修理課題も抱えてることだし。




KIMG1307 (1024x768) (1024x768)
かりてきた猫かってにきた猫




KIMG1308 (1024x768) (1024x768)
KIMG1310 (1024x768) (1024x768)
口には出しませんが気付けばいいよなお前はと思ってます。



KIMG1311 (1024x768) (1024x768)
この足が好き。



それはそうと今日は下見とはいえエアコンだけで6台。うち完成僅か1台。出来るだけ頑張ります。

メンテナンスフリー

  • 2020/05/31(日) 16:45:12

IMG_6754 (1024x768)
今は亡きというのは言い過ぎですが車種問わず新車は買えない、ホントのスバルの軽プレオ。
Fロアアームを中古で交換。




IMG_6755 (1024x768)
スバルでもスズキでもよくあることですが
ダメなのはアームというかタイヤ近くにつくこの関節状の作動の部位、ボールジョイントだけ。
なんにも買えない旧車なら切って移植とかもがいてみますが買えるならさすがのワタシも交換します。





IMG_6759 (1024x768)
現車のは摩耗してガタガタなので
ここを持ってぶら下げるとアームの重量でこう首が曲がります。
ダメじゃないヤツでも少し使うとこなれてきて抵抗が無くなってそうなりますが。




IMG_6758 (1024x768)
新品はこなれてなくて固いのでこういう風に保持出来ます。
これは中古なのにこの感じ、交換して間もなくクルマごと引退したのかも。
下の写ってないとこで誰か押さえてればこういうふうに写るけどウソつくメリットもないから信じとけ。




IMG_6760 (1024x768)
内部に水が入って錆びて固くなってたら採用できないから開けて点検。
新品のホイールシリンダー開けて点検する人に鼻で笑われたくないから。
幸いピカピカだったので汚れたグリスをちょっといいヤツに交換。




IMG_6761 (1024x768)
気のもちようで大差ないとは思いますが出来るだけグリスで満たしたいのでブーツ側にも充填。




IMG_6763 (1024x768)
かといってパンパンでは問題が起きるかもしれない。
組んだらけっこうブーツはつぶれてタイヤの上下動に応じて変形するから。




IMG_6762 (1024x768)
なのでエア抜きついでに入れすぎたグリスを排出。
大昔はこういうとこにグリスニップルがついててやりようによってはかなり延命させられる余地があったというか
舗装路の割合とかいろんな要素が部品一個さえ長持ちさせる必要性を生じさせてたんでしょうな。

言わばメンテナンスフリーですが逆に言えばそれでもメンテナンスしようと思えば手間が多く
似たような感じでニップル無しのプロペラシャフトのジョイントなんかはねちっこいワタシもちょっと無理。
とはいえたくさんニップルついたランクルとか別に好きじゃないですが。


IMG_6764 (1024x768)
この気温ではもうほぼひざには乗ってきません。

新しくても旧くても相応に扱ってます。

  • 2020/05/17(日) 19:16:48

IMG_6716 (1024x768)
当店的に珍しい高年式のクルマを車検でお預かりしました。
後ろブレーキのドラムがすんなり抜けて気持ちいいので錆止めしちゃえ。
ロックのビスにも吹いちゃうぜ。
ヘンタイなひとはここで車種がわかるかもね。




IMG_6712 (1024x768)
全く錆びてないフロントハブもロックナットも吹いちゃうぞ。
あ、けっこう錆びてんじゃん?てのはいわば消耗品のディスクだから気にすんな。




IMG_6711 (1024x768)
ブレーキキャリパーとパッドの当り面もグリスアップは普通として




IMG_6710 (1024x768)
ピストン側はダストシールがあるんで、なんとなくゴムにも使えるやつを使ってます。
ピストン内部も錆びやすいので塗っちゃいます。
穴開いてブレーキ油出てきたのは見たことないし機能的問題は起きそうにないけど。




IMG_6713 (1024x768)
テスター場で固くて難儀するから点検時に緩めることにしてるココ、
タイロッドのロックナットも拍子抜けな緩み具合。うれちい。




IMG_6718 (1024x768)
すでにやられちゃってるのがほとんどですが
ソケットでドツイて回してホイールの塗装が丸く剥がれるのが嫌いです。



IMG_6719 (1024x768)
なのでちょっと浮くようにソケットに捨てるショックブッシュなんかを切って仕込んでます。
こういう貫通ナットじゃなくキャップの付いた袋ナットの場合は
アタマの丸いとこがソケットの底にドツイて跡がつくのが嫌なので
薄いゴムを仕込んだソケットも用意してます。
そこまで?って思うかもですが、いちど仕込めばたいして頭も手間も使わないもんで。




IMG_6714 (1024x768)
こういう注意書きがあるキャップは普通に読める方向につけないと気持ち悪い。
多分誰も読まないからほぼ意味ないんだけど
100人にひとりでもそれで気を良くする・悪くする可能性があるならと。

以上、低年式にこそやってる作業ですが旧いクルマの多い工場って雑だとか思われたらまいっちんぐ。
ちなみにお声かけいただいたのはゴリゴリのキャンピング車のせいか請けてくれるとこが見つからなかったからだそうで。
こんなにきれいで程度もいいのにねーリフト1mしか上げられないのさえ耐えればね。

KIMG1307 (1024x768)
KIMG1308 (1024x768)
KIMG1311 (1024x768)
猫がひざに来なくなったら半袖だな。

「エアコン修理なんぼ?」てのは勘弁してください。

  • 2020/05/10(日) 19:22:35

IMG_6687 (1024x768)
エアコン冷えない、ひとつ前の型のジムニー。
明かなガス不足なので許可をいただいてチャージしてたら
コンプレッサーの前後の圧力を見るためにふたつあるゲージの片方が異常に上昇。
そうならないように作動してガスを冷ますはずの電動ファンが一回も動かない。




IMG_6689 (1024x768)
ファンはクーラント用と兼用で一個しかないのに10キロ20キロじゃ済まない長距離を走ってきて水温計は半分くらいで安定してたそうなので
エアコン作動時は別回路で動かすシステムだろうとその回路を調べるんだけど、どう見ても一個の回路で動かしてるっぽい。
水温上昇時もガス圧上昇時もエンジンコンピューターが判断して信号を出すから、分かれてるのはコンピューターの中。




IMG_6683 (1024x768)
一個しかないリレー不良を疑いつつ一番速いヒューズを見たらぶっちぎれ。
昔流行った「ぶっちぎり!」と書いたステッカーの仲間で「ぶっちぎられ!」バージョンもあったの知ってた?




IMG_6688 (1024x768)
おもいきり触りやすいとこにあるファンのカプラーを抜けば切れないんじゃない?
というやり方は素人。




IMG_6682 (1024x768)
もしそうじゃなかったらたった¥100-かもしれないけど切れたヒューズはさすがの私も捨てるしかないから。
ということでそうじゃなかった場合も切れはしない電球でテスト。



IMG_6684 (1024x768)
エアコンON。めっちゃ明るい。この下流にはリレーとファンモーターがあるんだけど
リレーは接点しかないからほぼ配線と同じとして、モーターの抵抗値が異常に小さいから明るく光れると考える。
モーターに至るまでの配線がフレームとかにこすれてショートしてる可能性もあるけどまず見ない。




IMG_6686 (1024x768)
明るいったって撮影の環境でいろいろに写っちゃうから
すぐそばのスモールランプを引っこ抜いて並べたら説得力あるべ。

ということでその条件下でさっきのモーターのカプラを抜いたらこの点検用ランプは消えちゃうので
電動ファンのモーターのコイルあたりがダメだからモーター交換だねとなるわけね。
おめーそりゃ最初っからそこ抜いといてヒューズが切れなきゃ何も無駄は出ないんじゃねーの?と思うかもしれませんが
作動中切れるとか何回かに一回切れるとかいろいろ想定されるもんで
切れるはずの状態(=点検ランプが光ってる状態)からのカプラー抜きのほうが一遍にいろんな情報を得られて確実なの。
それになんだか難しいことやってそうでいかにもプロっぽいじゃない。

ということで冷えないにもいろいろな原因があって当然費用もさまざまですので
電話でどれほど詳細に正確に経緯を教えていただいてもお答え出来るのはよくあるケースで〇万円だとか
最低〇万円で最悪〇十万円とかいうふうにあまり参考にならないことが多いです。
直さなくてもちょっとした下見レベルでも5千円程度かかることがほとんどです。
要するにほうぼうに電話して安いとこを選ぶというジャンルでは無いということを信じて欲しいです。


IMG_6681 (1024x768)
台で高さをつけたほうが食べやすいと聞いてやったこともあるんですが
どうもこのスタイルのほうがいいみたい。

予防措置

  • 2020/05/03(日) 18:28:23

IMG_6679 (1024x768)
営業自粛の要請は来てないこの業界ですが
ノーアポノーマスクのコンプリートを阻むため約束のない時間帯は施錠してるので
誰か来てるのか知りませんが例年になくヒマな気がして自分ちのクルマの整備。
デカすぎて肝心の前が見づらいキャリフォーニャミラーをノーマルへ。
中古オーダーして判明したのはこのクルマには元々キャリフォーニャだってさ。
対抗馬のワゴンRにも付いてるのあったね。




IMG_6680 (768x1024)
なぜか左はそんなにデカさが気にならない。顔から遠いからか。
ノーマル左も来てるんだけど内貼り外さないと替えられないし
こないだドアロック直すのにはぐったばかりで腹立つから後回し。
もはや実用で乗ってる人はまず見ないからアレですが
この縦のステーを軸に左右だにけ動くはずが固くて動かない時は
DAIHATSUって書いてるとこが固さ調整ビスのカバーだからカッターの刃先なんかでこじるべし。




KIMG1293 (1024x768)
KIMG1296 (1024x768)
相変わらずいいように利用されてます。



KIMG1297 (1024x768)
たまに妖怪みたいになってます。

全く約束のない日は休むかもしれませんので前日までにお電話くださいますよう。
約束のある人はノーマスクでも受け入れますが
例えば「初めて行くのにマスクは失礼では?」とかいったご心配は無用です。
こちらも誰かしら来たときは相手を問わず着用してますし、自分が買い物のときは手袋もしてますので。

☆アルコールバシャバシャやってた時期にガッサガサになった手がやっと治ってきた。

ときどき回らないセルモーター

  • 2020/04/26(日) 16:30:04

IMG_6639 (1024x768)
ときどき回らないという空冷VWのセルモーターですが

「ときどき回らない」ってのも実に多くのパターンがあって
例えばいつやっても10回中3回くらいとか
何日かに一回、発生すると何度も連続でダメ>諦めたころ復帰して何日かはOKとか
同じ何日かに一回でもやり直すともうなんともないとか

さらにはセルモーターにくっついてるマグネットスイッチという言わばデカいリレーの音だけカチカチするとかしないとか
キーをセルの位置まで回すとそれまで明るく点いてたメーター内のインジケーター類が暗くなるとかならないとか

きりがないねこりゃ。



IMG_6640 (1024x768)
依頼者いわくだんだん頻度が高くなってきて回る確率の方が低いとのことで
そりゃ秒殺かねとたかをくくってたら来たらバンバン回るじゃないのよ。あるあるだけど。

まずはキースイッチから来てるここの線の金具がヘンなので交換。
被膜をむかないで銅線折ってカシメるって初めて見たというか考えたこともない方法。
もしかして電工ペンチを持ってない人の仕事だろうか。



IMG_6648 (1024x768)
普通の平端子メスを普通にむいてつけましたがナントこの直後、聞いてたとおりの状況に。
10回中5回は回らない。3回連続ダメとか。




IMG_6649 (1024x768)
キースイッチからセルまでの長い配線や電源の具合を診たりしましたがなんか決め手がない。
セルモーターは新品だかリビルトに替えたばっかだと言うし見たところVW品番入ってて社外っぽくないし。

ということで今頃だけどバッテリーの端子を点検。
IMG_6650 (1024x768)
IMG_6651 (1024x768)
IMG_6653 (1024x768)
コレ、穴に銅線突っ込んでねじで締めつける方式なんですが
きっちり被膜のキワまで刺さってたから気付かなかったけど銅線がボロボロで半分くらい砕けてる。
なんぼかマトモなのはセルに直接つながる太いヤツくらいで。

電気の流れって水に例えられることがあるんですが
水道の蛇口レベルなら量はともかく出ればそんなに困りませんが
水車を回すとか本来たくさん必要な水の水路が細くなっちゃうと動かないわね。
クルマで言えばナンバー灯とかは蛇口、セルモーターが水車かな。

というかこのタイプの金具を使うなら銅線に銅管かますのが正解というかマスト。
昔、先輩でも上司でもない出入りの電装屋さんに同じことやって怒られたから。
ま、普通の締付式金具に換えてなおかつキースイッチ延命のためにリレー追加して沈めてやりましたけど。
ただでさえデカいキャブに替わってて下手こくとカブってプラグ脱着はチョー面倒なのに
セルのチョイ回し繰り返しという点検工程がたたって出すとき始動出来なくなって泣きそうなんてのもあるあるだから
電気式に替わってるポンプを止めるとか逃げ道を用意してます。・・・かかんなくなってからやったけどな



IMG_6655 (1024x768)
IMG_6654 (1024x768)
ちょっと春っぽくなってからごぶさただったけど天気良くないからまたグイグイ来てます。